*

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016)
英題:Clash
原題:Eshtebak

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5
監督:モハメド・ディアーブ
出演:ネリー・カリム
ハニ・アデル,
タレク・アブデル・アジズetc

評価:75点

ここ2週間、
第29回東京国際映画祭で観た作品
を紹介してきたが、今日で最終話です。
高校1年生の時にミシェル・ゴンドリー
監督作「心の棘」
を観てから毎年参加
(2014年は留学中の為不参加)してきた
TIFFJPだが、今年は1週間六本木に
通い詰めて、過去最高15本
ウォッチしました。
私的東京国際映画祭受賞結果は
下記の通りです!

私的第29回東京国際映画祭受賞結果

・金サクラ賞:「痛ましき謎への子守唄
・グランプリ:「シエラネバダ
・監督賞:ダンテ・ラム(「メコン大作戦」)
・男優賞:ヤルコ・ラハティ
(「オリ・マキの人生で最も幸せな日」)
・女優賞:オッタヴィア・ピッコロ
(「7分間」)
・脚本賞:足立紳(「14の夜」)
・脚色賞:エリック・ハイセラー
(「メッセージ」)
・撮影賞:「クラッシュ」

「クラッシュ」あらすじ

ムバラク政権が転覆したエジプト革命から
2年後の2013年を舞台に、
モルシ大統領反対デモに参加したが
故に逮捕された人々が、
刑務所に輸送される様子を、
98分すべて護送車の中からの
ショットで撮った異色作。

えっつどうやって撮ったの?

いつも思うのだが、アフリカや中東地域の
政治的映画っていったいどうやって
撮ったのだろうと目を疑う時がある。

そんな中でも「クラッシュ」程、
恐ろしくもリアルで危険な映画を
観たことはない。

冒頭、ジャーナリストがスパイ容疑で
警察の護送車に詰め込まれるところから
始まる。
モルシ大統領反対デモ参加者に
助けを求めるが、
一つの誤解から暴動が発生し、
警察は一先ずデモの一団も
同じ護送車に詰める。
そして輸送中に出くわした、
危険人物も詰め込む。

見境もなく疑わしきは、護送車に
詰め込むモノだから、
車内は敵味方老若男女いるという
呉越同舟もいいところのカオス状態に
なるのだ。

車の外では暴徒と警察隊の
抗争が繰り広げられ、
車内ではトイレに行きたくても
外に出られない息苦しい環境で
喧嘩が絶えない。

もはや地獄過ぎる風景が、
メチャクチャ怖い。

そして、物語後半
警察がデモ軍団に取り囲まれて、
高速道路や草むらから車めがけて
火炎瓶や石を投げつけられる
地獄絵図が描かれるのだが、
これっつ国から許可が降りたの?
っていうぐらい大規模
(エキストラだけでも1000人ぐらいいそう)
で危険過ぎるリアルな戦場シーンに
鳥肌が立った。

たった98分なのに、
護送車の中だけの話なのに
ここまで今エジプトで
起きていることのヤバサを
突きつけてくるとは!
それがカンヌ国際映画祭や
東京国際映画祭で上映されていることが
最大の成功であり拍手喝采の
熱いドラマだ。

もちろん、惜しい点もある。
護送車の中に敵味方第三者
入り乱れているにも関わらず、
人物描写の描き分けが甘い気がした。

そこはデフォルメしてでも
いいからしっかりと登場人物の
立ち位置を確立すべきだった。
やはり「シエラネバダ」を
観ている以上見逃せない点だった。

あーもう東京国際映画祭
終わっちゃったな~
来年は社会人になっているので
頑張っても1本ぐらいしか
観られないが、
今回の作品クオリティーは
どれも素晴らしかったので、
行けたら行きたいな~(*^_^*)

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【オリンピック映画】「時よとまれ、君は美しい ミュンヘンの17日」

時よとまれ、君は美しい  ミュンヘンの17日(1973) Visions of Eight(19

続きを読む

“Ç”「心が叫びたがってるんだ。」学園生活の難所を「あの花」スタッフがアニメ化!

心が叫びたがってるんだ。 Beautiful World Beautiful World 監督:

続きを読む

“Ç”【小話】船井電機がVHSデッキ製造中止したので、全力でVHSを借りてみた。

悲報 船井電機VHSデッキ製造中止 先日、国内で唯一VHSデッキを 製造していた船井電機が

続きを読む

“Ç”【閲覧注意】アイスランドのペニス博物館物語「最後の1本」

アイスランドのペニス博物館 ブンブン、この前アイスランドに 行ってきました! 世界には「失

続きを読む

“Ç”ゴダールがストーンズを撮る??「ワン・プラス・ワン」

ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌(ONE PLUS ONE) 監督:ジャン=リュック・ゴダール

続きを読む

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

灼熱(ZVIZDAN) 監督:ダリボル・マタニッチ 出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・

続きを読む

“Ç”【夏休み】伝説の映画館、立川シネマシティで極上音響上映体感レポート

夏休みなので遠出してみた 先日、から夏休みが始まった チェ・ブンブン。 長い就職活動中

続きを読む

“Ç”サカナクションの音色が!アクションシーンが!「バクマン。」

バクマン。(BAKUMAN。) 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松奈々、山田孝之、 リリ

続きを読む

「少女ムシェット」ブレッソンが放つ救いようのない寓話

少女ムシェット(1967) Mouchette(1967) 監督:ロベール・ブレッソン 出

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって? よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何? って訊かれる。 実は両

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

【追悼・鈴木清順】「ピストル・オペラ」変態映画の美学

ピストル・オペラ(2001) PISTOL OPERA(2001)

#26【Webテスト対策】文系の為のSPI/玉手箱数学講座

Webテスト文系最大の壁 数学 SPIや玉手箱の勉強をしてい

第89回アカデミー賞受賞予想⑧~その他技術賞~

第89回アカデミー賞受賞予想8 今回は、撮影賞、編集賞、 録音賞、

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7 ついに、アカデミー賞予想も大詰め!

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: Teströl és

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑