*

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016)
原題:Die Blumen von Gestern
英題:The Bloom of Yesterday

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%87%e3%82%a3
監督:クリス・クラウス
出演:ラース・アイディンガー,
アデル・エネル,
ヤン=ヨーゼフ・リーファースetc

評価:20点

先日、第29回東京国際映画祭が
終了しました。
今年の東京グランプリは
「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス
監督新作「ブルーム・オブ・イエスタディ」

でした。

正直、衝撃だ!
なんたって、「7分間」や「ダイ・ビューティフル」
「サーミ・ブラッド」と大評判作品が
目白押しだったのに、ブンブンが一番
酷いなと思った作品がグランプリを
獲っていたからだ。

これからそのお話しをしていきます。

「ブルーム・オブ・イエスタディ」あらすじ

ナチスの血を引く男が、
ホロコーストの被害者を集めて
イベントを開こうとする。
主人公の研究者は、気性が激しく頑固な性格の
せいで担当から外されるが、
インターンの女と一緒に準備を続ける…

登場人物に全く共感できない

本作はヨーロッパでは特にタブー視されている
ナチスやホロコーストを扱ったコメディである。
この手のコメディは慎重にやらないと
酷い映画になるのだが
(「帰ってきたヒトラー」は傑作!)、この
「ブルーム・オブ・イエスタディ」は
地雷を踏んでしまった。

まず、主人公の男とインターンの女が
キチガイ過ぎて共感ができない。
男は、ナチスの血を引いているのに
ユダヤ人のホロコースト被害者を集めようとする。
こんな危険な状態だったら、謙虚に準備を
進めないといけないのだが、常に傲慢。
おまけにガンジーと名付けた犬を連れているではないか。

それに輪を掛けたように、インターンの女も
精神が不安定で、車から突然ガンジーを
投げ捨てたりする…

ふと「世界にひとつのプレイブック」を思い出した。
これは躁鬱病の男とセックス中毒の女が
共に歩むことで、病を克服していく話だが、
あれはまだ、主人公達の成長を魅せてくれたので
共感できた。

しかし、本作は全然主人公達が成長しないまま
ラストへ向かっていくので本当にキツい。
また内容も内容だけにブンブンは全く評価
できない作品だったのだ。

とはいえ、「4分間のピアニスト」監督作だから
日本公開はするだろう。
その時は、観ていかに酷いかを確かめてみてくださいw

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”デッドプールと一緒にクリムトを取り返そう!「黄金のアデーレ 名画の帰還」

黄金のアデーレ 名画の帰還 Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス 出演:

続きを読む

“Ç”【試写会】「スーサイド・スクワッド」ウィル・スミスは仏様だった…

スーサイド・スクワッド(2016) SUICIDE SQUAD(2016) 監督:デヴィ

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭に先越されたw「ワイルド・ライフ」

「ワイルド・ライフ」 原題:VIE SAUVAGE 監督:セドリック・カーン 出演:マチュー・

続きを読む

“Ç”イーストウッド・マジックで描かれる緊迫感「インビクタス/負けざる者たち」

インビクタス/負けざる者たち(INVICTUS) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モー

続きを読む

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpec

続きを読む

“Ç”カンヌを制した黒沢ワールドはいかに?「岸辺の旅」

岸辺の旅(JOURNEY TO THE SHORE) 監督:黒沢清 出演:深津絵里、浅野忠信

続きを読む

“Ç”やくざ、三つ星シェフ目指す「二ツ星の料理人」ブラッドリークーパー、病み役多しw

二ツ星の料理人(2015) BURNT(2015) 監督:ジョン・ウェルズ 出演:ブラッドリー・ク

続きを読む

“Ç”ソフィア・コッポラ初監督作「ヴァージン・スーサイズ」

ヴァージン・スーサイズ(THE VIRGIN SUICIDES) 監督:ソフィア・コッポラ

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作Downsizingが完全「ウルトラQ 1/8計画」だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

2016年ブンブンワースト映画ランキング&部門賞 1位は「RANMARU」

2016年ブンブン映画ランキング (ワースト映画部門) 今年は計543本もの映画を 観

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑