*

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016)
原題:Die Blumen von Gestern
英題:The Bloom of Yesterday

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%87%e3%82%a3
監督:クリス・クラウス
出演:ラース・アイディンガー,
アデル・エネル,
ヤン=ヨーゼフ・リーファースetc

評価:20点

先日、第29回東京国際映画祭が
終了しました。
今年の東京グランプリは
「4分間のピアニスト」のクリス・クラウス
監督新作「ブルーム・オブ・イエスタディ」

でした。

正直、衝撃だ!
なんたって、「7分間」や「ダイ・ビューティフル」
「サーミ・ブラッド」と大評判作品が
目白押しだったのに、ブンブンが一番
酷いなと思った作品がグランプリを
獲っていたからだ。

これからそのお話しをしていきます。

「ブルーム・オブ・イエスタディ」あらすじ

ナチスの血を引く男が、
ホロコーストの被害者を集めて
イベントを開こうとする。
主人公の研究者は、気性が激しく頑固な性格の
せいで担当から外されるが、
インターンの女と一緒に準備を続ける…

登場人物に全く共感できない

本作はヨーロッパでは特にタブー視されている
ナチスやホロコーストを扱ったコメディである。
この手のコメディは慎重にやらないと
酷い映画になるのだが
(「帰ってきたヒトラー」は傑作!)、この
「ブルーム・オブ・イエスタディ」は
地雷を踏んでしまった。

まず、主人公の男とインターンの女が
キチガイ過ぎて共感ができない。
男は、ナチスの血を引いているのに
ユダヤ人のホロコースト被害者を集めようとする。
こんな危険な状態だったら、謙虚に準備を
進めないといけないのだが、常に傲慢。
おまけにガンジーと名付けた犬を連れているではないか。

それに輪を掛けたように、インターンの女も
精神が不安定で、車から突然ガンジーを
投げ捨てたりする…

ふと「世界にひとつのプレイブック」を思い出した。
これは躁鬱病の男とセックス中毒の女が
共に歩むことで、病を克服していく話だが、
あれはまだ、主人公達の成長を魅せてくれたので
共感できた。

しかし、本作は全然主人公達が成長しないまま
ラストへ向かっていくので本当にキツい。
また内容も内容だけにブンブンは全く評価
できない作品だったのだ。

とはいえ、「4分間のピアニスト」監督作だから
日本公開はするだろう。
その時は、観ていかに酷いかを確かめてみてくださいw

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”VHSでジャームッシュ「ミステリー・トレイン」

VHSを借りてみた 私の地元の図書館ではVHSを取り扱っているのだが、 今のご時世ほとんどV

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録6「あなた自身とあなたのこと」初ホン・サンスは「君の名は。」だった…

あなた自身とあなたのこと(2016) Yourself and Yours(2016) 監督

続きを読む

“Ç”その男、意識高いにつき「ヒポクラテスの子供達」

フランコフォニー映画祭でアンジェ大ヒット映画「HIPPOCRATE」 先日、アンスティチュフランセ

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集②「希望」

パラダイス:希望(PARADIES:HOFFNUNG) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:メラ

続きを読む

“Ç”チェコ版イージー・ライダーがシュール過ぎる!「ひなぎく」

ひなぎく(Sedmikrásky) 監督:ヴェラ・ヒティロヴァ 出演:イヴァナ・カルバノヴァ

続きを読む

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカ」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka 監督:長谷井宏紀 出演:Cydel Gabutero, Peter Millari

続きを読む

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~作曲賞&歌曲賞~

オリジナル作曲賞 ・トーマス・ニューマン「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・カーター・バーウェル「

続きを読む

“Ç”フラ語字幕でエロ映画を観ようw「ニンフォマニアック」

NYMPH()MANIAC 監督:ラース・フォン・トリアー 主演:シャルロット・ゲンズブール,

続きを読む

“Ç”ゴダールの動く絵画「さらば、愛の言葉よ」キャメロンびっくり3D革命

Adieu au langage 監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演:カメル・アブデリ,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

#30【大学1・2年】大学4年までに単位は取り終えろ!文系の為の単位ゲット術

チェ・ブンブン直伝単位取得術 春から法政の方々、 そうでない新

「僕たちは世界を変えることができない。」大学卒業間際だからこそ心にくる映画

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna b

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

SING/シング(2016) 監督:ガース・ジェニングス 声の

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter

【3/31「ジャッキー」公開記念】パブロ・ラライン監督作「NO」を紹介!

NO(2012) 監督:パブロ・ラライン 出演:ガエル・ガルシ

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑