*

【東京国際映画祭特集】「ミュージアム」大友啓史監督、暴力描写は良いけどよ…(ネタバレなし)

【東京国際映画祭特集】「ミュージアム」大友啓史監督、暴力描写は良いけどよ…(ネタバレなし)

ミュージアム(2016)

ミュージアム
監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平
カエル男(妻夫木聡)etc

評価:50点

巴亮介の人気サイコスリラーを
るろうに剣心」シリーズ、
秘密」、
そして現在「3月のライオン」と
漫画映画専門の大友啓史監督が
映画化!

主演に抜擢されたのは、
「ルパン三世」
ギャラクシー街道」、
テラフォーマーズ」、
そして次回出演作に
「銀魂」を控えている
地雷役者小栗旬。

今年は、
アイ・アム・ア・ヒーロー」、
ヒメアノ~ル」とバイオレント
漫画もの当たり年なので
期待はしているのだが果たして…

「ミュージアム」あらすじ

雨の日に発生する猟奇殺人事件。
現場に残されたのは、
謎の紙と雨合羽を着た男の
目撃情報のみ。

家族サービスを怠り、
息子を連れ妻に逃げられてしまった
警察官は犯人を捜すのだが、
どうやら犯人が妻の命を狙っている
ことを知り…

バイオレント描写GOOD!

やはり、今年はどうしたの?
韓国から暴力描写の手法を教わったの?
ってぐらい、暴力描写が上手い。
血糊のどす黒い感じなんかも
しっかり描いていて、
大衆向け映画にしては
攻めてるなーと感じる。

大友監督×小栗旬という危険な組み合わせ
ですら、ちゃんと「痛み」
描けているから凄い!

予告編にもあった、
ニート殺害シーンは
ふぉふぉーーーーい!!!!
とあまりのレベルの高さに興奮
した。

また、後半登場する、
カエル男の気持ち悪さも
ホントウにピカイチで
邦画界もちゃんと観客目線で
映画を作るようになったんだなー
と感心した。

ちなみにカエル男を
演じたのは
バイキング小峠…ではなく「妻夫木聡」です。

でも脚本がねぇ

「プラチナデータ」も8月に紹介した
「秘密」もそうだが、
大友監督の作品は
ストーリーが頭でっかちだ。
只でさえ、少しでもSF感や
ミステリアス感な描写になると
ハリウッドの足下にも及ばない
チープさが目立つのに、
さらにやっていることが、
説得良くもなければ、
吹っ切れてもいないので
微妙を極めてしまっている。

本作の場合、完全に
カエル男が姿を現してからが
蛇足にしか見えない。

折角、医者のシーンが伏線に
なっているのに、観客に分かってもらおう
とする脚本になっていない。自己完結
しちゃっているから、結局ラストシーンの
意味が分かりにくくなってしまっている。

また、カエル男との試練のシーンが
明らかに某脱出系ホラー映画の
二番、いや五番煎じ。
文化祭・学園祭レベルかというほど
ダサい。しかも主人公が感情移入できない
ぐらい行動がバカすぎて
あきれてものが言えなくなる。

原作も恐らく同じような展開
なんだろうけれど、
攻めて日本クオリティでも
黒沢清レベルにまでは妥協せず
演出してほしかった。

そして、邦画の悪い癖である。
すべてが終わった後に
グダグダとその後の展開を
描く演出があまりに長すぎる。
あれはカットして欲しかった。

まあ、案の定酷い作品なのだが、
数年前に比べたら邦画の水準は
明らかに高い。
本作ですら、暴力描写は
及第点を大きく超えている。
大友監督が「るろうに剣心」
の時みたいに再び覚醒することを
楽しみにしている。

とりあえず、ブンブンが大好きな
「3月のライオン」を大友監督が
映画化するとのことなので、
これだけは言いたい。
「川本家を全力で可愛く撮るんだ!」

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「メッセージ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー
「14の夜」レビュー
「クラッシュ」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

TOHOシネマズ新宿

”Ç”映画産業の取り組み特集

大学1年生の時に書いたレポート 大学1年生の時に 『一般の社会生活や仕事に大きく影響を 与えた情報

続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン

“Ç”ヒップホップの歴史を変えたN.W.Aの仁義なき戦い「ストレイト・アウタ・コンプトン」

ストレイト・アウタ・コンプトン STRAIGHT OUTTA COMPTON 監督:F・ゲイ

続きを読む

mad max fury road

“Ç”第73回ゴールデングローブ賞発表えっつ、れっレヴェナント??有力候補「スポットライト」「マッドマックス」落選

ゴールデングローブ賞受賞発表! アカデミー賞最大の前哨戦にあたる ゴールデングローブ賞の受賞結果

続きを読む

the forbidden room

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

カフェソサイティ

「カフェ・ソサイティ(Café Society)」ウディ・アレンの小粋な1930年代ドラマ

カフェ・ソサイティ(2016) Café Society(2016) 監督:ウディ・アレン

続きを読む

恋人たち

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

日本で一番悪い奴ら

“Ç”えっつ!実話っすか?「日本で一番悪い奴ら」綾野剛の覚醒!

日本で一番悪い奴ら(2016) 監督:白石和彌 出演:綾野剛、YOUNG DAIS、 植野

続きを読む

バック・トゥ・ザ・フーチャー

“Ç”30周年記念「バック・トゥ・ザ・フーチャー」特集!全てはここから始まった…

バック・トゥ・ザ・フューチャー 監督:ロバート・ゼメキス 出演:マイケル・J・フォックス、ク

続きを読む

IMG_3633-0.JPG

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

wildstyle

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート  去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが 出土した

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑