*

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016)
英語題:Being Born
原題:Be Donya Amadann

tiff
監督:モーセン・アブドルワハブ
出演:ヘダヤト・ハシェミ,
エルハム・コルダ,
セパーラド・ファルザミetc

評価:50点

第29回東京国際映画祭
コンペティション部門

選ばれたイラン映画
「誕生のゆくえ」を
少し早く観させて
頂きました。

イラン映画というと、
抑圧された社会故にか、
外れ作がほとんどなく、
海外映画祭で賞を獲り
まくっている印象が強い。

そんなイラン映画の
一本だが果たして…

「誕生のゆくえ」あらすじ

東京国際映画祭
演劇の仕事をするパリと
映画の仕事をするファルハード。
二人には息子がおり、
順風満帆な生活を送っていた。

しかし、ある日妻のパリが
妊娠していることが発覚。
金銭面や子育て面から、
一度は中絶すると決めたのだが…

平凡な作品

男は楽である。
なぜなら妊娠の痛みや苦しみを
知らずに人生を全うできるからだ。
しかし、女にとって妊娠は
生命を生み出すことであり、
それには想像を超えた苦痛が伴う。

本作は、男と女の「中絶」に対する
認識の齟齬による悲劇を
ドキュメンタリータッチで極めて
リアリズムに描いた作品だ。

そう考えると、誰もが認める
傑作の予感がする。
社会に蔓延る問題にフォーカスを
当てるとなると一般人はもちろん、
評論家は高評価を出しがちになる。

確かに、この「誕生のゆくえ」は
悪くない作品だ。
女にとって「中絶」は、
生命の命を絶つ、ある種の
殺人なので、いくら
愛する夫の言うことなら…
と思っていてもやはり
赤ちゃんを捨てる訳にはいかない。
そこにフォーカスを当てて、
夫がその感覚を理解するまでを
カメラが追っている点、
非常に面白い。

しかしながら、平凡なのである。
別になくても映画としては成り立つのだが、
イラン特有の文化が見えてこない点もある。
それ以上に、モーセン・アブドルワハブが
撮るからこそ見えてくるものが
ない点が非常に問題だ。

折角、「妻は演劇、夫は映画の仕事をしている」
という設定があるにも関わらず、
その仕事が原因で子供を養う体力と
経済力が無いという説得力のある
描写が薄いのだ。

なので、
別に演劇の仕事、映画の仕事で
ある必要がないじゃん!
と思ってしまう。

別に酷評する程、酷い作品では
ないのだが、最近あまり観ないタイプの
可も無く不可もなさ過ぎる地味な
作品と言えよう。

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「メッセージ」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”祝・2014カンヌコンペものコンプ「ジミー、野を駆ける伝説」

Jimmy’s Hall 監督:ケン・ローチ 出演:バリー・ウォード, シモーヌ・カービーetc

続きを読む

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992) 監督:根岸吉太郎 出演:田原俊彦, 豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

続きを読む

“Ç”【トークショー】24時間テレビや祭を蹴った者たちの「ムカデ人間3」ファンイベント

ムカデ人間3 The Human Centipede 3 (FINAL SEQUENCE)

続きを読む

【ドグマ95研究】「ラヴァーズ」フランス産ドグマ映画から観る移民問題

ラヴァーズ(1999) LOVERS(1999) 監督:ジャン=マルク・バール 出演:エロ

続きを読む

「マネーモンスター」ジョディ・フォスター快進撃!広がりのある立て籠もり劇

北欧旅行で観た映画6: マネーモンスター(2016) MONEY MONSTER(2016)

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録7「痛ましき謎への子守唄」ラヴ・ディアス8時間の世界

痛ましき謎への子守唄(2016) Hele sa hiwagang hapis(2016)

続きを読む

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭 10/25~11/3開催! 今年も東京国際映画祭の シーズンがやっ

続きを読む

“Ç”トーキョーノーザンライツフェスティバル2月開催、ブンブンのオススメは「ビートルズ」!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2016来月開幕 来月2/6(土)~2/12(金)に渋谷ユー

続きを読む

“Ç”自宅のパソコンが映画館GAGAのネットサービス「青山シアター」

青山シアターって何? 先日、カリコレ2015で 「最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~」 を

続きを読む

“Ç”ヒップホップの歴史を変えたN.W.Aの仁義なき戦い「ストレイト・アウタ・コンプトン」

ストレイト・アウタ・コンプトン STRAIGHT OUTTA COMPTON 監督:F・ゲイ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

【追悼・鈴木清順】「ピストル・オペラ」変態映画の美学

ピストル・オペラ(2001) PISTOL OPERA(2001)

#26【Webテスト対策】文系の為のSPI/玉手箱数学講座

Webテスト文系最大の壁 数学 SPIや玉手箱の勉強をしてい

第89回アカデミー賞受賞予想⑧~その他技術賞~

第89回アカデミー賞受賞予想8 今回は、撮影賞、編集賞、 録音賞、

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7 ついに、アカデミー賞予想も大詰め!

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: Teströl és

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑