*

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016)
英語題:Being Born
原題:Be Donya Amadann

tiff
監督:モーセン・アブドルワハブ
出演:ヘダヤト・ハシェミ,
エルハム・コルダ,
セパーラド・ファルザミetc

評価:50点

第29回東京国際映画祭
コンペティション部門

選ばれたイラン映画
「誕生のゆくえ」を
少し早く観させて
頂きました。

イラン映画というと、
抑圧された社会故にか、
外れ作がほとんどなく、
海外映画祭で賞を獲り
まくっている印象が強い。

そんなイラン映画の
一本だが果たして…

「誕生のゆくえ」あらすじ


演劇の仕事をするパリと
映画の仕事をするファルハード。
二人には息子がおり、
順風満帆な生活を送っていた。

しかし、ある日妻のパリが
妊娠していることが発覚。
金銭面や子育て面から、
一度は中絶すると決めたのだが…

平凡な作品

男は楽である。
なぜなら妊娠の痛みや苦しみを
知らずに人生を全うできるからだ。
しかし、女にとって妊娠は
生命を生み出すことであり、
それには想像を超えた苦痛が伴う。

本作は、男と女の「中絶」に対する
認識の齟齬による悲劇を
ドキュメンタリータッチで極めて
リアリズムに描いた作品だ。

そう考えると、誰もが認める
傑作の予感がする。
社会に蔓延る問題にフォーカスを
当てるとなると一般人はもちろん、
評論家は高評価を出しがちになる。

確かに、この「誕生のゆくえ」は
悪くない作品だ。
女にとって「中絶」は、
生命の命を絶つ、ある種の
殺人なので、いくら
愛する夫の言うことなら…
と思っていてもやはり
赤ちゃんを捨てる訳にはいかない。
そこにフォーカスを当てて、
夫がその感覚を理解するまでを
カメラが追っている点、
非常に面白い。

しかしながら、平凡なのである。
別になくても映画としては成り立つのだが、
イラン特有の文化が見えてこない点もある。
それ以上に、モーセン・アブドルワハブが
撮るからこそ見えてくるものが
ない点が非常に問題だ。

折角、「妻は演劇、夫は映画の仕事をしている」
という設定があるにも関わらず、
その仕事が原因で子供を養う体力と
経済力が無いという説得力のある
描写が薄いのだ。

なので、
別に演劇の仕事、映画の仕事で
ある必要がないじゃん!
と思ってしまう。

別に酷評する程、酷い作品では
ないのだが、最近あまり観ないタイプの
可も無く不可もなさ過ぎる地味な
作品と言えよう。

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「メッセージ」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「海は燃えている」アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート経済難民の真実

海は燃えている  イタリア最南端の小さな島(2016) Fuocoammare(2016)

続きを読む

【したこめ映画秘宝まつり①】「グリーン・ルーム」いやらしさ倍増版「わらの犬」

第9回したまちコメディ映画祭 映画秘宝まつりに行ったよ! 先週の金曜日から今日まで 開

続きを読む

【ネタバレなし】「セルフ/レス 覚醒した記憶」美しきターセム世界

セルフ/レス 覚醒した記憶(2015) SELF LESS(2015) 監督:ターセム・シン 出演

続きを読む

“Ç”12thラテン・ビート映画祭に潜入!「ザ・クラブ(EL CLUB)」チリの新鋭暴れる!

第12回ラテン・ビート映画祭に行ったぞ! 映画オタク歴8年目にしてようやく 最近インディーズ

続きを読む

“Ç”ヴェネチア映画祭開幕直前!この作品に注目!ソクーロフ、ソコリモフスキ他

ヴェネチア国際映画祭2015のシーズン到来! 気がつけば夏休みも中盤にさしかかっていますね~

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ブルーノ・デュモンの異色ミステリー「プティ・カンカン(前編)」

プティ・カンカン(2014) P'TIT QUINQUIN(2014) 監督:ブルーノ・デュ

続きを読む

【実話】「ラビング 愛という名前のふたり」ジェフ・ニコルズ新境地

ラビング 愛という名前のふたり(2016) LOVING(2016) 監督:ジェフ・ニコルズ

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(旧作邦画編) 1位は「サウダーヂ」

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作邦画編) 今年は、就活ということもあり、 また基本

続きを読む

“Ç”NETFLIXで観られる良作ドキュメンタリー「FED UP フェド・アップ」アメリカに住みたくなくなるぞ…

フェド・アップ(FED UP) 監督:ステファニー・ソエクティッグ 評価:90点 NE

続きを読む

“Ç”「Leviathan」日本公開記念。ズビャギンツェフデビュー作「父、帰る」

「Leviathan」が「裁かれるは善人のみ」って邦題で公開決定! カンヌ映画祭で脚本賞を受賞

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介

【ネタバレ酷評】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ブンブンが一本満足できなかった5つの理由

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017) STAR WARS T

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次

『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』いきなりダンケルク!

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017) GIRLS UND

『gifted/ギフテッド』少女と似た境遇のブンブンが語る生々しさ

gifted/ギフテッド(2017) gifted 監督:マー

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑