*

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

ヘルシンキの映画館:
Finnkino Kinopalatsi

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a8
フィンランド・ヘルシンキに行ったときに、
映画館を調査してきました!
今回は、Finnkino Kinopalatsi
というフィンキノ・グループ

シネコンです!

料金

フィンランド映画館2
一般:11.50ユーロ(約1380円)
子供:8.05ユーロ(約970円)
車いす一般:11.50ユーロ(約1380円)
子供:8.05ユーロ(約970円)
※車いす専用席があるらしく、
値段こそ変わらないが、
区分は別となっている。

スウェーデンの時同様、
作品によって値段は異なる。
またネット予約か
映画館で直接購入かで
異なる。

今回観たウディ・アレンの
新作「カフェ・ソサイティ」や
メリル・ストリープの新作
「マダム・フローレンス!」、
フィンランド国産映画
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」

映画館で直接チケット購入すると、
上記の値段だが、ネットで購入すると
一般:13.50ユーロ/子供:10.80ユーロ
となる。

直接購入値段は分からないが、
細田守アニメ「バケモノの子」は
インターネット購入すると
一般:10.00ユーロ/子供:7.00ユーロとのこと。

この映画館の面白いところは
チケット選択画面である。
日本の場合、通常座席表の
上が最前列である。
しかしながら、ここは
下が最前列なのだ。
だから、ブンブンうっかり
前から3番目の席を取ってしまいましたw

ちなみに、チケットはTOHOシネマズ
同様薄っぺらい光沢のある紙で、
座席番号等は英語で書かれているので
心配ご無用だ。
フィンランド映画館

コンセッション

コンセッション
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a84
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a85
コンセッションはこんな感じ。
スウェーデンの映画館同様
コンセッションはかなり広めです。
冷蔵庫(?)にはポップコーンが
入っており、
Sサイズ:3.95ユーロ
Lサイズ:4.95ユーロ
XLサイズ:6.45ユーロ

となっています。

また、手頃なサイズの
ポテチが3種類ぐらい
あって、どれも4.40ユーロ
で購入することができます。

いつも思うのだけれども
飴ちゃん・グミちゃんって
映画を観ながら食べるもの
なのかねぇ~

劇場内

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a88
%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a87
劇場内の椅子は円形配置。
椅子は若干固めです。
しかし、どの
椅子を座っても
快適に観られそうな
傾斜と椅子配置なので
なかなかのもんですよ。

予告編は18分ぐらい。
日本とは逆で、
映画の予告編を先に3本流し、
あとは企業の広告が流れる
仕組みになっていました。

スウェーデンの映画館の
ようにお姉さんが前にでて
マナーを語るようなことは
ありませんでした。

明日は、実際にこの
映画館で観た「カフェ・ソサイティ
(Café Society)」
の感想をアップします。
「カフェ・ソサイティ」感想

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”戦艦ポチョムキンの監督は旅先で…「エイゼンシュテイン・イン・グアナファト」

エイゼンシュテイン・イン・グアナファト (Eisenstein in Guanajuato)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】「LOVE 3D」公開記念 ギャスパー・ノエ「カノン」を観る 

カノン(1999) Seul contre tous(1999) 監督:ギャスパー・ノエ

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

【ドグマ95研究】「ラヴァーズ」フランス産ドグマ映画から観る移民問題

ラヴァーズ(1999) LOVERS(1999) 監督:ジャン=マルク・バール 出演:エロ

続きを読む

“Ç”映画化決定!就活生震撼のホラー小説「何者」

映画化決定!「何者」 先日我が法政大学の月刊誌を読んだ。 毎度、この時期の「法大生に読まれて

続きを読む

“Ç”【解説】「栄光のランナー1936ベルリン」リーフェンシュタールを語る

栄光のランナー1936ベルリン(2016) RACE(2016) 監督:スティーブン・ホプキ

続きを読む

「家族の肖像」ヴィスコンティ睡魔の名作とのことだが、、、

家族の肖像(1974) 伊題:Gruppo di famiglia in un interno

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~見所多しバルセロナ編7:バルセロナのジェラート屋Farggi cafe~

次はジェラート屋Farggi cafe経由、バルセロナ大学行きでございます バルセロナ旅行2日目に

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

“Ç”【旅行小話】パスポート5年の歴史に幕:出国中止スタンプを見よw

パスポートセンター行ってきた 昨日、有楽町のパスポートセンター に行ってきて、10年パ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑