*

【実話】2017年1月公開「スノーデン」オリバーストーンよ、コレはアカン!

【実話】2017年1月公開「スノーデン」オリバーストーンよ、コレはアカン!

スノーデン(2016)
SNOWDEN(2016)

スノーデン
監督:オリバー・ストーン
出演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット,
シェイリーン・ウッドリーetc

評価:45点

先日紹介したスウェーデンの
シネコンFilmstaden Scandinavia

でオリバー・ストーンの
「スノーデン」を観てきました。

元CIA職員である
エドワード・スノーデン
が、アメリカが組織ぐるみで
盗聴行為をしていたことを
「ガーディアン」誌に告発し、
ロシアに亡命するまでを描いた作品で、
数年前のアカデミー賞において彼の
ドキュメンタリー「シチズン・フォー」
受賞しているだけに期待度が高い作品。

ましてやシリアスドラマが得意な
オリバー・ストーンときたので、
次のアカデミー賞候補作でもある。

果たして…

「スノーデン」あらすじ

エドワード・スノーデンが2013年6月に
「ガーディアン」誌に対しアメリカ国家安全保障局の
機密情報を開示、アメリカ政府が一丸となって
盗聴行為していたことを告発する。

何故、彼は命がけの告発を
しなくてはならなかったのかを
時系列を入れ替えながら描いていく…

説得力がなさ過ぎ

「シチズン・フォー」を観ていないのでなんとも
言えないのだが、香港の独占インタビューを
ドキュメンタリーでやっている「シチズン・フォー」
の方が遙かに上手だろう。

この「スノーデン」は、彼の心情変化を
描くために時系列シャッフル方式が
取られているのだが、明らかに失敗している。

なんたって、時系列をバラバラにする
理由づけがないのだ。

エドワード・スノーデンはCIAに
入ってからすぐに、国家の
監視システムに疑問を抱き、
すぐさま告発しようとするのだが、
そここそしっかり描くべきである。

例え、すぐにアメリカ政府が
やっている盗聴行為がヤバイことに
気がついたとしても、
スノーデンは元々CIA職員。
つまりある程度はそういうスパイ
行為が行われていることは察しがつく。
スパイ活動をすることを理解して
職員になったはずである。
なので、当然ながら
心の葛藤はあったはず。

それが映画版だと全くもってないのだ。

時系列をわざわざバラバラにする
意味は、スノーデンの心情変化を
2つの時間軸から浮き彫りにさせる
ことであるのだが、それが
かなり失敗に終わっている。
2013年の「スティーブ・ジョブズ」
のようにエピソードを追っている
だけにしか見えないのだ。

致命的なミス

また、本作はCIA本部から
情報を抜き出し、
香港へと逃亡する様子が
目玉として描かれているのだが、
その肝心なCIA脱出シーンの
描き方が酷い。

検問を抜けたとたん笑顔になる
ヤツがいるか?
バレるぞ!
監視カメラに敏感なスノーデンが、
情報やコンピュータのプロが、
あそこで笑うはずがありません。
これは致命的なミスと言えよう。

でも、プログラミングシーンはGOOD!

ただ、本作が凄いのは
ハッキングやプログラミングのシーンが
しっかり作り込まれている点だ。

例えば、
スノーデンがCIAに入って、
最初の演習シーン。
職員それぞれ、ベルリンやバンコク等
各都市の架空サーバーが宛がわれ、
セキュリティを構成するプログラミング
競争をさせる。

また、盗聴に関しては
データベースのプログラミングを
直接行うのではなく、
すでにCIAで開発した端末に
特定のコードを入れ込むと
入手できる。

そして、巨大スクリーンに
映し出されるアクセス経路など
とにかく、スパイ行為のための
様々なツールを魅せてくれるので
これは面白い。

情報科の教育実習を行った
ブンブンにとって非常に
興味深い内容でした。

日本公開は2017年1月。
観ようと思っている方は、
事前に「シチズン・フォー」を
観ておくことをオススメします。

関連記事

白鯨との闘い

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

特捜部Q

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

黄金のアデーレ

“Ç”デッドプールと一緒にクリムトを取り返そう!「黄金のアデーレ 名画の帰還」

黄金のアデーレ 名画の帰還 Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス 出演:

続きを読む

%e9%b3%a5%e9%a1%9e%e5%ad%a6%e8%80%852

TIFF2016鑑賞記録8「鳥類学者」そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016) O Ornitologo(2016) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲ

続きを読む

恋人たち

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

ベルファスト71

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画1

ようやく公開される傑作たち 日本はとにかく、洋画の公開が遅い。 下手すれば他国よりも一年近く 待たね

続きを読む

五右衛門ロック

“Ç”ゲキ×シネは家で観てはいけない…「五右衛門ロック」

ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 監督:渡部武彦 出演:古田新太、森山未來、松雪泰子、北大路欣也

続きを読む

アウトワン1

“Ç”【ジャック・リヴェット追悼】「アウトワン」#3 日常を切り取る

アウトワン(1971) OUT1(1971) 監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャン=ピ

続きを読む

ガールズ・ステップ

“Ç”マイルドヤンキー向けだがおもろい!「ガールズ・ステップ」

ガールズ・ステップ 監督:川村泰祐 出演:小野花梨、石井杏奈、上原実矩、遊馬萌弥etc

続きを読む

TAMA NEW WAVE

“Ç”TAMA NEW WAVEの審査員してきた

TAMA NEW WAVEに行ってきた 日本における、ゴールデングローブ賞にあたる TAMA

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_0999.JPG
【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
「シークレット・オブ・モンスター」冒頭5分5億点!独裁者が生まれる過程

シークレット・オブ・モンスター(2015) The Childhoo

県警対組織暴力
「県警対組織暴力」、「日本で一番悪い奴ら」の原点!

県警対組織暴力(1975) Cops vs. Thugs(1975)

メンインキャット
「メン・イン・キャット」:茶番な「君の名は。」

メン・イン・キャット(2016) Nine Lives(2016)

ranmaru
【若干ネタバレ】「RANMARU 神の舌を持つ男(中略)鬼灯デスロード編」堤幸彦最低駄作な10のポイント

RANMARU 神の舌を持つ男(中略) 鬼灯デスロード編(2016)

%e6%b9%af%e3%82%92%e6%b2%b8%e3%81%8b%e3%81%99%e3%81%bb%e3%81%a9%e3%81%ae%e7%86%b1%e3%81%84%e6%84%9b
【ネタバレ】「湯を沸かすほどの熱い愛」シネフィル大絶賛なところに苦言を申す!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016) 監督:中野量太 出演:宮沢

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑