*

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭
10/25~11/3開催!

今年も東京国際映画祭
シーズンがやってまいり
ました!

今年のコンペティション
審査員長は「ディーバ」
や「ベティ・ブルー」を
手がけたフランスの
映画監督ジャン=ジャック・
ベネックス
です。

今年の開催は、
2016/10/25(火)~
2016/11/03(木)

とのことです。

チケット争奪戦は10/15
ticket boardにて!

さて、そんな東京国際映画祭
のチケット販売日ですが、
今年は10/15(土)12時とのこと。

毎年、チケット販売サイト
ticket boardのサーバーが
パンクして、全然サイトに
入れず、気がついたら
売り切れ続出するので、
事前に観る作品と、
チケット予約をする
順番を決めておく
必要があります。

そこで、チェ・ブンブンが
全153上映or公演の中から
注目する15作品

ピックアップしました。
参考にどうぞ。

激戦区枠

特別招待枠は毎年、
壮絶なチケット争奪戦が
行われ、チケットを入手するのは
困難だと言われている。
それでも、今年は
ブンブンが気になる作品が
多いので頑張って挑戦してみます!

1.メッセージ(ARRIVAL)

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス,
ジェレミー・レナー,
フォレスト・ウィテカーetc

「プリズナーズ」「複製された男」等
の作品で世界的に評価を受け、
現在「ブレードランナー2」の
製作にあたっている
カナダ出身新鋭
ドゥニ・ヴィルヌーヴが
作ったSF超大作。
世界各地に出現した
お菓子の「ばかうけ」のような
宇宙船。
中にいる宇宙人とコンタクトを
取るために言語学者が
派遣されて…という話。

この手のSFって筋肉バカが
主役なことが多いが、
なんと言語学者からの視点で
描いておりユニークそう。
しかも、ヴェネチア国際映画祭
での評判もメチャクチャ高かった
ことから期待度が高まる。

【上映日程】
・10/29 17:40-

2.バースオブネイション
(THE BIRTH OF A NATION)

監督:ネイト・パーカー
出演:ネイト・パーカー,
アーミー・ハマー,
アヤ・ナオミ・キングetc

次のアカデミー賞でノミネート確実
と言われている作品。
なんたって、映画史上悪名高い
不朽の名作「國民の創生」に、
黒人のネイト・パーカーが
監督&主演で殴り込みを
かけた映画だ。

南北戦争の闇を黒人視点で
描いた超大作だぞ!

【上映日程】
・11/02 20:30-

3.ザ・ネオン・デーモン
(THE NEON DEMON)

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング,
キアヌ・リーヴスetc

「プッシャー」「ドライヴ」で
有名なデンマークのカルト
監督N.W.レフン版「イヴの総て」。
女優への茨道で起きる
ジェラシーとジェラシーの
ぶつかり合いが織りなす
美しくも残酷な戦慄がここにある。

レフンの作品はかなり癖が強く、
この前のカンヌ国際映画祭でも
酷評でした。

しかし、レフンは「ドライヴ」が
例外なだけで、嵌まる人は
全部傑作に見えます。
なのでブンブンにとっては
非常に気になる作品でもあります。

【上映日程】
・10/27 20:55-

4.あなた自身とあなたのこと
(당신 자신과 당신의 것)

監督:ホン・サンス
出演:キム・ジュヒョク,
イ・ユヨンetc

ワールド・フォーカス枠なんだけれど
ホン・サンス監督の映画は、
ソッコーで女子勢にチケット
押さえられてしまうので
ここで紹介。

韓国ヒューマンドラマの巨匠
ホン・サンスが画家と
恋人の喧嘩を描いたドラマ。

どこかエリック・ロメール
を匂わせるあらすじに
惹かれました。

【上映日程】
・10/26 12:20-
・10/28 14:30-
・10/30 14:00–

コンペティション枠

5.ビッグ・ビッグ・ワールド
(BIG BIG WORLD)

監督:レハ・エルデム
出演:ベルケ・カラエル,
エジェム・ウズンetc

近年『雪の轍』や
『裸足の季節』で注目を
集めるトルコ映画ですが、
またしても傑作が誕生。
ヴェネチア国際映画祭で
審査員特別賞を受賞した。

妹と離れて暮らす青年アリが、
妹を里親から奪いにやってくる
という内容。

【上映日程】
・10/29 11:00-
・10/31 11:15-

6.天才バレエダンサーの皮肉な運命
(ПОСЛЕ ТЕБЯ)

監督:アンナ・マティソン
出演:セルゲイ・ベズルコフ,
アナスタシア・ベズルコワetc

ロシア映画は安定して、
美とシュールのハーモニーを
楽しませてくれます。

傲慢な天才バレエダンサーが、
に降りかかる災難を描いたコメディ。
東京国際映画祭は、
『ウィー・アー・ザ・ベスト!』、
『神の思し召し』等コメディ映画が
受賞することが多いので注目株です。

【上映日程】
・10/31 21:00-
・11/02 14:15-

7.サーミ・ブラッド(Sameblod )

監督:アマンダ・ケンネル
出演:レーネ=セシリア・スパルロク,
ミーア=エリーカ・スパルロクetc

スウェーデン版被差別部落を描いたシリアスドラマ。
1930年代を舞台に、スウェーデン北部で
暮らすサーミ族の少女が運命を
変えるために奮闘する物語。
監督がサーミ族の血を引いている
だけに、非常に重厚な物語が
楽しめそうですね~

【上映日程】
・10/26 14:50-
・10/30 21:05-

→NEXT:その他期待作

ページ: 1 2

関連記事

TIFF2016鑑賞記録11「ノクトラマ/夜行少年たち」問題児ボネロさんのクールすぎるテロ!

ノクトラマ/夜行少年たち(2016) NOCTURAMA(2016) 監督:ベルトラン・ボネ

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

2016年ブンブン映画ランキング(旧作洋画編)

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作洋画編) 今年は沢山シネフィルの 人と出会えたこと

続きを読む

【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇

マリリンヌ(2017) Maryline(2017) 監督:ギヨーム・ガリエンヌ 出演:ア

続きを読む

“Ç”EUフィルムデーズ2016 観るべき作品はこれだ!

EUフィルムデーズ2016、6月開幕!! 今年もやって参りました! 東京国立フィルムセンターにて

続きを読む

第89回アカデミー賞(2017)ノミネート発表 「ラ・ラ・ランド LA LA LAND」最多14ノミネート

第89回アカデミー賞ノミネート作品公開! さあ、2/26(日)に行われるアカデミー賞授賞式

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞予想作品賞&監督賞 「スポットライト 世紀のスクープ」vs「マッド・マックス」

作品賞ノミネート一覧 ・「マネー・ショート華麗なる大逆転」 2016/3/4(金)公開 ・

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015外洋画部門1位は「ミニオンズ」を破り…

ブンブン映画ベストテン2015外洋画 今年は、「マッド・マックス」に「ターミネーター」、 「

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~長編アニメーション賞&美術賞~

長編アニメーション賞 思い出のマーニー インサイド・ヘッド [su_youtube u

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(旧作邦画編) 1位は「サウダーヂ」

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作邦画編) 今年は、就活ということもあり、 また基本

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑