*

【東京国際映画祭特集】「フロッキング」閉鎖された町の陰惨さを暴くスウェーデン産スリラー

【東京国際映画祭特集】「フロッキング」閉鎖された町の陰惨さを暴くスウェーデン産スリラー

フロッキング(2015)
英題:Flocking
スウェーデン題:Flocken

フロッキング
監督:ベアータ・ゴーデーレル
出演:ファティーメ・アゼミ,
ヨン・リスト,
エヴァ・メランデルetc

評価:70点

今月末から始まる第29回
東京国際映画祭(通称:TIFF)

そこのTIFFティーンズ
枠で上映される
スウェーデン産スリラー
「フロッキング」
を事前に観ていたので
今日はその話をします。

「フロッキング」あらすじ

スウェーデンの田舎町。
ある日女子高生が、
「レイプされた!」
と親友である青年を訴える。

しかし、その青年は
「俺はやっていない」と言う。

かくして裁判が始まるのだが、
女子高生は学校でイジメに
遭い、青年の方も
心身共に疲弊していき…

実話をベースにしたドラマ。

とにかく陰惨さが半端ない!

学校や村といった閉鎖された場所では、
イジメが起きやすい。
それは、狭いコミュニティの中では
面白い話題が起きにくいからだ。
先日紹介した「サウダーヂ」でも、
山梨のギャルたちは厭らしいほど
ゴシップに飢えていた。
人は、他人の幸福よりも実は
不幸の方が好きな生き物なのだが、
それが閉鎖された場所になればなるほど
陰惨になっていくのだ。

さて、本作は実話ベース
ってこともあり、とっても
いや~な映画だ。

女子高生と青年の間に起きた
レイプ事件。その真相を学校の先生や
地方裁判所の人が調査していくのだが、
町中様々な憶測がまあ飛び交うこと飛び交うこと。

「実は女の方が誘ったんじゃね?」
「ゲスの極みっしょ!」
と陰口が嫌でも耳に入る環境。

そして、段々その陰惨さが
エスカレートしていき、
町中の人が女子高生の家に
やってきて、勝手に煽りの
バースデーパーティーを
開いたりするようになる。

青年よりも女子高生の方が
精神どんどん蝕まれていき、
散弾銃(?)を取り出して、
「クズどもぶっ殺してやる」
と連呼するようになる。

色使いにも注目

スウェーデンと聞くと、
IKEAとかのオシャレ家具や
明るい家の
イメージが強いが、
それはスウェーデンの気候に
合わせた工夫である。

スウェーデンは、北国であるため
日照時間がとても短く、
雨もよく降るとのこと。
だからイギリスに近い
薄暗いどよんだ日が多い国である。
それを家具や照明で通常なら
誤魔化すのだが、
本作は最大限その
どよんだ空気感を見せつけているので
終始居心地が悪い。

故に、物語にリアリティが出て、
マジで怖い村社会物語となった。

実際本作は、
ベルリン国際映画祭で
クリスタルベア賞

受賞している。
是非、時間があれば
東京国際映画祭で
挑戦して頂きたい作品である。

その他上映作品とレビュー

既に鑑賞済み作品

「牯嶺街少年殺人事件」レビュー
「怒り」レビュー
「フロッキング」レビュー
「シン・ゴジラ」レビュー
「キングコング対ゴジラ」レビュー
「TOO YOUNG TO DIE!」レビュー
「ハッピーアワー」レビュー
「ダゲレオタイプの女」レビュー
「リップヴァンウィンクルの花嫁」レビュー
「バケモノの子」レビュー
「オデッセイ」レビュー
PFFアワード2016 グランプリ作品
「食卓」レビュー

「淵に立つ」レビュー
「誕生のゆくえ」レビュー
「名誉市民」レビュー

TIFFJPで観た映画

「7分間」レビュー
「ノクトラマ」レビュー
「メコン大作戦」レビュー
「ブルーム・オブ・イエスタディ」レビュー
「アクエリアス」レビュー
「シエラネバダ」レビュー
「ミスター・ノー・プロブレム」レビュー
「メッセージ」レビュー
「あなた自身とあなたのこと」レビュー
「痛ましき謎への子守歌」レビュー
「鳥類学者」レビュー
「パリ、ピガール広場」レビュー
「オリ・マキの人生で最も幸せな日」レビュー
「ミュージアム」レビュー

TIFF2015の作品レビュー

2015年グランプリ作「ニーゼ」レビュー
「ケンとカズ」レビュー
「シュナイダーVSバックス」レビュー
「フル・コンタクト」レビュー
「ヴィクトリア」レビュー
「ルクリ」レビュー
「コスモス」レビュー
「ビースト・オブ・ノー・ネーション」レビュー
「ヒトラーの忘れもの」レビュー
「ぼくの桃色の夢」レビュー
「IF ONLY」レビュー
「灼熱」レビュー
「さようなら」レビュー
「FOUJITA」レビュー

関連記事

【ドグマ95研究】「ラヴァーズ」フランス産ドグマ映画から観る移民問題

ラヴァーズ(1999) LOVERS(1999) 監督:ジャン=マルク・バール 出演:エロ

続きを読む

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

東京流れ者(1966) TOKYO WANDERER(1966) 監督:鈴木清順 出演:渡

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作Downsizingが完全「ウルトラQ 1/8計画」だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

“Ç”【解説】「栄光のランナー1936ベルリン」リーフェンシュタールを語る

栄光のランナー1936ベルリン(2016) RACE(2016) 監督:スティーブン・ホプキ

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想2:外国語映画賞、長編アニメ

外国語映画賞ノミネート一覧 「イーダ(ポーランド)」 「TIMBKTU(モーリタニア)」

続きを読む

“Ç”キング・レコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」ラインナップが神ww

新宿 紀伊國屋でお買い物♪ 先日、新宿紀伊國屋のDVDコーナーで ウキウキしていました。 とい

続きを読む

【ホセ・ルイス・ゲリン特集】「工事中」解体されるバルセロナのスラム街で

工事中(2001) EN CONSTRUCCION(2001) 監督:ホセ・ルイス・ゲリン

続きを読む

“Ç”カンバーバッチがまたもや天才演じる「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」脚色賞受賞

The Imitation Game 監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ベネティクト・カン

続きを読む

「家族の肖像」ヴィスコンティ睡魔の名作とのことだが、、、

家族の肖像(1974) 伊題:Gruppo di famiglia in un interno

続きを読む

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」音楽ドキュメンタリー史上最大の悲劇

ザ・ローリング・ストーンズ/ ギミー・シェルター(1970) GIMME SHELTER(197

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑