*

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

公開日: : 最終更新日:2016/09/26 2016映画, 映画 , , , , , , , , ,

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992)

課長 島耕作
監督:根岸吉太郎
出演:田原俊彦,
豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

評価:40点

TSUTAYA渋谷店に行ったら、
今となっては絶版VHSのみの
幻の作品「課長 島耕作」
を見つけました。

「島耕作」シリーズといえば、
仕事よりも枕営業で
出世をしていき、
「課長」→「部長」→「取締役」と
ドンドン昇進していき、
最終的に「社長」「会長」へと
上り詰めていく希有な男を
描いた漫画である。

↑解説はコレを観てね

そんな「島耕作」を「遠雷」、
「サイドカーに犬」
の巨匠・
根岸吉太郎が実写化!
田原俊彦,豊川悦司,
坂上忍,津川雅彦と
豪華キャストで描く
島耕作はいかに…

「課長 島耕作」あらすじ

%e8%aa%b2%e9%95%b7%e5%b3%b6%e8%80%95%e4%bd%9c2
初芝電産広告制作部の課長・島耕作は
部長の命令で、クラブ通いを
通達される。

クラブ通いに精を出していた島耕作だったが、
新製品のポスター案がライバル社に
奪われてしまい犯人捜しが
社内で始まるのであった…

島耕作が悪い説

島耕作
驚いたことに、この作品の
島耕作は無能を極めていて
とにかく衝撃的だった。

確かに、スパイ犯人は別の人
なんだけれども、
ポスター案を漏洩させたのは
紛れもない島耕作なのだ!

枕営業で、女に
ポスターの存在を
ウッカリ教えてしまったが故に
事が大きくなった。
しかし、彼はとぼけんばかり!
しかも、社が頑張って事態を
収束しようと頑張っているのに、
島耕作は部長からの取引にも
応じない全くもって会社に
協力的でないのだ。

ってか、島耕作ブンブン1巻しか
読んだことがないのでなんとも
言えないのだけれども、
そんなしょぼい話だったっけ?

情報漏洩の犯人捜しをするだけ
ってスケールが小さくねぇか?

もっと、ライバル社や海外との
シェア争い、スパイ合戦が
メインなんじゃ無いのか?

とにかく、この映画版は
島耕作がまいた油による
大火災を鎮火
させるのに必至
過ぎる作品でした。

こりゃあDVD化ならないわなww

VHS消費期限残りわずか!
島耕作ファンはTSUTAYA渋谷店へ!

今回TSUTAYA渋谷店でVHSを
借りたのだが、もうかなり
借りられているせいか、
映像がかなり乱れてました。

恐らくあと2年以内に完全に
観られなくなるかと思います。

なので、観るなら今のうち!
島耕作ファンは一刻も早く
TSUTAYA渋谷店へ
行くことをオススメします!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【監督舞台挨拶潜入】「LISTEN-リッスン-」音のない音楽を聴く

LISTEN-リッスン-(2016) 監督:牧原依里 出演:雫境、米内山明宏etc 評

続きを読む

“Ç”悩める就活生よコレを観よ「はじまりのうた」

3年生の熱い就活に贈る「はじまりのうた」 昨日から、ルール変更後初の就活シーズンが幕を 明けまし

続きを読む

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカとギター弾き」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka 監督:長谷井宏紀 出演:Cydel Gabutero, Peter Milla

続きを読む

“Ç”【デッドプール】「コクーン」官能映画説を検証※ネタバレ記事

コクーン(1985) COCOON(1985) 監督:ロン・ハワード 出演:ドン・アメチー

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~長編アニメーション賞&美術賞~

長編アニメーション賞 思い出のマーニー インサイド・ヘッド [su_youtube u

続きを読む

“Ç”「スター・ウォーズ」と「妖怪ウォッチ」に戦い挑む「映画 ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」

映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年 監督:高木淳 出演:TARAKO,ローラ、劇団

続きを読む

“Ç”「シェル・コレクター」リリー・フランキーが盲目の貝収集家に!

シェル・コレクター(2016) THE SHELL COLLECTER(2016) 監督:坪田義

続きを読む

【ネタバレなし】「映画 聲の形」1巻完全再現、地獄絵図と西宮役・早見沙織の演技に注目

映画 聲の形(2016) THE SHAPE OF VOICE(2016) 監督:山田尚子

続きを読む

“Ç”フランス版キネマ旬報「カイエ・デュ・シネマ」を読もう

映画オタク必読カイエ・デュ・シネマとは? フランス代表の老舗映画批評誌である。 エリック・ロ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑