*

「オーバー・フェンス」蒼井優、松田翔太の北海道弁が上手すぎ!山下敦弘最高傑作!

「オーバー・フェンス」蒼井優、松田翔太の北海道弁が上手すぎ!山下敦弘最高傑作!

オーバー・フェンス(2016)
OVER THE FENCE(2016)

オーバーフェンス
監督:山下敦弘
出演:オダギリジョー、蒼井優、
松田翔太etc

評価:95点

ライムスター
一昨日、引き替えたライムスター
宇多丸のウィークエンドシャッフル
お便り賞金2,000円

山下敦弘監督最新作
「オーバー・フェンス」を
観に行った。

彼の作品は個人的に
当たり外れが激しく、
「マイ・バック・ページ」、
「苦役列車」は大絶賛だが、
「もらとりあむタマ子」や
「天然コケッコー」は
チョー苦手という完全
バクチもの。

非常に不安だったのだが、
これが大傑作でした…

「オーバー・フェンス」あらすじ

東京から訳あって函館にやってきた
男は、職業訓練学校で
大工の勉強をしている。

同級生に飲みに誘われても、
薄ら笑いを浮かべ断る
彼だったが、ある日
同級生代島に誘われ
キャバクラに行くと、
変なキャバ嬢・聡と
出会い心を通わせていく…

文学と映画の狭間の
ファンタジー

本作は、かの有名な
函館出身作家・佐藤泰志
が手がけた短編の映画化だ。

佐藤泰志ものといえば、
「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」
と評判高い作品が揃っている。

しかし、本作はそれらの作品を
凌駕するクオリティを有している。
なんたって、両作で描けなかった
文学性を「オーバー・フェンス」は
描いているからだ。

つまり、文学的行間が映画に
あるとのことだ。
主人公の男は東京で
妻と別れ、子供とも会うことすら
許されない状況となってしまう。
東京での挫折故に北海道に
やってきて、よりにも社会的地位が
低い者が集まる職業訓練学校に入学する。

男の薄ら笑いの正体が、
物語が進むに従って、
田舎や底辺を静かに見下した
態度であることがわかり、
わかると同時に「俺は悪い人間ですよ」
という台詞に重みが増す。

そして、頭が狂った女・聡
との対話を通じて、
男は職業訓練学校や
キャバクラに居場所を
見出していく。

多くは語らず、
台詞の一つ一つに
重みを持たせ、
行間で真実を
教える極めて文学的
演出が施されているのだ!

そして、何よりも凄いのは
文学的でありながらも
映画的でもあるのだ。

職業訓練学校の人々を
映すとしたら、どうしても
社会派になりドキュメンタリー
タッチで撮りたくなる。
ましてや、蒼井優や
松田翔太に徹底した
北海道訛りで演技をさせ、
まるで現地人のような
限りなく素に近い演技で
画面を縦横無尽に徘徊
させるのならやはり
ドキュメンタリータッチに
依存したくなるものだ。

しかし、山下監督は
徹底的に画面を作り込む、
カメラはフィックス、
シームレス
に動かしている
ところに映画性があった。

つまり、何が言いたいかというと、
本作は映画であれ文学であれ、
ある種のファンタジーだ。
職業訓練学校というシリアスな
舞台を描きながら「人間の適応」
を寓話化している。

ドキュメンタリータッチに
しないことで、ラストの
ソフトボールの試合の
救いあるシーンに
説得力がある。

とにかく、山下監督の
バランス感覚に優れた
演出。そして
オダギリジョー、蒼井優、
松田翔太の等身大の
職業訓練学校生、
人生にくすぶっている
奴らの演技に心熱く
させられた逸品でした。

テアトル新宿は平日でも
超混んでいる
ので、
これから観る方は、
予約をして観ることを
オススメします。

関連記事

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「FAKE」佐村河内守は嘘つきか?

FAKE(2016) 監督:森達也 出演:佐村河内守,新垣隆etc 評価:測定不能

続きを読む

“Ç”銀世界の誘拐事件「白い沈黙」日本10月公開

白い沈黙(THE CAPTIVE) 監督:アトム・エゴヤン 出演:ライアン・レイノルズ、

続きを読む

“Ç”三船敏郎をテーマにしたデンマーク映画?「ミフネ」

ミフネ(MIFUNE) 監督:ソーレン・クラーク=ヤコブセン 出演:アナス・ベアテルセン、イ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」サードインパクト発生w

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生(2016) BATMAN v SUPERMAN:D

続きを読む

”Ç”フランス感ゼロ ファンタジー「ムーラン・ルージュ」

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!) 監督:バズ・ラーマン 出演:ユアン・マクレガー、

続きを読む

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート  去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが 出土した

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方〜激動東欧編3:ミュシャの少女に萌えろ!燃えろ!〜

チャラーララー、チャラーラー、 チャラらラーラらーと NHKの某番組のように散策してみる チェ・ブ

続きを読む

“Ç”祝・キング牧師物語映画化!「グローリー-明日への行進-」

グローリー-明日への行進-(SELMA) 監督:エバ・デュバーネイ 出演:デビッド・オイェロ

続きを読む

“Ç”カンヌ映画祭2015開幕!コンペ予告編も公開!

カンヌ映画祭2015開幕! どこの映画祭よりも変な映画、 未来の巨匠を生み出すと ブンブンは感

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

第89回アカデミー賞受賞予想⑧~その他技術賞~

第89回アカデミー賞受賞予想8 今回は、撮影賞、編集賞、 録音賞、

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7 ついに、アカデミー賞予想も大詰め!

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: Teströl és

第89回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第89回アカデミー賞受賞予想6 今回は意外と物語を形作る上で 重要

第89回アカデミー賞受賞予想⑤~美術・衣裳デザイン・メイクアップ賞~

第89回アカデミー賞受賞予想5 今回は、映画を盛り上げる 裏方美術

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑