*

【時系列完全版】「小説君の名は。」「Another Side:Earthbound」で謎を補完してみた

【時系列完全版】「小説君の名は。」「Another Side:Earthbound」で謎を補完してみた

「君の名は。」小説大人気!

現在、大ヒット中!
あっさり「シン・ゴジラ」を凌駕する
スピードで興行収入60億を
突破している「君の名は。」

原作とスピンオフが面白い
とのことで、本屋に行くと、
売り切れ続出。

特にAmazonで購入しようと
思ったときには、
9月末まで入手できない
ような状況になっていました。
君の名は。 小説
一応、当ブログで時系列
図解をしているだけに、
ここは是非とも原作を読んで
完全版の時系列表を作りたい
と思い、頑張って2冊
「小説 君の名は。」と
スピンオフ「君の名は。
Another Side:Earthbound」

購入しました!

図解に入る前に、それぞれの感想を
書いておきます。

「小説 君の名は。」


作者:新海誠

新海誠、自らの手によって書かれた
小説版は、、、とにかく
瀧君の変態性がよく分かる
作品だ。
ライトノベルのような滑稽さ、
いやむしろ官能小説といえる
域までイッてしまっているw

「そのふくらみに朝日が反射し、
白い肌が滑らかに光っている。
ふたつの胸の間には、
青く深い影が湖のように
たまっている。
もんでおくか。」
(p14 7~9行目より引用)

なんちゅう隠微な表現だww

他にも、三葉が口噛み酒を
作る時の場面をしっかり
擬音で表現していたりと、
とにかく官能的な表現に
飛んでいましたw

ちなみに、ほとんど映画と
同じです。

「君の名は。 
Another Side:Earthbound」


作者:加納新太

一時期(今もか?)、
書店やAmazonから
消えるほど、とっても売れた
スピンオフ。

もう既にTwitterで様々な
二次創作が作られている。
本作も二次創作家と思いきや、
作者の加納新太は映画版の
シナリオ協力として制作に
参加しているので、
時間軸のズレはありません。

しかし、「小説 君の名は。」
以上に変態描写が多めですw

四葉の性が目覚める瞬間だとか、
瀧がブラジャーや女性の胸に
ついて熱く語る(各2~4ページ)
などとにかく激しい。

と同時にてっしーこと、
勅使河原の中上健次感溢れる
閉塞ライフや、三葉の
父親の過去についてもしっかり
書かれているので
読み応え抜群。

…本当、瀧君
変態♡

時系列最新版

君の名は。小説考慮版EXCEL9/26更新
君の名は。小説考慮版PDF9/26更新
(スマホで観る場合はPDFをクリックしてください)

やはり、小説を読まないと分からないことが
いくつかありました。
それと映画版を踏まえて今回最新版を
アップしました。

大きな変更点・追加点としては…

口噛み酒製造日程

映画版を観る限りだと
会話の関係で、
週末(2013/9/7~8)に行われたのでは
と推測できるが、
小説版ではっきりと9/3(火)
製造されていたことがわかる。

瀧の飛騨旅行

小説を読むと、金曜日に
学校をずる休みして
飛騨に旅立っていることがわかる。

オープンカフェ作り

詳しい日付は定かでは無いが、
9/30~10/2に勅使河原主催で
オープンカフェ作りが実施され
たと思われる。

その時の三葉は、入れ替わっている
状況。つまり、てっしーは
ノリノリでDIYに参加する
瀧君の魂の入った三葉と
作業をしていることになる。

四葉の情報大幅更新

四葉に関する行動が、
スピンオフに沢山書かれているので
載せておきました。

また、例のごとくこの解説記事は
読者と一緒に作っていこうという
コンセプトがあります。

間違っていたり、説をお持ちでしたら
どしどしコメント欄にメッセージ
ください!

関連記事

ネタバレ解説「君の名は。」レビュー
ネタバレなし「君の名は。」レビュー
真知子の方「君の名は 第一部」レビュー
真知子の方「君の名は 第二部」レビュー
真知子の方「君の名は 第三部」レビュー

ブロトピ:本のおすすめ
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”SF映画のヴィジュアル原点ここにあり「アンカル(L’INCAL)」

アンカル(L'INCAL) 原作:アレハンドロ・ホドロフスキー 作画:メビウス 海外の漫画って買

続きを読む

“Ç”キスマイ玉森裕太が有川浩映画に関西弁で挑戦「レインツリーの国」

レインツリーの国 監督:三宅喜重 出演:玉森裕太、西内まりやetc 評価:75点

続きを読む

“Ç”豪華すぎるキャストなのに幻の作品「Mishima: A Life In Four Chapters」

Mishima: A Life In Four Chapters 監督:ポール・シュナイダ

続きを読む

“Ç”お土産にフォトアルバムはいかが?

留学終了まであと7日 もう、留学終了か... 長いようであっという間、 毎日「言葉のドッジボール」で

続きを読む

“Ç”「失われた時を求めて」に挑戦!

みんなは、プルーストの「失われた時を求めて」って本を知ってるかな? そう、出版社によるが全9〜13

続きを読む

“Ç”川端康成の名作を映像で!「雪国(1957)」

雪国(1957) 監督:豊田四郎 出演:池部良、岸惠子 大学のゼミで実は日本文学研究し

続きを読む

“Ç”カンヌを制した黒沢ワールドはいかに?「岸辺の旅」

岸辺の旅(JOURNEY TO THE SHORE) 監督:黒沢清 出演:深津絵里、浅野忠信

続きを読む

“Ç”フランスで人気(?)のネコ漫画「チーズスイートホーム」

フランスのギャルが好きな漫画は? 国際交流×漫画といえば、 「ワンピース」や「ナルト」 で

続きを読む

“Ç”是枝新作カンヌ映画祭コンペ出品!!

第68回カンヌ映画祭シーズン開幕 毎年、5月にフランス南部カンヌという街で 行われる世界三大

続きを読む

“Ç”ハリウッドに対抗して…「脳内ポイズンベリー」

脳内ポイズンベリー 監督:佐藤祐一 出演:真木よう子、西島秀俊、神木隆之介etc 今年

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑