*

【PFFアワード2016】「ツケモノの子」「福島桜紀行」「食卓」ブンブンのレビュー

【PFFアワード2016】「ツケモノの子」「福島桜紀行」「食卓」ブンブンのレビュー

ぴあフィルムフェスティバルに
行ってきた!

ぴあフィルムフェスティバル
先日、東京都フィルムセンターで
開催されている
ぴあフィルムフェスティバルに
行ってきました。

ぴあフィルムフェスティバルとは、
凄腕映画監督になる登竜門で、
園子温や矢口史靖、
石井聰亙、近日公開「怒り」の
李相日
など多数の鬼才を
輩出してきたインディーズ映画
の祭りである。

今回
高校時代から知り合い
である元早稲田大学生
の渡部直也さんが
「食卓」という作品に
出演した
とのことなので
本祭初参加してきました。

早稲田大学系映画は、
したコメの審査員を
している頃から
アイデアと脚本の
凄さがブンブンの
心を鷲掴みにして
離さない。

さて、今回は
役者だけでなく、
監督も早稲田大学
出身者とのことなので
期待度が高まるが果たして…

その前に、今回の上映は
「食卓」だけでなく、
他のコンペ作品
「ツケモノの子」「福島桜紀行」
も併せて上映。
その後に、トークセッションが
あるという内容なので、
3作品の感想をアップしていきます!

もし興味ありましたら、
9/18(日)14:30より
またフィルムセンターで
上映
されますので、
是非訪れてみてください!
(PFF2016公式サイト)

PFFアワード2016作品感想

PFF

ツケモノの子

監督:阿部平

弱冠22歳、ブンブンと同い年の
福島出身大学生が撮った作品。

たくあんに恋した少女。
しかし、ある時を境に
世界からたくあんが消えてしまい、
たくあんを探しに行くという
ユニークな内容。

劇中における漬け物の
出し方がとにかく秀逸。
海辺にたくあんを置いたり、
主人公の少女がたくあん
好きすぎて観覧車に
持ち込みデートをしたりと
とにかく奇抜で爆笑でした。

ただ、ギャグで白けるのを
恐れているのか、
ギャグを十分に魅せないまま
次のカットへと進ませて
しまう点。惜しかった。
アキ・カウリスマキとまでは
いかないが、間を作って欲しかったな~

ちなみにQ&Aで阿部監督は、
普段あまり映画を観ないと
発言。それ故か、あまり見かけない
タイプのコメディとなっていました。

福島桜紀行

監督:鉾井 喬

福島在住の監督が、桜前線に
沿って移動し、
桜と人との関わりを描く
ドキュメンタリー。

東日本大震災から4年後
(撮影は2015年だから)、
破壊・廃墟の中に
皮肉にも美しく咲く
サクラ、そして人の手で
ソメイヨシノを増やしていこう
という営みが綴られていて、
非常に美しい。

しかしながら、Q&Aでも
明らかな通り、圧倒的
取材不足感。

ドキュメンタリー映画として、
観た後に何か得るものが
あるか?と言われたら
微妙な作品でした。

只単に、破壊と美のコントラスト
がそこにあるだけで、
人々の苦や希望があまりにも
希薄なドキュメンタリーと言えよう。

食卓

監督:小松孝

バンクーバー国際映画祭にも
出品が決まった、小松監督
の作品。

年金暮らしの父とニートな男。
そんな彼らの前に再婚相手の
女がやってくる。

彼女は毎日ご飯を作ってくれるのだが、
ファストフードやコンビニ弁当に
飼い慣らされた野郎二人は、
食欲が湧かず…という内容。
ぴあフィルムフェスティバル
驚いたことに、監督曰く7割
ノン・フィクション
だそうで、
撮影現場の汚部屋な
自宅は本当に
ホコリとかが舞っており、
撮影スタッフ一同
マスクを付けて撮影に
挑んだとのこと。

とにかく汚部屋の中でのシュールな
営みが特徴的な映画。
予想だにしない、フード描写の
数々に大爆笑でした。

また、撮影も再婚相手が手塩に
かけた料理よりも、
ハンバーガーやピザの
ようなジャンクフードの方が
美味しそうにみえる演出に
才能を感じた。

これは国際映画祭に出品されたのも
納得な一本でした。
恐るべし早稲田映画!

関連記事

“Ç”ヨーロッパにまた行きたくなる映画「恋人までの距離(ディスタンス)」

恋人までの距離(Before Sunset) 監督:リチャード・リンクエイター 出演:イーサ

続きを読む

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

「マネーモンスター」ジョディ・フォスター快進撃!広がりのある立て籠もり劇

北欧旅行で観た映画6: マネーモンスター(2016) MONEY MONSTER(2016)

続きを読む

“Ç”【採点不能】橋口亮輔監督7年ぶり長編監督作「恋人たち」

恋人たち 監督:橋口亮輔 出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良etc 評価:採点不能

続きを読む

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpec

続きを読む

“Ç”デンマーク人が西部劇?「SERENA」

SERENA(2014) 監督:スサンネ・ビア 出演:ブラッドリー・クーパー、 ジェニファ

続きを読む

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

“Ç”東京フィルメックスはこれを観ろ!「Taxi」「山河故人」「タルロ」etc

東京国際映画祭の次はフィルメックスだ! Processed with Moldiv[/capti

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞「ケンとカズ」

第28回東京国際映画祭受賞結果発表! 東京グランプリ:「ニーゼ」 ブラジルの女医を描いた

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑