*

【シネマヴェーラ鈴木則文特集】「吼えろ鉄拳」真田広之がブルースリーに…

【シネマヴェーラ鈴木則文特集】「吼えろ鉄拳」真田広之がブルースリーに…

吼えろ鉄拳(1981)

吼えろ鉄拳
監督:鈴木則文
出演:真田広之、志穂美悦子etc

評価:80点

鈴木則文が、若かれし頃の
真田広之にサニー千葉こと
千葉真一のアクション指導

を携え撮ったカンフー映画。

あからさまなブルース・リー
映画に対するリスペクト
作品なのだが、
ブルース・リー映画以上に
激しい、そして
抱腹絶倒の内容でしたよ~

「吼えろ鉄拳」あらすじ

アメリカ・テキサスで育った響譲次が
死にゆく育て親から真の父親の
ことを聞く。

そして日本にいる親戚の家に
訪ねるよう言われ、
はるばるやってくるのだが、
その親戚が帝王学を
振りかざす悪の権化であった…

真田広之のアクションに惚れる

とにかく、本作品は
真田広之のむちゃくちゃな
アクションが存分に楽しめる
作品だ。

日本に来ると、いきなり
親戚の家の水着レディ
たちに「ブラジャー取らないで
エッチ!」
と怒られ、
「助けてスパルタカス!」と
叫ばれる。

すると、豪邸のプールから
巨漢な黒人スパルタカス
登場して戦闘が始まる。
おいおい、いつから水中に
潜っていたんだよこの
スパルタカスはと突っ込まざる
得ない。

そして、真田は軽やかに前転・
バク宙を繰り出し、華麗に
スパルタカスをやっつける…
と思いきや、前転・バク宙
しているだけやん!!

激しいバトルシーンの筈が、
じゃれ合いにしか見えない
珍シーンとなっている。

このように、ブルース・リー
アクション映画
に見せかけて、
ただのコメディになっている
箇所がほとんどなのだ!

他にも、お墓に秘宝を取りに行く
真田広之。宝石を取った瞬間。
笠を被った忍者(?)が大量に
出現、戦うと思いきや鬼ごっこが
スタート。5分以上にわたる
追跡劇が始まるのだ!
チャリンコに乗ったり、
壁をよじ登ったり、
ロープで降りたり、
真田も忍者も身体能力
高すぎである。

こんな茶番劇なのだが、
キャラの濃さと、
しっかりとしたアクションで
全く飽きがこない。

キャラはスパルタカスから、
「愛の嵐」を思わせるサド女、
さらには
デアデビルさながらの
盲目ながら身体能力が高い
女まで登場するのだ。

たかだか95分なのに、
濃縮度が半端ない
サービス精神に感動すら
覚えました。

まさにアクション映画の
ラーメン二郎や~

シネマヴェーラ次回上映にも期待!

次回9/24(土)~10/14(金)の
シネマヴェーラ特集は
「日本映画の現在」との
ことで入江悠や横浜聡子、深田晃司など
今の日本インディーズ映画を
代表とする監督作を上映するとのこと。

ブンブンのお目当ては、空族の作品。
DVDを作らない空族の作品はなかなか
観ることができない。
「サウダーヂ」や「国道20号線」
観てみたいところだ。

ちなみに空族映画最新作
「バンコクナイツ」
来年2月、日本で公開されるようです。
バンコクロケ、3時間の大作らしいので
期待度が高まります(*^_^*)

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【「バンコクナイツ」完成特集】「サウダーヂ(35mm)」富田克也がシニカルに突きつける地獄の地方

サウダーヂ(2011) 監督:富田克也 出演:鷹野毅 伊藤仁、田我流etc 評価:9

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録13「ブルーム・オブ・イエスタディ」東京グランプリ受賞作!

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016) 原題:Die Blumen von Gestern 英

続きを読む

“Ç”小日向文世もビックリ!テレビと喪女のエロい関係「春子超常現象研究所」

春子超常現象研究所 Haruko's Paranormal Laboratory 監督:竹葉

続きを読む

“Ç”TOHOシネマズ新宿でMX4D体感したぜ!

映画館は「体感」の時代へ... 飲食もそうだが、 最近は安さを求める経営戦略よりも 高く、

続きを読む

【試写会】「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」ギレンホールがデモリッションマンに!

雨の日は会えない、 晴れた日は君を想う(2016) DEMOLITION(2016) 監督

続きを読む

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画1

ようやく公開される傑作たち 日本はとにかく、洋画の公開が遅い。 下手すれば他国よりも一年近く 待たね

続きを読む

“Ç”自主・日本未公開映画祭「LA SOURCE DES FEMMES」 ニート多きムラでセックスストライキ!

映画買い付け入門 留学時代中、日本未公開、未DVD化 映画を沢山買おうとDVD売り場 巡りをよくし

続きを読む

“Ç”「Leviathan」日本公開記念。ズビャギンツェフデビュー作「父、帰る」

「Leviathan」が「裁かれるは善人のみ」って邦題で公開決定! カンヌ映画祭で脚本賞を受賞

続きを読む

「ドライヴ」サントラ:A REAL HEROが心に染みるぜ!

第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を獲ったニコラス・ウェンディング・レフン「ドライヴ」のサントラを買

続きを読む

“Ç”【デンマーク映画研究】「モルグ/屍体消失」ポストドグマ映画の第一歩!

モルグ/屍体消失(1994) Nattevagten(1994) 監督:オーレ・ボールネダル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑