*

“Ç”「悪魔のかつら屋」尺の伸ばし方がえぐい!タイトル通りの話です

“Ç”「悪魔のかつら屋」尺の伸ばし方がえぐい!タイトル通りの話です

悪魔のかつら屋(1967)
THE GRUESOME TWOSOME(1967)

悪魔のかつら屋2
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス
出演:エリサベス・デイヴィス,
クリス・マーテルetc

評価:10点

ドライブインシアター向けの
低俗ホラー、コメディを多数生み出した
ハーシェル・ゴードン・ルイスの
作品をTSUTAYA渋谷店で借りてきた。

その名も「悪魔のかつら屋」。
タイトルだけで、ストーリーが
分かってしまう。
そして、ホントウに
その通りの作品だったのだが、
ブンブンを驚かせることが
あった…それは…

「悪魔のかつら屋」あらすじ

殺人事件が多発する町を舞台に、
頭の悪そうな女の子が犯人捜し。
怪しい「かつら屋」に行ってみたら、
オーナーの婆ちゃんが障がい者の
息子に、頭皮狩りをやらせていた(わぁびっくり!)

尺稼ぎが酷い

この手の低予算映画にありがちなのは、
メーキャップに金も時間もかけられない
ので、やたらと焦らす演出が多いことだ。

それこそ、スティーブ・マックイーン
「人喰いアメーバの恐怖」
ほとんどアメーバは出てこない。
でも、マックイーンや周りの
モブキャラの焦り具合が
きちんと描かれているから
後半盛り上がりを見せてくる。

しかし、本作は、
悪魔のかつら屋3
じゃん!冒頭10分、ヘアスタイリスト用
マネキンがまどろっこしい口調で
駄話をするホントウにどうでも
いいシーンから始まります。
悪魔のかつら屋5
そうか、回想シーンから入るパターン。
森鴎外の「舞姫」パターンね!
と思って観ていると、
後半の見所の使い回し映像が
流れる。ってか、ほとんど
ネタバレなんですけど、
なんか新展開あるの?
と思って観ても、
全くもって冒頭の
映像以上の発見が
後半の見せ場にない。

つまり、冒頭15分で
この映画は終わっている。
予告編ですら、
ネタバレしないように、
でも観客の興味を
惹きつけるよう
日夜頑張っているのに、
なんだコレ?となってしまう。

そして、ベタ過ぎる
お馬鹿なリア充カップルが
登場!よし、リア充爆発しろ!
と期待をしても、
全くもって応えてくれない。

もはや映画として
失格過ぎる作品なのだが。。。
嫌いにはなれない。
全体に立ちこめる、
哀愁というか
「こんなの作ってすみません」感
が好きだったりする。

たまにはコンなZ級映画もいいかな~
限りある人生を無駄にしたい方は
是非TSUTAYA渋谷店で借りてみよう!

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞受賞予想作品賞&監督賞 「スポットライト 世紀のスクープ」vs「マッド・マックス」

作品賞ノミネート一覧 ・「マネー・ショート華麗なる大逆転」 2016/3/4(金)公開 ・

続きを読む

“Ç”「アイ・アム・ア・ヒーロー」ゲテモノ映画祭シッチェス等を制したのも納得傑作ゾンビ映画

アイ・アム・ア・ヒーロー(2015) I AM A HERO(2015) 監督:佐藤信介 出演:大

続きを読む

“Ç”留学前に留学映画「スパニッシュ・アパートメント」

留学前にどうしても観たかった映画があった。中2の時に留学したくなるきっかけを作った作品だ。 その

続きを読む

【ネタバレ/解説】ブンブンが語る「ラ・ラ・ランド」が傑作な5つの理由(おまけ:ラジオに出演した件)

「ラ・ラ・ランド IMAX版」観てきた ↑テンション上がりすぎて、 絵を描いたり、

続きを読む

「沈黙-SILENCE-」篠田正浩版と遠藤周作の原作を比較してみた!

沈黙-SILENCE-(1971) 監督:篠田正浩 出演:岩下志麻、 岡田英次、丹波哲郎、

続きを読む

“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート3:『グッドナイト・マミー(ICH SEH,ICH SEH)』

ICH SEH, ICH SEH 監督:Veronika Franz&Severin Fiala

続きを読む

「デスノート Light up the NEW world」みんな、叩き過ぎよ!ハリウッドに負けない傑作なり!

デスノート Light up the NEW world(2016) 監督:佐藤信介 出

続きを読む

”Ç”男はこの女に時めかないわけがなかろう「イニシエーション・ラブ」

イニシエーション・ラブ 監督:堤幸彦 出演:松田翔太、前田敦子、木村文乃etc 乾くる

続きを読む

“Ç”【試写会】「スーサイド・スクワッド」ウィル・スミスは仏様だった…

スーサイド・スクワッド(2016) SUICIDE SQUAD(2016) 監督:デヴィ

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン外国映画部門!1位はなななんと「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン外国映画 皆さん、なんと! 今年のベスト1位は「マッド

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑