*

“Ç”【ネタバレ】「チャイナタウン」ラストシーンは華麗なるギャツビー?

“Ç”【ネタバレ】「チャイナタウン」ラストシーンは華麗なるギャツビー?

チャイナタウン(1974)
CHINATOWN(1974)

チャイナタウン
監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジャック・ニコルソン、
フェイ・ダナウェイetc

評価:70点

ブンブンが聴講している映画ゼミで、
生徒が持ち寄った作品。
渋い作品持ってきますね~

ブンブンは中学3年の時に
観たのだが、そもそも
ミステリーが苦手だったので、
あまり好きじゃなかったのだが、
改めて観て、
美術や音楽の使い方、
撮影のすばらしさに
感銘を受けましたよ

「チャイナタウン」あらすじ

ロサンゼルスの私立探偵
ジェイク・ギテスはある婦人のから
夫の浮気調査を依頼される。

そして、すぐ夫の浮気現場を
写真に収めることに成功
するのだが、ターゲットは死亡。
そして依頼主もターゲットの
妻ではないと判明し…

美術、音楽、編集がGOOD!

本作を観て感じるのは、
うだるような暑さを
映像だけでなく衣裳でも
演出しているとこである。

ジャック・ニコルソンの
ファッションまでセピア
色っぽいものを着ており、
カラー映画にも関わらず
セピア、いやふと気が緩めば
白黒映画になってしまいそうな
画面がホントウに素敵でした。

そもそも、本作は1940年代
に流行した犯罪者
フィルム・ノワールを
意識した作品で、
「マルタの鷹」や
「ローラ殺人事件」
など
私立探偵や刑事が
奮闘する様子を
ドライなタッチで描く
特徴を再現している。

そして、本作は基本的に
音楽は流れず淡々と進むのだが、
ここぞ!というところに、
「パットン大戦車軍団」や
「パピヨン」、
「トータル・リコール」などの
楽曲を手がけた
ジェリー・ゴールドスミス
サウンドが流すことで
物語を盛り上げる。

編集も、映画史の教科書に載る、
カメラのレンズに、ターゲットを
映すことで「撮る・撮られる」
の関係を同時に魅せたり、
池や、水道管、
カジキマグロなどといった
伏線をさりげなく
映すのが上手く、
とにかく、演出面で
キレッキレな本作だ。
しかし、
本作が公開された年は、
アメリカ映画大豊作で、
アカデミー賞では
脚本賞しか獲れなかった
残念な作品である。

ちなみに、
撮影賞は
「タワーリング・インフェルノ」
美術賞は
「ゴッドファーザーPARTⅡ」
衣裳デザイン賞は
「華麗なるギャツビー」
編集賞は
「タワーリング・インフェルノ」
作曲賞は
「ゴッドファーザーPARTⅡ」
でした。

確かに勝てないわ…

エンディングについて

「チャイナタウン」考察については、
ネットを探せば多くの人が
詳しい分析をしているので、
ブンブンの出る幕じゃないのだが、
ラストについてひとつ言及するとする。

ゼミの発表者が、
元々ラストは、エヴリン
父であるノア・クロスが
エヴリンに射殺されて
終わるはずだったのだが、
監督がストーリーを
変更して、
エヴリンが自動車で
死亡するという
ものになったとのこと。

これを聞いて、
振り返ると、
非常に「華麗なるギャツビー」
っぽいなーと感じた。

本作の終盤、非常に
「眼鏡」が重要になっている点、
エヴリンが乗る車の雰囲気、
怒りに任せて運転した
エヴリンの顛末。

「華麗なるギャツビー」の
デイジーを彷彿する
シーンと感じました。

身分や権力による
紛争が原因の悲劇を
第三者である私立
探偵からみると
こうなるのかなと
アイデアが膨らみました。

↑パスピエの「チャイナタウン」は名曲ですなw

関連記事

“Ç”キング・レコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」ラインナップが神ww

新宿 紀伊國屋でお買い物♪ 先日、新宿紀伊國屋のDVDコーナーで ウキウキしていました。 とい

続きを読む

“Ç”パルムドール受賞作「WINTER SLEEP」:邦題「雪の轍」で日本公開決定!

雪の轍(WINTER SLEEP) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:Haluk B

続きを読む

“Ç”鬱病を知る「ツレがうつになりまして。」

ツレがうつになりまして。 監督:佐々部清 出演:宮崎あおい、堺雅人、吹越満etc

続きを読む

【試写会】9/10公開「四月は君の嘘」5巻の熱い演奏を忠実再現

四月は君の嘘(2016) 監督:新城毅彦 出演:広瀬すず、山崎賢人、 石井杏奈、中川大志e

続きを読む

“Ç”ジョン・カーペンターよ、けんかシーン…「ゼイリブ」

ゼイリブ(THEY LIVE) 監督:ジョン・カーペンター 出演:ロディ・パイパー、キース・

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「FAKE」佐村河内守は嘘つきか?

FAKE(2016) 監督:森達也 出演:佐村河内守,新垣隆etc 評価:測定不能

続きを読む

“Ç”久しぶりの園子温自主制作映画「ひそひそ星」第16回東京フィルメックスにて

ひそひそ星 THE WHISPERING STAR 監督:園子温 出演:神楽坂恵 評

続きを読む

【70年代デンマークポルノ映画研究】「新わたしは女」タブーにタブーを重ねる…

新わたしは女 (1969~1970) JAG-EN KVINNA III (1969~1970

続きを読む

“Ç”新歓祭目前!北欧研究会NORDICオススメ動画

新歓の季節 桜がキレイなこの季節、 新入生のみなさん、 入りたいサークルは決まったかな? 大学生

続きを読む

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter 監督:アフィア・ナサニエル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑