*

“Ç”温又柔「台湾生まれ日本語育ち」日本エッセイスト・クラブ賞受賞作!

“Ç”温又柔「台湾生まれ日本語育ち」日本エッセイスト・クラブ賞受賞作!

台湾生まれ日本語育ち(2016)

台湾生まれ日本語育ち
著者:温又柔(おんゆうじゅう)

我がチェ・ブンブンが所属する
リービ英雄ゼミで、
法政大学国際文化学部
第1期生で小説家の
温又柔が書いたエッセイ
「台湾生まれ日本語育ち」
を扱った。

台湾に生まれるものの、
3歳の時から東京に
家族で移り住み、
日本語で物事を考える
レベルまでネイティブ
になるものの、
台湾人のアイデンティティ
を保とうとする葛藤が
描かれたエッセイである。

以前、ゼミで李良枝「由煕(ユヒ)」
を扱った際、ゲストで
呼んでお話したところ、
凄く明るい方だったので、
正直びっくりな内容でした。

それでは、じっくり
解説をしていきます。

温又柔とは

温又柔は1980年、
台湾・台北生まれの方である。
3歳の時に、父親の仕事で
東京に家族ともに引っ越す。

高校時代から、
中国語を学び始め、
大学の進路を決める際に
先生から、
「温は、中国語に興味あるんだよな?」
と言われ、法政大学国際文化学部を
薦められ、見事第1期生として合格。
SAは中国・上海外国語大学に
行った。

留学後、川村湊ゼミに入り
小説の創作を始め、卒業間際の
2003年に
「とっておきの上海」を出版。

卒業後は法政大学大学院
国際文化専攻に進学。
リービ英雄、司修の下で
勉強に励む。

そして2009年
「好去好来歌」で
第33回すばる文学賞佳作

獲り小説家デビューを果たす。

その後も、『来福の家』
を出版し、現在に至る。
本作は、第64回日本
エッセイスト・クラブ賞

受賞した。

書評:3つの言語の狭間で

本書の中で、著者は
「我住在日語(私は日本語に住んでいます)」
と語っているように、
完全に日本語で物事を
考えている。

そして、母親が一向に
日本語が上手くならない。
「七時」を「ななじ」と
読むことに憤りを感じる
レベルにまでネイティブ
になっているのだが、
彼女のアイデンティティは
台湾語と中国語、そして日本語の
間で彷徨っている。

この葛藤が人によってはわかりにくい
かもしれないが、非常に
辛いことでもあります。

ブンブンも生まれつき、
話し方が独特で
生粋の日本人にも
関わらず「ガイジンだ」と
言われアイデンティティの
喪失に苦しむ。

つまり、自分の安心できる
居場所を常に探し続けなければ
ならない。究極的な言い方を
すると、常に寝場所を探す
ホームレスのような感じなのだ。

著者と話したことがあるが、
彼女は一見すると日本人に
見える。話し方もリービ英雄は
もちろん、正直ブンブン
よりも流暢でなめらかな日本語を
話す。なら、「田中」とか「高橋」
とかといった通称をつければ
いいのでは?
下手に外国人に見られ、
差別的対応をされずに済むのでは?
と思ったのだが、彼女は
「温又柔」という名前を貫き通した。

3歳から東京に住んだら、
台湾人としてのアイデンティティを
失ってしまうであろうに、
彼女は親戚や友人がドンドン
台湾語が上手くなってくるのに、
自分がドンドン下手になり
意思疎通が難しくなる
葛藤を踏んだせいか、
きちんと台湾人としての
意識を持っていたのだ!

時折、日本人と思い込み、
警察や周りの人から
の発言でハッと
自分の正体に気づかされる。
日本人と台湾人の
狭間を行き来する
苦悩を明るく、
わかりやすく
書いてあるので
あまり言葉や
アイデンティティを
意識しない人でも
すらすら読めます。

正直、李良枝や
リービ英雄に比べると
波瀾万丈な人生では
ないので、小説家として
彼らを超えることは
難しいとは思うのだが、
温さんの
今後の作家活動を
応援します!

関連項目

書評「模範郷(リービ英雄著)」
ブロトピ:本のおすすめ

関連記事

【ネタバレ解説】「淵に立つ」食事シーンと赤の使い方を徹底解説!

淵に立つ(2016) HARMONIUM(2016) 監督:深田晃司 出演:浅野忠信、古舘

続きを読む

“Ç”玉森 裕太好きの妹のに「レインツリーの国」前売りを買う兄ブンブン

帰国したら妹が... 留学から帰国して、色んなものが変わった。 ブンブンの通う大学近くに、サ

続きを読む

“Ç”カンヌを制した黒沢ワールドはいかに?「岸辺の旅」

岸辺の旅(JOURNEY TO THE SHORE) 監督:黒沢清 出演:深津絵里、浅野忠信

続きを読む

「沈黙-SILENCE-」篠田正浩版と遠藤周作の原作を比較してみた!

沈黙-SILENCE-(1971) 監督:篠田正浩 出演:岩下志麻、 岡田英次、丹波哲郎、

続きを読む

“Ç”多和田葉子に挑戦「献灯使」書評①

ブンブン、文学ゼミにて多和田葉子「献灯使」を読む 実は、ブンブンは映画ゼミには入りませんで

続きを読む

【リービゼミ レポート】中上健次「岬」論

中上健次「岬」論 リービ英雄ゼミ最後のレポートで中上健次の「岬」論を扱った。そのドキュメン

続きを読む

“Ç”今じゃ撮れない児童虐待映画「鬼畜」

鬼畜 監督:野村芳太郎 出演:緒形拳、岩下志麻etc 評価:90点 最近まで、野

続きを読む

“Ç”「海街diary」原作読む!グラフィックノベルやの~

カンヌ進出作「海街diary」 先日、2015年度カンヌ映画祭コンペ作 に進出した是枝裕和の

続きを読む

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」

海街diary 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずetc 今年のカ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑