*

“Ç”【Bunkamura ル・シネマ特集】「ふたりのベロニカ」赤と緑が美しい…

“Ç”【Bunkamura ル・シネマ特集】「ふたりのベロニカ」赤と緑が美しい…

ふたりのベロニカ(1991)
La Double Vie de Véronique(1991)

ふたりのベロニカ2
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ
出演:イレーヌ・ジャコブ、
フィリップ・ヴォルテールetc

評価:60点

Netflix
で意外な作品を見つけたぞ!
その名も「ふたりのベロニカ」。
昔、大学の授業でさらっと観た
ポーランド・フランスの合作映画だ!

監督はトリコロール3部作で有名な
クシシュトフ・キェシロフスキ
(いっ言いづらいw)です。

果たして…

「ふたりのベロニカ」あらすじ

名前も生年月日も容姿も同じ、
ただ生まれた場所がフランス、
ポーランドと違うふたりの
ベロニカを巡る数奇な人生。

ポーランドのベロニカは、
歌の才能で人生を
掴もうとする。
フランスのベロニカは
小学校の音楽教師をしている。

そんな二人をある人形使い
が結びつける…

パラレルワールドを甘美な映像で追求

映像こそ赤と緑の強烈な色彩、
フランス文学のような流れるような
文体が映像から流れ出すと形容してしまう
ほど美しい演出にこそ騙されがち
だが、本作は至ってオーソドックスな
造りをしている。

ふたりの人間が、
ある怪しい人を介して
互いを知り、出会い
心を揺り動かされる話。
SF映画でよく見るタイプの
ストーリーだ。

しかし、本作が凄いのは、
ほとんど、ふたりのベロニカは
接触しない。というよりも
序盤でポーランドのベロニカが
死亡するのだ!

そして、フランスのベロニカが
心にぽっかり穴のあいた気分を
味わい、その謎解きをする
というのがストーリーの肝だ。

観客は神の目線で物事を見ている。
観客は、フランスとポーランドの
ベロニカを知っている。
真実を知っているだけに、
なかなか真実にたどり着けない
ベロニカにもどかしさを覚える。

また、小学校に巡礼に来た
人形遣いは、まさか自分の
持っている写真の女が、
自分の惚れた女が目の前に
いるとは!とドギマギし、
贈り物を贈る。
若干中学生かと思うほどの
シャイさに笑いつつも、
「実はあのベロニカじゃないんだよな~」
とニヤニヤする。

この神の目線を最大限に
楽しめるのが魅力的だ。

イレーヌ・ジャコブがかわいい!

「キャロル」のルーニー・マーラの
ような華奢さと、ケイト・ブランシェット
のような落ち着いた雰囲気を両方
兼ね備えているイレーヌ・ジャコブ
がメチャクチャ可愛い♡

ドジッこな手つきと良い、
赤を基調としたファッションと良い、
マジで惚れます。

本作の一番の条件である、
「ベロニカは可愛い」を
よゆーでクリア!
カンヌ映画祭で女優賞を
受賞したのも納得だ!

Bunkamura ル・シネマ特集決定

来月7/9(土)~7/22(金)まで
渋谷Bunkamuraル・シネマ
にて
キェシロフスキ没後20年
特集「キェシロフスキのまなざし」が
開催されます。
トリコロール三部作から
「殺人に関する短いフィルム」、
「偶然」
といった、
今ではなかなかスクリーンで
観られない作品が上映されるので
是非観てみてください。
(「キェシロフスキのまなざし」特集サイト)

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞予想~脚本・脚色賞~「スポットライト」&「マネー・ショート」

脚本賞 ・マット・チャーマン&コーエン兄弟「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・ジョナサン・ヘルマン

続きを読む

“Ç”リオ五輪まであと2週間!ブラジルの桃太郎「マクナイーマ」を観る

マクナイーマ(1969) MACUNAIMA(1969) 監督:ジョアキン・ペドロ・デ・アン

続きを読む

“Ç”「64-ロクヨン-後編」構造的地獄から人的地獄へ…佐藤浩市は報われるのか?

64-ロクヨン-後編 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、榮倉奈々、綾野剛etc ※「64

続きを読む

“Ç”「スター・ウォーズ」と「妖怪ウォッチ」に戦い挑む「映画 ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」

映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年 監督:高木淳 出演:TARAKO,ローラ、劇団

続きを読む

【ネタバレなし】「ブレアウィッチ」ホラーを、原点回帰を履き違えとる(怒

ブレア・ウィッチ(2016) BLAIR WITCH(2016) 監督:アダム・ウィンガード

続きを読む

“Ç”チェ・ブンブンが選ぶ#選挙の前に見る映画 「スーパーチューズデー」、「ミルク」etc

7月は選挙MONTH! 7月は7/10の参議院選と 7/31の東京都都知事選と 激しく選挙

続きを読む

“Ç”SF映画のヴィジュアル原点ここにあり「アンカル(L’INCAL)」

アンカル(L'INCAL) 原作:アレハンドロ・ホドロフスキー 作画:メビウス 海外の漫画って買

続きを読む

“Ç”相方ベルジェ、ブチ切れ伝記映画「SAINT LAURENTサンローラン」12/4TOHOシネマズ シャンテ公開

いつも、大学の授業をギチギチに 下手に詰め込むので毎回 ヒーヒー言う羽目になるので、 フランス

続きを読む

“Ç”キング・レコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」ラインナップが神ww

新宿 紀伊國屋でお買い物♪ 先日、新宿紀伊國屋のDVDコーナーで ウキウキしていました。 とい

続きを読む

“Ç”スナイパーは誕生日に…「シュナイダーVSバックス」東京国際映画祭最終回

シュナイダーVSバックス SCHNEIDER VS. BAX 監督:アレックス・ファン・ヴァ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑