*

“Ç”【Netflix】日本ドラマ界新時代?「火花」の撮影が凄い件!

“Ç”【Netflix】日本ドラマ界新時代?「火花」の撮影が凄い件!

火花(2016)


監督:廣木隆一
出演:林遣都、波岡一喜etc

芥川賞を受賞したお笑い芸人の
又吉直樹。彼の受賞作
「火花」が現在Netflixで
独占配信中!

評判が高いので観てみた…

「火花」あらすじ

売れない芸人・徳永は熱海の
お笑いライブで、悲惨な対応を受け
しょんぼりしていると、
ひときわ目立つ芸人・神谷の
ネタを観て一目惚れする。

そして、弟子入りを直談判すると
神谷はこう言った。
「俺の伝記を書いてくれるならいいよ」
かくして奇妙な師弟関係が誕生した…

映画らしいドラマ

日本のドラマって、
海外の「ウォーキング・デッド」とか
「24」「スタートレック」
などを観てしまうと、
どうもやっつけ仕事な撮影と編集が
気になってしまう。映画っ子の
ブンブンには観るに耐えかねる
映像で苦手なのだが、
この「火花」は違う。

監督の作家性を重視し、
自由に撮らせる風潮がある
Netflix制作、
監督は「オオカミ少女と黒王子」
廣木監督だ。

故に、非常に「映画な」撮影
をしており引き込まれる。

こだわりのカメラ構図

火花1
オーソン・ウェルズが「黒い罠」
実践したクレーンを使って
なめらかに主人公を映す
ショット。ベタながら冒頭に
持ってきているのだが、
すがすがしいまでに、
颯爽と被写体を追っており、
清涼感がある。

↑「黒い罠」のオープニング

出会いの夏、変化の夏を
このカットだけでもよく
演出できている。

火花3
また、普通のテレビドラマでは
なかなか観られない
絶妙な遠近感と光の
加減も観られる。

あまりに絵画的で、
「日本のドラマか?」
と疑いたくなる程美しい。

そしてなんと言っても、
本作はまるで中上健次の
小説のように、
本から、文字から熱気が
滲んでくる原作の
演出を忠実に再現している。

神谷の暑苦しさや、
「火花」の世界に立ちこめる
ムシムシとした感じを
セピアとブルー系の
コントラストで
表現している。

これにより、
売れない芸人の
地に這いつくばる感じと、
天国が近くにありそうな
雰囲気を同時に表現することが
でき、流石廣木さんだと
唸らざる得なくなる。

吉祥寺が「火花」フィーバー

火花 吉祥寺
教育実習先に行く途中で吉祥寺に寄る
のだが、現在井の頭線にでっかい
宣伝ポスターが貼ってあります。
火花4
第一話で井の頭公園がロケ地で
使われているせいなのだろうか、
激アツ状態でした。

ドラマが苦手なブンブンでも
魅せられ、2話目以降も観ようと
なるほど傑作の予感がする
「火花」。
是非、映画好きは
チャレンジしてみてください。

↑「火花」主題歌「BROTHER(OKAMOTO’S)」

関連記事

“Ç”「アイ・アム・ア・ヒーロー」ゲテモノ映画祭シッチェス等を制したのも納得傑作ゾンビ映画

アイ・アム・ア・ヒーロー(2015) I AM A HERO(2015) 監督:佐藤信介 出演:大

続きを読む

“Ç”【祝 75歳三度目の結婚】「ペレ 伝説の誕生」今サッカー少年と観るべき映画

ペレ 伝説の誕生(2015) PELÉ BIRTH OF A LEGEND(2015) 監督

続きを読む

“Ç”デッドプールと一緒にクリムトを取り返そう!「黄金のアデーレ 名画の帰還」

黄金のアデーレ 名画の帰還 Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス 出演:

続きを読む

“Ç”トム・ハーディって…「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44 森に消えた子供たち(CHILD44) 監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:ト

続きを読む

“Ç”7月のオススメ作品!ヒーローの宴会が開催されるっぽいよ~

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン 監督:ジョス・ウェドン 出演:ロバート・ダウニー・Jr

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想2:外国語映画賞、長編アニメ

外国語映画賞ノミネート一覧 「イーダ(ポーランド)」 「TIMBKTU(モーリタニア)」

続きを読む

“Ç”何故ギャルにウケて映画人に不評なのか?「ギャラクシー街道」

ギャラクシー街道 監督:三谷幸喜 出演:香取慎吾,綾瀬はるか,遠藤憲一etc 評価:1

続きを読む

”Ç”伝統芸能に惑わされるな「黒衣の刺客」

黒衣の刺客(聶影娘) 監督:侯孝賢(ホウシャオシェン) 出演:スー・チー、妻夫木聡etc 評価:4

続きを読む

“Ç”時差が変わった国からオンボワエ!「フューリー」

昨日からサマータイムが終わり、 日本との時差が-7時間から -8時間に変わりました! サマ

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑