*

“Ç”【ジャック・リヴェット追悼】幻の12時間40分「アウトワン」#1オイディプス王とバカ

“Ç”【ジャック・リヴェット追悼】幻の12時間40分「アウトワン」#1オイディプス王とバカ

アウトワン(1971)
OUT1(1971)

アウトワン
監督:ジャック・リヴェット
出演:ジャン=ピエール・レオー,
ジュリエット・ベルトetc

評価:?点(最後まで観たときに
点数をつけます)

今年の1/29にヌーヴェルヴァーグ
の重要人物ジャック・リヴェットが
亡くなった。

日本では「美しき諍い女」という
4時間の超長い作品で有名だ。
カンバスに裸体の絵ができる
様子を、淡々と映し出し、
0から1になる様子を捉えた
凄い作品である。

そんなリヴェット監督が
12時間40分の作品を作っていたのを
ご存じだろうか?

1971年に作られた本作は、
ある演劇の即興性にフォーカスを
当てた作品。1968年の5月革命の
熱気をまとった、
まさに映画を超えた1本(アウトワン)
な作品だ。

ゴダールが、「気狂いピエロ」や
「はなればなれに」
等の作品で
常に映画の常識を破ることを
していたが、他のヌーヴェルヴァーグ族
もしきりに映画の壁を越えようとしていた。

日本では、未DVD化で極まれにしか観られない
幻の作品だが、今回フランスの知り合いから
DVDを入手したのでレポートします。

日本も今回の追悼に合わせて
DVD化していただきたいものです。

第1話DE LILI À THOMAS
(リリからトマまで)
第2話DE THOMAS À FRÉDÉRIQUE
(トマからフレデリックまで)

エキゾチックな音楽による舞いから
本作は幕をあける。

太鼓とグァ~ンという音楽の
熱い洗礼を受ける。
冒頭から、非常に挑発的だ!
5分以上に渡る長い演目が終わると、
今度はオイディプス王の劇が始まる。

どうやら、この劇団はギリシャ神話の
再構築に挑もうとしている。

声の抑揚に力を入れ、
自分という人格を
失い、完全に役に入り込む
(=トランス状態)になろうとする。

一方で、劇団の一人の
私生活が挿入される。
やはり貧しい劇団なのか、
金を稼がなくてはならない。

青年は、「耳が不自由で、
言葉も話せません。
1フランください」
という
青い紙をカフェで配り、
騒音同然のハーモニカ演奏で
カフェの人から金をふんだくる。

金をくれないと、執拗にハーモニカで
嫌がらせをする。

ラース・フォン・トリアーの
「イディオッツ」さながら、
「障がい者」になりきることで、
社会の悪を暴こうとしていて
悪趣味だな~と感じながら、
同時にこのシーンが「演技」なのか
「本物」なのかが分からなくなってくる。

カメラがあるはずなのに、
客は一切カメラを意識しない。
ともすれば、あの本物に近い
カフェの人々は「演技」を
しているのでは?

この映画は「演技」と「本物」の
境目をどんどん薄くしていく。
この時点ですげ~なと思う。

ソドムの市?

そして、1話と2話の終盤では、
役者たちが奇声を発しながら、
バカを演じきる大団円が
幕を開ける。

延々と各数十分に渡る、
奇声と、肉体と肉体に
よるぶつかりあい。
「ソドムの市」かな?
あれっ?ギリシャ神話の劇団だったよね?
と疑問を抱き始める。

あの衝撃作「ソドムの市」が1975年の
作品なので、この作品は
その先をいって狂気を見せつけている。

「ソドムの市」以上にデカダンスな光景に
唖然、唖然である。

何故、あの演技をしなければならないのか、
これは12時間後に分かるのだろうか?
次の話に興味を抱くブンブンでした。

P.S.「演劇1・2」で分かるかな?

想田和弘の観察映画「演劇1・2」
本作の「リアル」と「演劇」の関係を
捉えている模様。
これと比較して観てみたいな~

関連項目

「アウトワン」#1
「アウトワン」#2
「アウトワン」#3
「アウトワン」#4
「アウトワン」#最終章

関連記事

【試写会/実話】「ライオン 25年目のただいま」火星から帰ってくるよりもムズい!?エクストリーム帰宅

LION/ライオン 25年目のただいま(2016) LION(2016) 監督:ガース・デイ

続きを読む

”Ç”男はこの女に時めかないわけがなかろう「イニシエーション・ラブ」

イニシエーション・ラブ 監督:堤幸彦 出演:松田翔太、前田敦子、木村文乃etc 乾くる

続きを読む

“Ç”三船敏郎をテーマにしたデンマーク映画?「ミフネ」

ミフネ(MIFUNE) 監督:ソーレン・クラーク=ヤコブセン 出演:アナス・ベアテルセン、イ

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録6「あなた自身とあなたのこと」初ホン・サンスは「君の名は。」だった…

あなた自身とあなたのこと(2016) Yourself and Yours(2016) 監督

続きを読む

“Ç”デヴィッド・ボウイ追悼映画特集「戦場のメリークリスマス」、「ハンガー」etc

2016/01/10デヴィッド・ボウイ死去 最近ブンブンの好きな音楽アーティストが 亡くなる悲しい時

続きを読む

【実話】「ラビング 愛という名前のふたり」ジェフ・ニコルズ新境地

ラビング 愛という名前のふたり(2016) LOVING(2016) 監督:ジェフ・ニコルズ

続きを読む

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

フランス映画「憎しみ(1995)」

監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ヴァンサン・カッセル、ユベール・クンデetc 最近、「10

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑