*

“Ç”「ファブリックの女王」マリメッコ創始者アルミ・ラティアの半生を演劇化!

“Ç”「ファブリックの女王」マリメッコ創始者アルミ・ラティアの半生を演劇化!

ファブリックの女王(2015)
Armi elaa!(2015)

ファブリックの女王
監督:ヨールン・ドンネル
出演:ミンナ・ハープキュラ,
ラウラ・ビルンetc

評価:55点

日本でも根強い人気を
誇るフィンランドの
マリメッコ
その創始者である
アルミ・ラティアの
半生を描いた伝記ドラマ。

監督は、元マリメッコ役員の
ヨールン・ドンネル。
マリメッコ全面協力のもと、
独特なアプローチで彼女を
見つめた作品だ。

フィンランドアカデミー賞で
脚本賞と美術賞を
獲得しました。

北欧研究会に所属する
身としてウォッチしてきたぞ~

「ファブリックの女王」あらすじ

アルミ・ラティアは、
夫が買収したオイルプリント会社
で働く内に、
ファッションビジネスを思いつく。
全財産をかけたファッションショーは
大成功。
マリメッコとして株を上場するほどの
大企業にするのだが時代に
乗れず赤字を抱え…

「スティーブ・ジョブズ」よりも演劇

当ブログでも紹介した「スティーブ・
ジョブズ(2015)
」は演劇スタイル
にすることで、一人の天才の人生を
神話化することに成功した。

同様に、本作も「演劇」テイストの作品だ。
創始者アルミ役に抜擢された
女優が、演目のリハーサルで
果たしてアルミの感情を理解
しようとする苦悩が非常に
重要になってくる。

予告編だと、全くその設定を
無視しているので、
人によっては衝撃を
受ける物語運びだ。

男尊女卑が激しい時代の為か、
なかなか夫に認めてもらえない。
成功したマリメッコ事業も
赤字を抱え、役員から
会社を追い出されそうになる。
スティーブ・ジョブズに近い
苦難を辛抱辛抱で乗り越えていく。

主演のミンナ・ハープキュラ
あまりにも魂のこもった演技を
するので熱くなる。

演技にストイックな女優という
設定なので、徹底的に
「監督、もう一度やりましょう」
と言ったり、「果たしてこの
演技でいいのだろうか」と
悩んだりする。
それが最後には、
アルミと一体化するのだ!

非常にトリッキーな作品だが、
普通の伝記物とは違い、
より一層人物の
心情に迫れる。

マリメッコ好きは是非
ヒューマントラストシネマ渋谷
に行きましょう!

おまけ:トイレの伽椰子さん

ヒューマントラストシネマ渋谷2
ヒューマントラストシネマ渋谷
↑クリックすると拡大するよ

ヒューマントラストシネマ渋谷の
トイレが今「貞子VS伽椰子」祭りと
なっている!

伽椰子推しなのか、
トイレの至る所に
伽椰子と俊雄のボヤキが書いてあります。

是非ヒューマントラストシネマ渋谷
に来たら、トイレもチェックしよう!

関連記事

“Ç”花粉症対策はエロ映画「アイズ・ワイド・シャット」から学べ!

見逃していたエロ映画「アイズ・ワイド・シャット」を入手 18歳になって以降18禁映画に目がないブン

続きを読む

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映画館では150本以上 観てい

続きを読む

フランス映画「憎しみ(1995)」

監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ヴァンサン・カッセル、ユベール・クンデetc 最近、「10

続きを読む

“Ç”MTV ムービー・アワード2015ノミネート発表!

一般人も投票できるMTV主催の映画賞 音楽専門番組MTV主催の映画賞。 1992年以降毎年4月に

続きを読む

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

空族サーガ「国道20号線」は「バンコクナイツ」への架け橋だった!

国道20号線(2007) 監督:富田克也 出演:伊藤仁、りみ、 富田克也etc 評価

続きを読む

“Ç”第35回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)発表!

クソ映画の祭典ラジー賞 毎年、アカデミー賞の前日に 行われる昨年のダメダメ映画を決まる ラジー

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑬】「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」吉永小百合リベンジマッチ

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清,高田敏江, 宮口精

続きを読む

東京国際映画祭グランプリ作品「ニーゼと光のアトリエ」2017/12/17公開

ニーゼと光のアトリエ (NISE-THE HEART OF MADNESS) 監督:ホベルト

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

ブンブンと世界のドリンク#1 デイ オブ ザ デッド IPA メキシコの土地の苦みそこにあり

新コーナー:ブンブンと世界のドリンク 毎週木曜日にアップしていた就活

【ホン・サンス特集】「3人のアンヌ」イザベル・ユペール焼酎を呑む

3人のアンヌ(2012) In Another Country(20

【ホン・サンス特集】「自由が丘で」これは加瀬亮版「ラ・ラ・ランド」であり「メッセージ」だ!

自由が丘で(2014) 자유의 언덕(2014) 監督:ホン・

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表!1位は「バンコクナイツ」

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表! 下半期も始まって1

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑