*

“Ç”【ダイジェスト】第69回カンヌ国際映画祭授賞式

“Ç”【ダイジェスト】第69回カンヌ国際映画祭授賞式

カンヌ国際映画祭授賞式が終わって…

昨日の20時半に寝て、
2時起き、フランスの
CANNAL+のwebサイトから
待ちに待った授賞式を観る。

今年は海外批評家評を観ようと、
SCREEN INTERNATIONAL
張っていたのだが、
ドランにショーン・ペンが
炎上、アルモドバルも反応
が微妙と来た。

その代わりに、
ジャームッシュの「PATERSON」と
ポール・バーホーベンの「ELLE」

全くパルムドール向きではないのに
批評家大絶賛。

その渦中に巻き込まれ、
イランの新鋭アスガル・ファルファディ
の「THE SALESMAN」

ホントウに上映されたのかと思うほど
微妙な反応でした。

しかし、蓋を開けてみると、
昨年の「ディーパンの闘い」同様
批評家の評判に反する結果となった。

それでは画質は悪いのですが
ダイジェストと行きましょう。

カメラドール「DIVINES」組の演説

カンヌ国際映画祭
まず、カメラドールの発表から
始まった。
HOUDA BENYAMINAさんが演説を
したのだが、感動のあまり長い。

あまりの長さに、
4時まで発表がかかるのかなと
不安になる。

ジャン=ピエール・レオ登場

カンヌ国際映画祭3
トリュフォーの分身といわれ、
ヌーヴェルヴァーグの代表役者として
生きたジャン=ピエール・レオ
名誉賞を受賞。
まだ生きていたのかと
不覚にもびっくり!
現在72歳とのこと。

音楽メドレー

カンヌ国際映画祭4
「シェルブールの雨傘」や
「オール・ザット・ジャズ」、
「パルプ・フィクション」

懐メロをメドレー演奏。

もうちょっと一曲一曲
聴かせて欲しかったな~

遂に授賞式

ムンジウ
ドラン
そして遂に本番の授賞式。
まさか「Julieta」のEmma Suárezや
「ELLE」のイザベル・ユペール、
「TONI ERDMAN」のサンドラ・フラーと
強敵が多すぎる中、
フィリピン映画「MA’ROSA」のJaclyn Jose
受賞。マニラのスラム街を
生きる女性を熱演し受賞したのだが、
まさか受賞するとは思ってもなかったらしく
号泣。

同様に、遂にグランプリを受賞した
グザヴィエ・ドランも
あんだけ批評家に叩かれ、
コンペの中でショーン・ペンに
次ぐ酷評だったので予期せぬ
受賞に号泣。

一方、イランの新鋭アスガル・ファルファディ
の「THE SALESMAN」は、
コンペ進出発表時期から、
追加参戦と地味な境遇。

コンペ中も直前にショーン・ペンの
「THE LAST FACE」が誰も褒める人の
いない大炎上。
さらにはゲテモノ枠のバーホーベン
が異常な大絶賛と
完全に陰日向に追いやられていた。

しかし、結果的に
脚本賞と男優賞を受賞し
嬉しそうでした。

そして
ジョージ・ミラーと
メル・ギブソン
が読み上げる
パルムドールは
引退を撤回したケン・ローチが
イギリスの社会保障について
描いた「I,Daniel Blake」だ。
毎回重いテーマに挑む
ケン・ローチの真骨頂として
評判の本作が受賞。
・アルフ・シェーベルイ 
(スウェーデン、1946年『もだえ』、1951年『令嬢ジュリー』)
・フランシス・フォード・コッポラ 
(アメリカ、1976年『カンバセーション…盗聴…』、
1979年『地獄の黙示録』)
・今村昌平(日本、1983年『楢山節考』、
1997年『うなぎ』)
・エミール・クストリッツァ 
(セルビア、1985年『パパは、出張中!』、
1995年『アンダーグラウンド』)
・ビレ・アウグスト
(デンマーク、1988年『ペレ』、
1992年『愛の風景』)
・ダルデンヌ兄弟
(ベルギー、1999年『ロゼッタ』、
2005年『ある子供』)
・ミヒャエル・ハネケ
(オーストリア、2009年『白いリボン』、
2012年『愛、アムール』 )

に並ぶ8人目のパルムドール
2度受賞者
となった。

残念ながら有力候補の
ジェフ・ニコルズ最新作
「LOVING」は無冠。
アカデミー賞での検討を祈る。

それにしても、
ジャームッシュがパルムドッグ
しか獲れなかったのは残念だったな~
無論、賞を獲りそうな作品ではないのだがw

関連記事

『顔たち、ところどころ』日本公開9月アニエス・ヴァルダのアートツアー

顔たち、ところどころ(2017) 原題:Visages Villages 英題:Faces Pl

続きを読む

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭 10/25~11/3開催! 今年も東京国際映画祭の シーズンがやっ

続きを読む

CHE BUNBUN戦争映画ベストテン!一位は「炎628」

はてなブログ企画! 戦争映画ベストテン! はてなブログで今、 「男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベス

続きを読む

映画芸術2016ベスト&ワースト映画! ワーストは「怒り」 そしてベストは…

2016年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術の ベストテン及び

続きを読む

『夜の浜辺でひとり』ホン・サンス×キム・ミニ偏愛映画第一弾

夜の浜辺でひとり(2017) On the Beach at Night Alone(2017)

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

第68回ベルリン国際映画祭(2018)注目作品紹介 キム・ギドク新作にまさかのチャン・グンソク!

第68回ベルリン国際映画祭(2018)注目作品紹介 今年もベルリン国際映画祭の季節がやってきました

続きを読む

【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界

ナッシングウッドの王子(2017) NOTHINGWOOD(2017) 監督:ソニア・クロン

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画、長編ドキュメンタリー、長編アニメーション~

第89回アカデミー賞受賞予想① 今年もアカデミー賞のシーズンが やってきましたので、 順次予想

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑