*

“Ç”【予想】第69回カンヌ国際映画祭大予想!ドラン、アルモドバル撃沈か…?

“Ç”【予想】第69回カンヌ国際映画祭大予想!ドラン、アルモドバル撃沈か…?

パルムドールは誰の手に?

いよいよ、明日未明、
パルムドールが発表されます。
今年のカンヌ国際映画祭は、
開催前の批評家予想では、
グザヴィエ・ドラン、
ペドロ・アルモドバル、
クリスティ・プイウが
強烈支持されていたのだが、
ふたを開けてみると、
ドランとアルモドバルの
評価が微妙。
クリスティもScreen International
の批評家評は若干微妙…

反対に、ドイツの無名監督
マレン・アデ「TONI ERDMANN」が
大好評となっている。

またカンヌの常連ジャームッシュと
ジェフ・ニコルズも好評で
彼らの方がパルムドールが
近いと話題に…
そこで今年は
カンヌ国際映画祭大予想
をします。

第89回カンヌ国際映画祭受賞予想

パルム・ドール:「LOVING」

既にアカデミー賞作品賞と
名高いジェフ・ニコルズ最新作。
「テイク・シェルター」「MUD」と
アート系B級映画でカンヌを
中心に注目を集めていた監督だけに、
さらにテーマも実話もの。
1958年アメリカのバージニア州で
異人種間結婚をしていたため
逮捕された夫婦が、
1967年まで闘い、最高裁で違憲を
勝ち取った感動話だ。

カンヌらしいアート映像と
重い社会派ストーリーは受け入れ
られるのでは?

最有力候補のジャームッシュ映画は
いつも通りのジャームッシュワールドで、
社会的メッセージもさほどなさそうなため
パルムドールはこいつだろう。

グランプリ:「TONI ERDMANN」

「恋愛社会学のススメ」で
ベルリン国際映画祭
審査員グランプリを受賞している
マレン・アデの作品が
批評家大絶賛。
ただ、キャリア的にまだまだ
パルムドールに及ばないので
こちらの賞に追いやられるのでは
とみた。
ビジネスコンサルトの女が
お父さんの嫌がらせに
四苦八苦する様子を描いた
3時間弱の作品。
日本も権利を買えたようなので
年末あたりに公開できるかも。

監督賞:ジム・ジャームッシュ

ジャームッシュの「PATERSON」が
批評家に大好評!
…とはいえ、いつも以上に
たいした事件も起きません。
バス運転手のポエムライフを
淡々と描く作品だ。
劇中に出てくる犬が
面白いらしく、
パルムドッグも獲れる予感がする。

脚本賞:クリスティ・プイウ

ルーマニアはさりげなく強かったりする。
批評家予想でも、ドラン、アルモドバル
の次にプイウさんの名前があった。
「Sierranevada」
宗教議論映画なので、
脚本賞は十分狙えるでしょう。

女優賞:Emma Suárez

アルモドバルの「Julieta」は
作品自体の評判は微妙なのだが、
親子の関係の喪失による
苦しみを熱演した
Emma Suárezは
受賞できるのではとみている。

男優賞:Dave Johns

カンヌ常連ケン・ローチが
引退を撤回して作った「I, Daniel Blake」
が渾身の作品とのこと。
病気で国の福祉に頼らざる
えなくなった大工の哀愁を
演じたDave Johnsの
演技が評価されるのでは?

審査員賞:「Aquarius」

3大映画祭初進出の
Kleber Mendonça Filho監督作。
アパートの立ち退きを迫られた
人の苦難を描いた話。
2年前の「裁かれるは善人のみ」
に近い作品。
批評家評判も高いことから
狙える。

関連記事

【したこめ映画秘宝まつり①】「グリーン・ルーム」いやらしさ倍増版「わらの犬」

第9回したまちコメディ映画祭 映画秘宝まつりに行ったよ! 先週の金曜日から今日まで 開

続きを読む

“Ç”ラジー賞発表目前特集「ミュータント・タートルズ」凶悪ヒロイン、彼女に中東いかせるなかれw

ラジー賞とは アカデミー賞の前日に 行われるクソ映画の祭典 ゴールデンラズベリー賞。 英語の

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~男優賞編~ディカプリオ、スタローン獲れるぞ!

主演男優賞 ・マット・デイモン「オデッセイ」 2016/2/5(金)TOHOシネマズ日本橋他

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「彼方から」金獅子賞受賞のベネズエラ産ゲイ映画

彼方から(2015) Desde allá/FROM AFAR(2015) 監督:ロレンソ・

続きを読む

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017) 英題:Let the Sunshine In 原題

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

撮影賞 ・エド・ラチマン「キャロル」 ・ロバート・リチャードソン「ヘイトフル・エイト」 ・

続きを読む

2016年ブンブン映画ベストテン(新作洋画編) 1位は「痛ましき謎への子守唄」

2016年ブンブン映画ベストテン (新作洋画編) 今年は、 劇場公開の新作洋画が 不作で

続きを読む

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017) 原題:方繡英 英題:Mrs. Fang 監督:ワン・ビン 出演:

続きを読む

【隠れたアカデミー賞候補作】「13th-憲法修正第13条-」、「バース・オブ・ネイション」公開延期になった今観るべきドキュメンタリー

13th-憲法修正第13条-(2016) 13th(2016) 監督:エヴァ・デュヴァルネ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑