*

“Ç”【ネタバレ解説】「ズートピア」実はガチな警官バディもの!侮るなかれ

“Ç”【ネタバレ解説】「ズートピア」実はガチな警官バディもの!侮るなかれ

ズートピア(2016)
ZOOTOPIA(2016)

ズートピア2
監督:リッチ・ムーア
日本語吹き替え:上戸彩、森川智之etc

評価:75点

映画ファンの集い等で
多くの映画好きから
「ズートピア」ヤバい!
冒頭10分で泣いたという
お言葉を受け、
ブンブン不可避と
思いTOHOシネマズ西新井
で観てきました。

8:25の早朝回だったので、
お客さんは親子連ればかりだったが…
マジで面白かったです!!!!
ブンブンが一番爆笑していたかなw

なんたって、日本の予告編は
全く本作の良さを伝えていない。
映画好きもちびっ子も満足できる
黄金比脚本で描く素晴らしい作品でしたぞ!

ってことで、これから
「ズートピア」の小ネタを
解説します。
未見の方でも今回は、
支障の無いネタバレに
なっていますが、
一応自己責任で閲覧願います。

「ズートピア」あらすじ

かつては肉食動物と
草食動物がいがみ合っていた社会だったが、
ズートピアが出来たことで互いに
仲良く暮らしている。

ズートピア郊外に住む田舎出身の
うさぎの女の子ジュディは
警察官になることを夢見ていた。

周りの反対を押し切り、
無事うさぎ初の警官に
なったのだが…

主軸は一応差別ダメ!ゼッタイ!

本作は、現在ヨーロッパのテロや
トランプさんの差別発言など、
現代大問題になっている人種間軋轢
に対するジャスティスを下す
プロパガンダ映画となっている。

↑差別、ダメ、ゼッタイってことで
ふとこの曲が浮かんだ。

肉食動物も草食動物も手を取り合おう!
女性だけれども警官になれる。
草食動物のうさぎだって警察官になれる
と子どもに勇気を与えてくれる。

子ども向け映画にも関わらず、
うさぎの女の子のジュディの
両親がレイシストなあたりの
ハード描写がなかなか凄かったりします。

しかし、ただ単に陳腐な人種問題映画を
作る程ディズニーは落ちぶれては
いない。子連れ客の親が楽しめる
よう、特にパパさんが楽しめるよう
昔の刑事モノ、バディものの
パロディ、オマージュが
散りばめられているのだ。

その小ネタについて言及するぞ!

小ネタ1:「48時間」

ニック・ノルティとエディ・マーフィによる
バディ映画。
コワモテ警官とチンピラがまさかのタッグを
組み、48時間で事件を解決する
下りをそのまま引用。
うさぎさんも、きつねさんと一緒に
48時間で難事件を解決させます。

小ネタ2:「スピード」

後半の暴走列車でのアクションの
構成が非常に「スピード」終盤の
列車パートと酷似していることから
恐らく意識したであろう。

他にも警察バディ映画として、
「リーサル・ウェポン」や
「ダイ・ハード3」、
「ラッシュ・アワー」
などを
意識した脚本運びだったりするので、
筋肉映画好きは次第にテンション上がってきます。

小ネタ3:「アナと雪の女王」

劇中にアナとエルサのコスプレを
した動物がいたり、
「ありのままの~」を皮肉った台詞
を言ったりする。

また、後半で「アナと雪の女王」や
「塔の上のラプンツェル」などの
海賊版を販売する悪徳業者の
シーンを入れるなど、
本作は攻めたセルフパロディ
を繰り出します。

小ネタ4:「ブリジット・ジョーンズの日記」

前田有一さんも指摘しているのですが、
ジュディが一日目の仕事に
がっかりし、おもむろに曲をかけると
「ブリジット・ジョーンズの日記」で
の鬱ソングAll By Myself
流れる。

脚本の案配がすごい!

こんなにもコアなネタが詰まっているのに、
劇場ではちびっ子たちの笑い声が
耐えなかった。

べたなギャグも間に挟み、
アクションもなかなか。
それでもって、事件の黒幕も
一切妥協することなく描いて
いるので大人も子どもも
楽しめる作品と言えよう。

デートで行くなら
間違いなく「ズートピア」!
間違っても「アイ・アム・ア・ヒーロー」
を観に行かないように注意だぞ!

P.S.本作を観ると、
ジュディの持っていたにんじん型
ペンが欲しくなったぞww

↑主題歌のTry Everything。
シャキラの大陸感溢れるボイスに注目。

関連記事

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

“Ç”【続編出るってよ】「ちはやふる 下の句」103分の密度がヤバイ!

ちはやふる 下の句(2016) 監督:小泉徳宏 出演:広瀬鈴、 野村周平、真剣佑、上白石萌

続きを読む

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

マイン・インターン(2015) The Intern(2015) 監督:ナンシー・マイヤーズ

続きを読む

【実話】11/14公開「エディ・ザ・イーグル」吹っ切れたバカは清々しい!

北欧旅行で観た映画6: エディ・ザ・イーグル(2016) EDDIE THE EAGLE(201

続きを読む

「海は燃えている」アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート経済難民の真実

海は燃えている  イタリア最南端の小さな島(2016) Fuocoammare(2016)

続きを読む

”Ç”ピエロって怖いよねー「クラウン」フェイク予告編がまさかの映画化!

クラウン(CLOWN) 監督:ジョン・ワッツ 出演:アンディ・パワーズ、ローラ・アレンetc

続きを読む

“Ç”新キャラ登場!「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」

アナと雪の女王まだまだキテル! 昨年、「LET IT GO」が世界的に大ブーム。 よくよく考

続きを読む

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

灼熱(ZVIZDAN) 監督:ダリボル・マタニッチ 出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・

続きを読む

“Ç”リース・ウィザースプーンの若かれし頃「ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!」

「わたしに会うまでの1600キロ」来月公開! 来月8/28に、TOHOシネマズシャンテで 「ダラス

続きを読む

“Ç”「リトル・ダンサー」と間違えてる人、ドキュメンタリーですぞ!「バレエボーイズ」

バレエボーイズ(Ballet Boys) 監督:ケネス・エルベバック 出演:ルーカス・ビヨル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

第89回アカデミー賞受賞予想⑧~その他技術賞~

第89回アカデミー賞受賞予想8 今回は、撮影賞、編集賞、 録音賞、

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7 ついに、アカデミー賞予想も大詰め!

第67回ベルリン国際映画祭(2017)受賞結果 金熊賞はハンガリー版君の名は。「Teströl és lélekröl」

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: Teströl és

第89回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第89回アカデミー賞受賞予想6 今回は意外と物語を形作る上で 重要

第89回アカデミー賞受賞予想⑤~美術・衣裳デザイン・メイクアップ賞~

第89回アカデミー賞受賞予想5 今回は、映画を盛り上げる 裏方美術

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑