*

“Ç”【ネタバレ解説】「ズートピア」実はガチな警官バディもの!侮るなかれ

“Ç”【ネタバレ解説】「ズートピア」実はガチな警官バディもの!侮るなかれ

ズートピア(2016)
ZOOTOPIA(2016)

ズートピア2
監督:リッチ・ムーア
日本語吹き替え:上戸彩、森川智之etc

評価:75点

映画ファンの集い等で
多くの映画好きから
「ズートピア」ヤバい!
冒頭10分で泣いたという
お言葉を受け、
ブンブン不可避と
思いTOHOシネマズ西新井
で観てきました。

8:25の早朝回だったので、
お客さんは親子連ればかりだったが…
マジで面白かったです!!!!
ブンブンが一番爆笑していたかなw

なんたって、日本の予告編は
全く本作の良さを伝えていない。
映画好きもちびっ子も満足できる
黄金比脚本で描く素晴らしい作品でしたぞ!

ってことで、これから
「ズートピア」の小ネタを
解説します。
未見の方でも今回は、
支障の無いネタバレに
なっていますが、
一応自己責任で閲覧願います。

「ズートピア」あらすじ

かつては肉食動物と
草食動物がいがみ合っていた社会だったが、
ズートピアが出来たことで互いに
仲良く暮らしている。

ズートピア郊外に住む田舎出身の
うさぎの女の子ジュディは
警察官になることを夢見ていた。

周りの反対を押し切り、
無事うさぎ初の警官に
なったのだが…

主軸は一応差別ダメ!ゼッタイ!

本作は、現在ヨーロッパのテロや
トランプさんの差別発言など、
現代大問題になっている人種間軋轢
に対するジャスティスを下す
プロパガンダ映画となっている。

↑差別、ダメ、ゼッタイってことで
ふとこの曲が浮かんだ。

肉食動物も草食動物も手を取り合おう!
女性だけれども警官になれる。
草食動物のうさぎだって警察官になれる
と子どもに勇気を与えてくれる。

子ども向け映画にも関わらず、
うさぎの女の子のジュディの
両親がレイシストなあたりの
ハード描写がなかなか凄かったりします。

しかし、ただ単に陳腐な人種問題映画を
作る程ディズニーは落ちぶれては
いない。子連れ客の親が楽しめる
よう、特にパパさんが楽しめるよう
昔の刑事モノ、バディものの
パロディ、オマージュが
散りばめられているのだ。

その小ネタについて言及するぞ!

小ネタ1:「48時間」

ニック・ノルティとエディ・マーフィによる
バディ映画。
コワモテ警官とチンピラがまさかのタッグを
組み、48時間で事件を解決する
下りをそのまま引用。
うさぎさんも、きつねさんと一緒に
48時間で難事件を解決させます。

小ネタ2:「スピード」

後半の暴走列車でのアクションの
構成が非常に「スピード」終盤の
列車パートと酷似していることから
恐らく意識したであろう。

他にも警察バディ映画として、
「リーサル・ウェポン」や
「ダイ・ハード3」、
「ラッシュ・アワー」
などを
意識した脚本運びだったりするので、
筋肉映画好きは次第にテンション上がってきます。

小ネタ3:「アナと雪の女王」

劇中にアナとエルサのコスプレを
した動物がいたり、
「ありのままの~」を皮肉った台詞
を言ったりする。

また、後半で「アナと雪の女王」や
「塔の上のラプンツェル」などの
海賊版を販売する悪徳業者の
シーンを入れるなど、
本作は攻めたセルフパロディ
を繰り出します。

小ネタ4:「ブリジット・ジョーンズの日記」

前田有一さんも指摘しているのですが、
ジュディが一日目の仕事に
がっかりし、おもむろに曲をかけると
「ブリジット・ジョーンズの日記」で
の鬱ソングAll By Myself
流れる。

脚本の案配がすごい!

こんなにもコアなネタが詰まっているのに、
劇場ではちびっ子たちの笑い声が
耐えなかった。

べたなギャグも間に挟み、
アクションもなかなか。
それでもって、事件の黒幕も
一切妥協することなく描いて
いるので大人も子どもも
楽しめる作品と言えよう。

デートで行くなら
間違いなく「ズートピア」!
間違っても「アイ・アム・ア・ヒーロー」
を観に行かないように注意だぞ!

P.S.本作を観ると、
ジュディの持っていたにんじん型
ペンが欲しくなったぞww

↑主題歌のTry Everything。
シャキラの大陸感溢れるボイスに注目。

関連記事

“Ç”これはアダム・サンドラー映画だ気をつけろ!「ピクセル」

ピクセル(PIXEL) 監督:クリス・コロンバス 出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ

続きを読む

“Ç”田舎ひとりぼっち「プロミスト・ランド」置いてけぼり役者マット・デイモンの魅力

プロミスト・ランド(2012) PROMISED LAND(2012) 監督:ガス・ヴァン・

続きを読む

“Ç”園子温絶賛!昭和アニメソング流れる異色スペイン映画「マジカル・ガール」

マジカル・ガール(2014) MAGICAL GIRL(2014) 監督:カルロス・ベルムト

続きを読む

「ZOO(ピーター・グリーナウェイ)」食事中にゼッタイに観ないでください!

ZOO(1985) 監督:ピーター・グリーナウェイ 出演:アンドレア・フェレオル、 ブライ

続きを読む

「聖の青春」村山聖VS羽生善治の静かな闘いを疑似体験

聖の青春(2016) 監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、 東出昌大、染谷将太etc

続きを読む

“Ç”ソレンティーノに影響与えた??「シシリーの黒い霧」

シシリーの黒い霧(1961) Salvatore Giuliano(1961) 監督:フラン

続きを読む

「白夜と配達人」コンチャロフスキーが送る郵便配達人物語

白夜と郵便配達(2014) Belye nochi pochtalona Alekseya T

続きを読む

“Ç”フランス映画「穴 Le Trou(1960)」危険過ぎて冷や汗脱獄映画

穴(1960) Le Trou(1960) 監督:ジャック・ベッケル 出演:ジャン=ケロデ

続きを読む

“Ç”バレンタインに彼女と観てはいけない映画5選

バレンタイン!映画観る? もうすぐ、バレンタイン! 彼氏、彼女持ちは何するか 決めたかな?

続きを読む

【ネタバレなし】「セルフ/レス 覚醒した記憶」美しきターセム世界

セルフ/レス 覚醒した記憶(2015) SELF LESS(2015) 監督:ターセム・シン 出演

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑