*

“Ç”ブルース・ダーンの若かれし頃「サイレント・ランニング」

“Ç”ブルース・ダーンの若かれし頃「サイレント・ランニング」

サイレント・ランニング(1972)
Silent Running(1972)

サイレントランニング
監督:ダグラス・トランブル
出演:ブルース・ダーン

評価:75点

皆さん、ブルース・ダーンって
俳優ご存じですか?
そう、「ネブラスカ」とか
「ヘイトフル・エイト」に
出ている、ちょっと可哀想な
おじいさん役が多い俳優です。
ブルースダーン ネブラスカ
ブルースダーン ヘイトフルエイト
そんな彼が若かれし頃に
出演したB級映画がある。
それが「サイレント・ランニング」だ!
ブルースダーン サイレント
監督は「2001年宇宙の旅」
「ブレード・ランナー」等数々の
名作SF映画の特撮を手がけた
ダグラス・トランブル
しかし、劇中のほとんどが
ブルース・ダーンが
ロボットと戯れるだけという
シュールな映画だ。
今回、ディスクユニオン新宿店で
800円ぐらいで買ってきたので
紹介するぞ~

「サイレント・ランニング」あらすじ

地球の植物が全滅し、
宇宙でかすかな植物を保存している遙か未来。
植物管理船で働く従業員に
地球からあるメッセージが届く。
それは計画の失敗に伴う、
宇宙船内の植物破棄の命令だった。

みんな諦めモードで
植物破棄の作業に移る中、
植物に愛着のある従業員は発狂。
仲間を殺して宇宙の彼方へ
逃亡するのだった…

うあぁぁぁぁぁ!

本作は、宇宙独りぼっち映画である。
そう聞くと、常にポジティブシンキングで
困難を乗り越える宇宙飛行士を描いた
「オデッセイ」を思い浮かべるが、
本作は180度違う。

「インターステラー」に出てきた
発狂する博士目線。
そう、頭のおかしい人目線で
描いた宇宙独りぼっち映画なのだ!

なので、前半からクライマックスだ!
「俺は植物を守るんだもん!」
と発狂した宇宙飛行士が斧で
爆発崩壊しかけのドーム内で
味方を殺害。
そして、しょぼいロボット
と一緒に逃亡するのだ!

「ネブラスカ」や
「ヘイトフル・エイト」
のブルース・ダーン
の強いので、
本作の彼は非常に新鮮だ!

そして、宇宙独りぼっち
になってからの彼の演技が
これまた凄い!

独りじゃ寂しいからと、
ロボットにポーカーを
教えようとする。
上手くいかないと、
ロボットにキレはじめるのだ。

また、宇宙船修理にロボット
3体向かわせるものの、
一体が宇宙の彼方へ
吹っ飛ばされてしまった
時の彼の哀しそうな
顔にまた狂気を感じる。

そして、狂気、
狂気、狂気
の末に
救いがあるのかと
思いきや…切ない
音楽と共に狂気で
終わるのだw

昔はよくテレビで
放送されていたのだが、
今となっては、
もはや狂気過ぎて
なかなかテレビで
観ることのできない
レア作になっている。

TSUTAYAとかで
見かけた際は
縁だと思って
借りてみてはどうでしょうか?

関連項目

「ヘイトフル・エイト」感想
「ネブラスカ」感想
「オデッセイ」感想
「インターステラー」感想

関連記事

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992) 監督:根岸吉太郎 出演:田原俊彦, 豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

続きを読む

制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

ブンブンの留学先での帰国レポート テーマは「映画館学」。 やたらと高い日本の映画料金

続きを読む

“Ç”映画化決定!就活生震撼のホラー小説「何者」

映画化決定!「何者」 先日我が法政大学の月刊誌を読んだ。 毎度、この時期の「法大生に読まれて

続きを読む

”Ç”アイルランドのアニメってどんなん?「Song of the Sea~海の歌」

Song of the Sea~海の歌 監督:トム・ムーア 出演:デヴィッド・ラウル、ブレン

続きを読む

“Ç”【大人の自由研究】「白昼スワップ 午後の欲情」日本人ビジネスマン登場!

白昼スワップ 午後の欲情(1975) Der må være en sengekant(1975)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】パルムドール監督ケン・ローチの作品「天使の分け前」が衝撃的な件

天使の分け前(2012) The Angels' Share(2012) 監督:ケン・ローチ

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

ヘルシンキの映画館: Finnkino Kinopalatsi フィンランド・ヘルシンキに行

続きを読む

“Ç”これはアダム・サンドラー映画だ気をつけろ!「ピクセル」

ピクセル(PIXEL) 監督:クリス・コロンバス 出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑