*

“Ç”「グランドフィナーレ」公開記念「きっとここが帰る場所」

“Ç”「グランドフィナーレ」公開記念「きっとここが帰る場所」

きっとここが帰る場所(2011)
THIS MUST BE THE PLACE(2011)

this must be thr place
監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:ショーン・ペン、
フランシス・マクドーマンドetc

評価:70点

今週末4/16より公開の
パオロ・ソレンティーノ
最新作「グランドフィナーレ」。
当ブログでも紹介した
追憶のローマ」と彼の
作風は浮遊感のある映像に
味わい深い音楽で「人生」
を包む作風で有名である。

そんな彼の
「きっとここが帰る場所」
を今回扱います。
「グランドフィナーレ」を
観る前の予習にいかが?

「きっとここが帰る場所」あらすじ

時代に取り残された、
引きこもりのロックシンガー。
ある日、疎遠だった父の危篤の
知らせを受ける。
飛行機恐怖症の彼は、
船で向かうと父は亡くなっていた。
哀しみに暮れるロックシンガーに
父は「ナチスの残党を探してくれ」
とのメッセージを残していた。
かくして彼はアメリカ横断の
旅に出るのであった…

ドラッグ・クイーンではありません

きっとここが帰る場所
冒頭、ショーン・ペン扮する
奇抜な格好ロックシンガーが
皆に笑われて鬱になる
シーンがずっと続く。

一見すると、ドラッグ・クイーン
かな?と思うのだが、
彼は「時代に取り残された
ロックシンガー」っていう
設定だそうです。

音楽ファッションって下手すると、
時代遅れで「ダサイ」ってなってしまう。
その世間的に「ダサイ」って
なってしまったファッションに
アイデンティティを持ってしまっている
が故の苦悩が描かれている。

常に自堕落、破滅的な生活を
贈っている彼が
「外」に出ざる負えない状況。
「父の死」。
これによってアメリカ横断するのだが、
この道中がこれまた味わい深い。

サカナクションのライブ
彷彿させる、コンサートに出向いたり、
カフェで卓球対決をしたり、
ってか旅に出る目的が
ナチスの残党捜しって時点で
特殊すぎるw

そんな特殊な道中なんだけれども、
旅を通じて段々
自分の内面の殻を破っていく
様子が感動的で共感する。

特に、ラストに魅せる
美しすぎるショーン・ペンの
笑みに全身痺れました!

「グランドフィナーレ」では
どんな人生の物語を
魅せてくれるのか楽しみである(*^_^*)

↑劇中に流れるNaive Melodyの
「Taking Heads」がこれまた
聴かせるんだよね~

サントラがほしくなる
スコアの数々にも注目だ!

関連記事

”Ç”フランス感ゼロ ファンタジー「ムーラン・ルージュ」

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!) 監督:バズ・ラーマン 出演:ユアン・マクレガー、

続きを読む

“Ç”劇場版テレクラキャノンボール2013 東京で観る最後のチャンス⁉︎

映画芸術ベスト5位のAV 皆さん、映画芸術ベストテンって ご存知ですか? そう、キネマ旬報ベスト

続きを読む

”Ç”カタツムリ、レーシングカーに喧嘩を売るww「ターボ」

ターボ(TURBO) 監督:デビッド・ソーレン 声の出演:ライアン・レイノルズ、ポール・ジア

続きを読む

“Ç”アカデミー賞最有力「キャロル」予習!「太陽がいっぱい」を観る

太陽がいっぱい(PLEIN SOLEIL) 監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン、マリ

続きを読む

”Ç”アイアンマン、天然危険物に認定「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」

アベンジャーズ公開日! 今日はみなさん、お待ちかね! 「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン

続きを読む

“Ç”第73回ゴールデングローブ賞発表えっつ、れっレヴェナント??有力候補「スポットライト」「マッドマックス」落選

ゴールデングローブ賞受賞発表! アカデミー賞最大の前哨戦にあたる ゴールデングローブ賞の受賞結果

続きを読む

【70年代デンマークエロ映画研究】「痴情の沼」カメラ男VS女2人

痴情の沼(1970) WHIRLPOOL(1970) 監督:サム・ロンバーク 出演:カール

続きを読む

【試写会/実話】「ライオン 25年目のただいま」火星から帰ってくるよりもムズい!?エクストリーム帰宅

LION/ライオン 25年目のただいま(2016) LION(2016) 監督:ガース・デイ

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑫】「男はつらいよ 私の寅さん」これぞ日本のホームアローン!

男はつらいよ 私の寅さん(1973) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 前田武彦, 津川雅

続きを読む

“Ç”留学前に留学映画「スパニッシュ・アパートメント」

留学前にどうしても観たかった映画があった。中2の時に留学したくなるきっかけを作った作品だ。 その

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

ブンブンと世界のドリンク#1 デイ オブ ザ デッド IPA メキシコの土地の苦みそこにあり

新コーナー:ブンブンと世界のドリンク 毎週木曜日にアップしていた就活

【ホン・サンス特集】「3人のアンヌ」イザベル・ユペール焼酎を呑む

3人のアンヌ(2012) In Another Country(20

【ホン・サンス特集】「自由が丘で」これは加瀬亮版「ラ・ラ・ランド」であり「メッセージ」だ!

自由が丘で(2014) 자유의 언덕(2014) 監督:ホン・

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表!1位は「バンコクナイツ」

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表! 下半期も始まって1

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑