*

“Ç”【ネタバレ・解説】あの元ネタはこれですよ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

“Ç”【ネタバレ・解説】あの元ネタはこれですよ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997)

名探偵コナン2
監督:こだま兼嗣
出演:高山みなみ,
山崎和佳奈,神谷明etc

評価:70点

昨日、金曜ロードショー
劇場版名探偵コナンの
第1作目が放送されていた。

第1作目は1997年
作られたと
思うと時の流れは
早いなーと切なくなってしまいましたw

さていざ、観てみると、
映画好きはぴん!と来る
ところがいくつかあったので
紹介します。

「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」
あらすじ

日本映画界の大ヒットコンテンツ
名探偵コナンの劇場版第1作。

有名建築家・森谷帝二のパーティ
に呼ばれるコナン一行。
パーティでコナンは、
先日殺害された黒川大造
の豪邸の設計を
森谷が担当していることを知る。

そんな矢先に、連続爆弾事件が発生し…

実質3本立て

本作は劇場版第1作、
マーケティングは子どもって
こともあってか、95分
という短い時間の中に
3つの事件をねじ込む
堅実設計になっている。

ここで起きる事件は3つだ
1.黒川邸殺人事件
2.森谷帝二の謎
3.爆弾魔現る

そして、3の爆弾魔の
話だが映画好きはぴん!と
来る3つの映画からの
ネタをそのまま
流用している。

流用1:「ダイハード3」

コナンが、爆弾魔に
次々と爆破予告を
伝えられて、
その都度謎解きするって下り、
1995年に「ダイハード3」
が公開されたことを考えると、
ここからネタを拝借している
のではと考えられる。

流用2:「新幹線大爆破」

後半、少年探偵団が乗る
JR(劇中では一応TRになっている)
在来線数10線が、時速60km以下になると
爆発する事態になる。

これって、もろ「新幹線大爆破」
のプロットそのものだ。
事態解決法も、
ルート切り替えとまんまだ。

とは言え、このプロットが
面白いのは間違いない。
JR線になろうと
面白さは変わりませんでしたw

流用3:「ジャガーノート」

ラストの「赤か?青か?」
時限爆弾の緊迫の線切りシーン。
これの元ネタは「ジャガーノート」
である。

爆弾魔との最終決戦で、
このプロットが使われた。
今となっては時限爆弾ものの
鉄板プロットだが、
「ジャガーノート」制作陣も
まさかここまで流用されるとは
思ってもいなかったであろう。

流用しても面白い

ぱくりに近いほど、
いろんな映画から
プロットそのまま使っているのだが、
どうも憎めないのが本作の凄い
ところだ。

恐らく、それはコナンを始め、
登場人物をしっかりと描いている
からこそ出来る業と言える。

コナンの蘭姉ちゃんに
対する葛藤、
少年探偵団の間抜けっぷり、
95分という短い
時間に沢山の人の
人間関係を構築していく。

さらに劇場版1作目
ってことで、事前知識を
教えるシーンに時間を
かける必要があるが、
無駄なくねじ込んでいる
ところが凄い!
幼少期までは、
「顔がデカくてきもい」!と
苦手だった名探偵コナンだが、
好きになったぞ(*^_^*)

ちなみに最新作「純黒の悪夢」
は4/16より全国にて公開ですぞ~

関連記事

“Ç”映画ファンの集い試写会②コンビニバイトを覚醒…おい、ちょっと待て!「エージェント・ウルトラ」

エージェント・ウルトラ(2015) American Ultra 監督:ニマ・ヌリザテ 出

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「パターソン」ジャームッシュ版深夜食堂※ネタバレなし

パターソン(2016) PATERSON(2016) 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ア

続きを読む

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

“Ç”やくざ、三つ星シェフ目指す「二ツ星の料理人」ブラッドリークーパー、病み役多しw

二ツ星の料理人(2015) BURNT(2015) 監督:ジョン・ウェルズ 出演:ブラッドリー・ク

続きを読む

【ネタバレ解説】「この世界の片隅に」能年玲奈こと”のん”が覚醒!ムシ描写からみる某カルト映画との共通点

この世界の片隅に(2016) 監督:片渕須直 声の出演:のん、 細谷佳正、稲葉菜月、 小

続きを読む

“Ç”キング・レコードの「続・死ぬまでにこれは観ろ!」ラインナップが神ww

新宿 紀伊國屋でお買い物♪ 先日、新宿紀伊國屋のDVDコーナーで ウキウキしていました。 とい

続きを読む

“Ç”「ヤコペッティの残酷大陸」あの映画にも引用された怪作

ヤコペッティの残酷大陸(1971) Addio zio Tom(1971) 監督:グァルティ

続きを読む

“Ç”第69回カンヌ国際映画祭(2016)出品作発表ジャームッシュにドランにetc

第69回カンヌ国際映画祭 2016/6/11~2016/6/22開催 今年も、この季節がやっ

続きを読む

“Ç”北欧産トマス・ピンチョン系アドベンチャー「国を救った数学少女」

国を救った数学少女 The Girl Who Saved the King of Sweden

続きを読む

“Ç”「下町の太陽」日本映画監督協会劇場で山田洋次に訊く撮影秘話!

下町の太陽(1961) 監督:山田洋次 出演:倍賞千恵子、勝呂誉 評価:80点

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑