*

“Ç”【酷評】リドリー・スコット是非これを!「テラフォーマーズ」アイスランド・ロケしたってよww

“Ç”【酷評】リドリー・スコット是非これを!「テラフォーマーズ」アイスランド・ロケしたってよww

テラフォーマーズ(2016)

テラフォーマーズ
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山田孝之、小栗旬etc

評価:5点

「ゴキブリ」VS「人類」という
斬新なアイデアで漫画界に
いかずちを落とした貴家悠の
同名漫画を映画化!
原作1巻を読むと分かるが、
非常に「エイリアン2」
意識した作画で、
映画化したら面白いん
だろうな(ハリウッドで)と
思ったら、映画業界
目をつけないわけがない。

三池崇史が、日本の撮影チーム初
アイスランド・ロケ!
あの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
や「インターステラー」
とSF映画
のテッパンのロケ地に行ってまで、
また伊藤英明、小栗旬、山田孝之、
武井咲などなど豪華キャストを
用意する本気度!

これは!と思ったのだが…

まずは「テラフォーマーズ」あらすじ

人口爆発で東京は
「ブレード・ランナー」のように
酸性雨が降り注ぎ、
空からパトカーが回りながら降りてくる
世紀末。人類は火星に苔とゴキブリを
送ることで、太陽光を吸収させ
人間が住める環境を作ろうとしていた。

そして、ある程度環境が整ったところで、
高額の報酬をちらつかせて雇った
ゴキブリ駆除要員を送り込むのだが…

火星に送り込まれたゴキブリは
既に人間を遙かに超える
強靱なモンスターとなっていた…

折角、映画化しやすい内容なのに…


本作は原作における一巻「バグズ2号編」
映画化している。これは、明らかに
「エイリアン2」の影響をもろに受けていて、
事件のある惑星に再び行ったら、
エイリアンがいっぱいいました~
ってプロットと一緒なのだ
(あちらもテラフォーミングする
惑星の話でしたね)。

そして、漫画では大量の火星ゴキブリが
宇宙船にへばりつく気持ち悪さが
エイリアンそのもので面白かった。

故に、映画となると
「エイリアン」のような気持ち悪さが
体験できるのかと思ってしまう。

しかし、歯切れの悪いアクションが
台無しにしてしまった。
火星ゴキブリがすぐ目の前に迫っている
にも関わらず、乗組員は長々と
会話を始める。

主人公達は特殊な薬で
虫人間に変身できるのだが、
はっきりと前半台詞で
「効果は数分しか持続しない」
と言っているだけに立ち悪い。

おい、話してる場合じゃなく
戦えと言いたくなる。

そして登場した火星ゴキブリは、
H・R・ギーガーの作ったような
手作りのものではなくCG、
しかも日本クオリティなので
リアリティがなく、
それは百歩譲ったとしても
アイスランド・ロケの良さすら微分に
表現できていない。
これほど恐ろしいクオリティは
逆に凄い。

↓ブンブン撮影、これがアイスランド
ゲイシール
アイスランド
アイスランド3

最悪なのは脚本

ビジュアルが最悪なのはまあ、
いつもの日本映画なんだけれども、
やはり怒るべきところは脚本にある。
劇団☆新感線の座付作家・
中島かずき
が手がけたのだが、
これが日本映画の悪いところを
全てやってのけてしまう。

例えばキャラクター紹介描写、
宇宙船に乗って何日も旅して
いよいよ火星に降り立つ時になって
「この船にはテロリスト、引きこもり、
やくざetcロクなヤツがいねーな」
って、乗って数日で出てくる台詞
でしょう。降りる直前で言う台詞ではない。

また、小栗旬扮するキャラクターが
服を使ったギャグを言い、
「チーン」と音出す…こういうの
止めようよ、ってか何回もやるなよ…

各キャラクターの虫変身シーンの
説明もワンパターンでくどい。

とにかく、何一つギャグが嵌まらない、
鈍重で、展開は早いのに、
やけに体感時間は長いという
マジでおそ松さんでした。

唯一の良かった点

褒めるところが限りなくなく、
映画ブロガーとして厳しい題材なのだが
唯一良かった点が、
チラシのキャスト欄に載っていないのだが、
渋川清彦の演技が良かった。
案の上使い捨て役だけれども、
彼の演技が一番輝いて見えた点だ。

まあ、リドリー・スコットの
「プロメテウス」も凄惨たる
ものではあったが、まだ
ビジュアルとして見応えは
あった。折角、SF映画の聖地
アイスランドに行ったからには
しっかりしてほしいものである。
(「エイリアン2」っぽいので、
リドリー・スコットでなくても、
ジェームズ・キャメロン、
ハリウッドで映画化してくれw)

関連項目

ヨルダン、ワディラムロケの火星映画「オデッセイ」のレベルが高い!

関連記事

【ネタバレなし】「ブラムBLAME!」Netflixが送るSFアニメが完全「マトリックス」だった件

ブラムBLAME! 監督:瀬下寛之 声の出演:櫻井孝宏、 花澤香菜、雨宮天etc 評

続きを読む

【ネタバレなし】『ハルチカ』観逃していませんか?髭男爵の元相方が放つ大大大傑作アイドル映画を

ハルチカ(2017) 監督:市井昌秀 出演:佐藤勝利、橋本環奈、小出恵介etc 評価:

続きを読む

“Ç”映画「グレート・ビューティー」 :フェリーニの裏にプルーストを隠す

監督:パオロ・ソレンティーノ 出演:トニ・セルヴィッロ、 カルロ・ヴェルドーネe

続きを読む

”Ç”アイルランドのアニメってどんなん?「Song of the Sea~海の歌」

Song of the Sea~海の歌 監督:トム・ムーア 出演:デヴィッド・ラウル、ブレン

続きを読む

“Ç”相方ベルジェ、ブチ切れ伝記映画「SAINT LAURENTサンローラン」12/4TOHOシネマズ シャンテ公開

いつも、大学の授業をギチギチに 下手に詰め込むので毎回 ヒーヒー言う羽目になるので、 フランス

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

地球の急ぎ方~北欧編:「かもめ食堂」のロケ地巡りしてきた~

ヘルシンキに行きました! ↑ヘルシンキマップ クリックすると拡大するよ! 卒業旅行でフ

続きを読む

「アルジェの戦い」ゴダール、アントニオーニ倒しキネマ旬報ベスト1になった伝説的映画

アルジェの戦い(1966) La battaglia di Algeri(1966) 監督:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑