*

“Ç”マッツ・ミケルセン出演の人食い映画「フレッシュ・デリ」が泣ける件について。

“Ç”マッツ・ミケルセン出演の人食い映画「フレッシュ・デリ」が泣ける件について。

フレッシュ・デリ(2003)
DE GRONNE SLAGTERE(2003)

フレッシュデリ
監督:アナス・トマス・イェンセン
出演:マッツ・ミケルセン、
ニコライ・リー・コスetc

評価:80点

先日、トーキョーノーザンライツ
フェスティバル

「メン&チキン」を観て、
アナス・トマス・イェンセン監督に
興味を抱き、TSUTAYAで
「フレッシュ・デリ」という
作品を借りてきた。

よく、フランスの
ジャン=ピエール・ジュネの
「デリカテッセン」

勘違いされることの多い
人肉販売ムービー。

しかし、レビューを
観ると「泣けた」
「感動した」と
意味深な記事が多い。
果たして…

「フレッシュ・デリ」あらすじ

肉屋にて安月給で働かされているスヴェンは
同僚ビャンと独立して新たに肉屋を開く。
しかし、どちらともコミュ障だったため、
なかなかお客さんが来ない。
おまけに、ビャンの弟で
知的障害者のアイギルが
営業妨害しにくるので早くも店は
斜陽となる。

しかも、冷凍庫から人間の死体が
出てくる始末。
途方に暮れたスヴェンは、
その死体をマリネにし
販売してしまう。

するとどうでしょう、
次の日に長蛇の列が出来て…

人間のコンプレックスをいびつに描く

「メン&チキン」もそうだったが、
どうやらアナス・トマス・イェンセン監督
人間のコンプレックスを強調して
描くことで、人間のトラウマをあぶり出すのが
上手い監督らしい。

本作ではとってもコミュ障な男と、
知的障害者の弟を抱える男が
肉屋を開く話だ。

うっかりコミュ障の男は
間違いだと知りつつも人肉
を売り続ける理由が
「みんなに喜ばれた」からだという。
今まで、誰にも褒められたり
尊敬されてこなかったため、
人肉に皆が喜ぶ姿を見て
味をしめてしまい、
麻薬のように抜け出せなく
なってしまったのだ。

また、もう一人の男は
知的障害者の弟アイギルを
抱えている。それだけなら、
良いものの、なんと
弟アイギルのせいで
両親を失い彼は
アイギルに対し憎しみを
抱いている。

「デリカテッセン」や
「スウィーニー・トッド
フリート街の悪魔の理髪師」

とこの手の作品って、
動機付けが弱いのだが、
本作は非常に濃密に
登場人物のバックグラウンドを
描くから後半になればなるほど
泣けてくる。

コミュ障のスヴェンは、
同僚ビャンにお願いされて
彼の弟アイギルを追い払うが、
実はかわいそうに思っている
ところ。人肉マリネの
隠れた魅力が明らかになる
シーン。シニカルだが、
心にじんわり染み渡る
作品でした。

ちなみに、人肉映画なら
グリーン・インフェルノ」も
大好きです(*^_^*)

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

“Ç”【Bunkamura ル・シネマ特集】「ふたりのベロニカ」赤と緑が美しい…

ふたりのベロニカ(1991) La Double Vie de Véronique(1991)

続きを読む

“Ç”ドローン映画と思いきや格闘技映画「フル・コンタクト」東京国際映画祭にて

フル・コンタクト(FULL CONTACT) 監督:ダビッド・フェルベーク 出演:グレゴワー

続きを読む

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画1

ようやく公開される傑作たち 日本はとにかく、洋画の公開が遅い。 下手すれば他国よりも一年近く 待たね

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭に先越されたw「ワイルド・ライフ」

「ワイルド・ライフ」 原題:VIE SAUVAGE 監督:セドリック・カーン 出演:マチュー・

続きを読む

フランス映画「まぼろし(2000)」

監督:フランソワ・オゾン 出演:シャーロット・ランブリング、ブリュノ・クレメールe

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞「レヴェナント:蘇りし者」最多12部門ノミネート

第88回アカデミー賞ノミネート作品公開! さあ、2/28に行われるアカデミー賞授賞式に向けて ノ

続きを読む

【ユーロスペース1週間限定上映】「SHARING」が究極トラウマ映画だった件

SHARING ロングver.(2014) 監督:篠崎誠 出演:山田キヌヲ、樋井明日香、

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~作曲賞&歌曲賞~

オリジナル作曲賞 ・トーマス・ニューマン「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・カーター・バーウェル「

続きを読む

“Ç”行こうみんなで「ボーグマン」!カンヌ騒然エイリアン映画!

カンヌ映画祭に出品されたゲテモノ映画「ボーグマン(Borgman)」 監督:アレックス・ファン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑