*

“Ç”狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーション

“Ç”狭い一室からヒップホップが生まれた「THE COCKPIT」OMSBとbimのコラボレーション

THE COCKPIT

the cockpit
監督:三宅唱
出演:OMSB,bim,Hi’Spec,VaVa,Heiyuu

評価:80点

最近、確信したことがある。
それはヒップホップがテーマの作品に
外れはないとのことだ。
「ワイルド・スタイル」も
「ストレイト・アウタ・コンプトン」

そうだが、ヒップホップは社会的に
厳しい環境にいる人による魂の叫びが
独特なDOPE,グルーヴを生み出し、
じわじわと心に染みるタイプの
音楽である。
それ故に、それを題材とした作品にも
強いメッセージやソウルが込められている。

アパートの一室、それはコックピットだ!

映し出されるのはアパート、あるいは団地と思われる
一室。ベランダからラッパーがゾロゾロとやってくる。
そして、「SIMI LAB」のOMSBがおもむろにレコードを
だるそうに取り出し音楽を流し始める。
仲間達はそんなOMSBを見守るのかと思いきや
レッドブル片手に世間話を始める。
OMSBは、次々とおっつ!おっつ!と、良さげな音源を選び出し、
マシーンに出力している。

やがて、ゲーセンに置いてある音ゲーjubeatのような機械が
ピアノのように音を奏で始めると、仲間達が、
こうじゃね?こんな技あるよね~と議論を始め、
皆思い思いに曲作りに励み始める。

自分の出生や、田舎のこと、中国の歴史、
「THE OTOGIBANASHI’S」のbimのイメージを
ドンドンOMSBが形にしていく。

音楽映画にありがちな対立、
音楽が作れずに苦悩する様子もなく、
淡々とLIKE A ROLLING STONEの如く、
男達は音楽を創り上げていく。

部屋の一室がまさにタイトル通りコックピット
となり、創造の大海原を自由自在に飛び回る
様子は新鮮で、60分ぐらいの短い作品なのだが
インスピレーションあげあげでした(*^_^*)

先日紹介した「タクシー」もそうだが、
ミニマリズムという極端に閉鎖的な
世界の中で、いかに世界を広げていくか。
どちらもそのやり口が素晴らしい。
本作の場合、音楽映画、特に
ヒップホップと言えば「縦」に
「横」にと「動き」があるものだが、
四方の壁を強調した閉鎖的な空間で
「前後」の動きを見せる。
閉鎖的なんだけれども開放的、
そして自由。この感覚こそ
ヒップホップなんだな~と感じる。

「サイタマノラッパー」や「8mile」
そうだが、ヒップホップの勝負所は
比較的閉塞感のある空間だ。

本作は、ヒップホップ初心者でも
ヒップホップができるまでを
肌で体感することができる。
それこそ「ストレイト・アウタ・コンプトン」
以上かもしれない。
そんな掘り出しドキュメンタリーに満足した
ブンブンでした。

関連記事

【ネタバレ注意】「スプリット」カイエ・ドゥ・シネマも満足!シャマラン快進撃

スプリット(2017) SPLIT(2017) 監督:M・ナイト・シャマラン 出演:ジェー

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~脚本・脚色賞~「スポットライト」&「マネー・ショート」

脚本賞 ・マット・チャーマン&コーエン兄弟「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・ジョナサン・ヘルマン

続きを読む

【ネタバレ・解説】「劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!」このサトシを子どもに魅せるべき6つの理由

劇場版 ポケットモンスター キミにきめた! 監督:湯山邦彦 出演:松本梨香, 大谷育江,本

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ピンクとグレー」NEWS加藤シゲアキの小説×行定勲 実は中島裕翔は…

ピンクとグレー(2016) 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、マキタス

続きを読む

“Ç”王道…しかし泣ける細田版ベスト・キッド「バケモノの子」

バケモノの子(THE BOY AND THE BEAST) 監督:細田守 声の出演:宮崎あお

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

【試写会】来年2/11公開「たかが世界の終わり」ドランが犯した2つのミス

たかが世界の終わり(2016) JUSTE LA FIN DU MONDE(2016) 監督

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ifもしも…」もう一人のトラヴィスの過激な妄想

ifもしも...(1968) if...(1968) 監督:リンゼイ・アンダーソン 出演:

続きを読む

【ネタバレ/解説】「セールスマン」レイプ映画に「セールスマンの死」が絡む理由について

セールスマン(2016) SALESMAN(2016) 監督:アスガー・ファルハディ 出演

続きを読む

“Ç”「ヤコペッティの残酷大陸」あの映画にも引用された怪作

ヤコペッティの残酷大陸(1971) Addio zio Tom(1971) 監督:グァルティ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑