*

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE)

完全なるチェックメイト
監督:エドワード・ズウィック
出演:トビー・マグワイア、リーヴ・シュレイバー

評価:75点

冬休みシーズン、映画館で何を観ますか?
「スター・ウォーズ」?「妖怪ウォッチ」?
この二大スターが暴れている中、
TOHOシネマズシャンテでは
チェス映画が公開された。
その名も「完全なるチェックメイト」。
この時期に公開していること自体が
チェックメイトな気がするが、
シャンテさんは年配の方で賑わっていたぞ~

ボビー・フィッシャーの伝記

天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが
ソ連のチャンピョンであるボリス・スパスキーと
戦うまでを描いた伝記映画。

幼少期から、チェスにのめり込み完全オタクとなった
ボビー・フィッシャーは負け知らず。
あまたの強豪をなぎ倒していた。
んで、ソ連の強豪ボリスと戦うが敗戦。
悔しいあまりに再戦を挑む。
しかし、マスコミが冷戦と掛けて
煽りまくったため、ボビーの精神が
狂い始める…

「チェス」、しかもプロの世界という
地味で動きの少ない、しかもどちらが
優勢か非常に分かりにくい題材なのだが、
エドワード監督のボクシング映画のような
映像の展開と、役者の顔芸で
非常に躍動感のある映像に仕上がっている。

相手の数手先の手を先読みし、意外な方法で
乱し混乱させる。この手はトラップかと
手汗握る頭脳戦が、トビー・マグワイアや
リーヴ・シュレイバーの目線から
にじみ出ている為、
チェス初心者でもどちらが優勢かが分かりやすい。
んで、それこそ「クリード チャンプを継ぐ男」
のように白熱する。

トビー・マグワイアといえば、「スパイダーマン」
シリーズ以降ぱっとしないイメージが
強かったが、本作では顔芸はもちろん。
オタクで常人には理解しがたい奇怪な
動きに立体感、現実味をおびさせており、
まさにボビー・フィッシャーがそこにいる
と思わせる迫真の演技を魅せ返り咲きを思わせられた。

冷戦とチェス

チェス映画としては、ジャンプ漫画っぽい
熱い展開も重なって非常に面白いのだが、
どうも冷戦絡みが上手く描けていない気がして
惜しかった。

確かに、ボリス・フィッシャーは政治に無頓着。
冷戦なんて知らねぇ、俺はボリスに勝つと
豪語していたのに、後半になるに従って
怯え始める。果たしてその怯えが、
社会を煽りすぎてソ連のスパイに暗殺される
恐怖なのか、ボリスに再び負けることの恐怖なのかが
はっきりしない。恐らく、後者が強いんだとは
思うのだが、天才チェスプレイヤーと政治の
兼ね合いの表現に微妙な部分があったのは残念だ。

とは言え、観て損はない。
観る作品に困ったら、シャンテで本作を
観てみてはどうだろうか?

関連記事

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

【実話】「ラビング 愛という名前のふたり」ジェフ・ニコルズ新境地

ラビング 愛という名前のふたり(2016) LOVING(2016) 監督:ジェフ・ニコルズ

続きを読む

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

“Ç”マッツ・ミケルセン出演の人食い映画「フレッシュ・デリ」が泣ける件について。

フレッシュ・デリ(2003) DE GRONNE SLAGTERE(2003) 監督:アナス・トマ

続きを読む

”Ç”名画座シネマヴェーラに行ってみた「コールド・フィーバー」

名画座シネマヴェーラに行ってきた! 名画座...旧作を二本立てで安く観られる映画館。 たまに

続きを読む

フランス映画「美しき諍い女(1991)」

監督:ジャック・リヴェット 出演:ミシェル・ピコリ、エマニュエル・ベアールetc

続きを読む

“Ç”【試写会】9/22公開「真田十勇士」堤幸彦は日本のエメリッヒだったw

真田十勇士(2016) 監督:堤幸彦 出演:中村勘九郎、松坂桃李、 大島優子、松平健、大竹しのぶ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊵】「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」寅さん早稲田大学に通うの巻き

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 三田寛子,

続きを読む

「君の名は 第二部」まいっちんぐ真知子さんの悲劇

君の名は 第二部(1953) 監督:大庭秀雄 出演:岸惠子、佐田啓二、 淡島千景、小林トシ

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑