*

“Ç”【採点不能】橋口亮輔監督7年ぶり長編監督作「恋人たち」

“Ç”【採点不能】橋口亮輔監督7年ぶり長編監督作「恋人たち」

恋人たち

恋人たち
監督:橋口亮輔
出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良etc

評価:採点不能

今、映画ファンたちの間で話題となっている作品がある。
「ぐるりのこと。」の橋口亮輔監督が7年の沈黙を
破って放った「恋人たち」だ。

あんだけ映画賞を多数かっさらった彼の新作が、
なななんと!現在東京都ではテアトル新宿
一館のみの上映なのだ!

まあ、キャストがほとんどワークショップ出身の
無名キャストだし、後述するがあまりに
観客を絶望のどん底に落とし込む。
今の日本をシニカルに描いている故
しょうがない。

しかし、これはマジで凄い作品だ。
正直、2時間20分辛い。
早く終わってくれと願うばかりだ。
しかしながら、観終わった後に感じる
カタルシスは今年ベスト級だ。
そしてじわじわと、本作に
隠されている高等なギミックが見え隠れする。

あまりに凄すぎて、安易に満点も与えられない。
与えたら、本作の「絶望」から目を背けている
気がしたので、今回は「採点不能」とさせていただいた。

では、じっくり「恋人たち」を語っていくこととしよう。

良いバカ、悪いバカ、タチの悪いバカ

本作では3人の人物の絶望的、退廃的修羅場が
描かれている。退屈な主婦が、養鶏場を持ちたいと思っている
男と出会い不倫に走る話。ゲイの弁護士が階段から落ち、
怪我をしたことから変わり始める周囲との関係。
あまりに不条理な事件で、人生をやりなおせずに
どん底でくすぶっている男。

劇中で、こんな台詞がある。
「世の中には良いバカ、悪いバカ、タチの悪いバカがいる」
この3人は2時間20分の間にそれぞれの「バカ」を冒す。
普通、群像劇と言ったらそれぞれの話が交差しまくるのだが、
本作は珍しく「イントレランス」型。つまり、各ストーリーを
じれったいほどにチマチマと切り替えて進める。
そして、刹那の交差に「バカ」の罪を託し、
観客にも「自分も犯してしまっているであろう罪」を認知させる。

例えば、弁護士が困窮している男に
「もうやめましょう。僕が傷つくので。」
と弁護を止めてしまうシーンがある
(なんと監督の恐ろしい実話がベース)。

その直前まで、その弁護士は
友人に想いを語っても全くもって
無視され相手にされない孤独を味わっていた。
しかし、同じく救いの声を欲する者に
対して、自分の問題に囚われて気づけず
切り捨ててしまう悲しさ。

邦画にしては珍しい、宗教っぽい神聖さが
あり、自分も犯してしまう罪を
普遍的に描いている。

そして、宗教映画のような展開を
魅せる「恋人たち」は、チラチラと
今の日本の現状をえぐり出す。

3番目の男の職業が、橋の点検員である。
そして東京の橋の多くがガタが来ており、
建て替える時期なのだが予算が無く
誤魔化している。果たして2020年
東京オリンピック
大丈夫なの?

東日本大震災から4年が経ち問題が
風化しそうになっているが、
国は助けを求めている下級の日本人の
声を聞いているのか?といったメッセージを
投げかけている。まるで、監督は
過酷な人生を歩んだのだろう。
かすかに絞り出される悲痛な叫びに泣けてくる。

ワークショップから輩出された役者の演技と
良い、刹那に絡み合いどの話も切なく
地のどん底に追い込む脚本、
そして抜群のカメラワーク(ラストの方に見える
ズームショットに注目)とこれは
映画人をビビらせるな~
前作の「ぐるりのこと。」も凄まじい作品だったが、
間違いなく橋口亮輔最高傑作と言える作品であろう。

そして、冒頭にも書いたが本作は誰しもが
人生一度は体験する長~い「絶望」と向き合う作品だ。
簡単に点数評価したら、それこそ「絶望」から
目を背けていることになる。
よって、ブンブンはもう少し評価はしないで
心の中で本作を思い返してみることにした。

↓主題歌「USUAL LIFE」明星


関連記事

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「シンプルメン」はDON’T MOVEで始まる

ハル・ハートリー クラウドファンディング始めたってよ! アメリカ・インディペンデント映画を代表する

続きを読む

【NETFLIX】「キャッチボール屋」伝説的大崎章を観てみた…

キャッチボール屋(2006) 監督:大崎章 出演:大森南朋、 庵野秀明、内田春菊etc

続きを読む

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品からなる、寅さんフルマラソン完

続きを読む

“Ç”ジェームズ・ボンドVSジャッキー・チェン「キャノンボール」

「キャノンボール」(The Cannonball Run) 監督:ハル・ニーダム 出演:バー

続きを読む

“Ç”自主・日本未公開映画祭「LA SOURCE DES FEMMES」 ニート多きムラで性ストライキ!

映画買い付け入門 留学時代中、日本未公開、未DVD化 映画を沢山買おうとDVD売り場 巡り

続きを読む

”Ç”留学前に破傷風の予防注射しようw「震える舌」

震える舌 監督:野村芳太郎 出演:渡瀬恒彦、十朱幸代、若命真裕子etc 評価:90点 この時期

続きを読む

“Ç”「残穢-住んではいけない部屋-」、怖さ「呪怨」レベル!Jホラー嫌い必見!

残穢-住んではいけない部屋- 監督:中村義洋 出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介etc

続きを読む

“Ç”ワンカット映画の新境地「ヴィクトリア」TIFFにて

ヴィクトリア(VICTORIA) 監督:セバスティアン・ジッパー 出演:ライア・コスタ、フレ

続きを読む

「ホドロフスキーの虹泥棒」アラビアのロレンスの2人が28年後ゲテモノ映画で再会ww

ホドロフスキーの虹泥棒(1990) The Rainbow Thief(1990) 監督:ア

続きを読む

【ゼミレポート】「マルコムX」スパイク・リーさん!スタイリッシュ過ぎですよww

マルコムX(1992) Malcolm X(1992) 監督:スパイク・リー 出演:デンゼ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑