*

“Ç”ジョン・カーペンターよ、けんかシーン…「ゼイリブ」

“Ç”ジョン・カーペンターよ、けんかシーン…「ゼイリブ」

ゼイリブ(THEY LIVE)

ゼイリブ
監督:ジョン・カーペンター
出演:ロディ・パイパー、キース・デイヴィッドetc

評価:65点

9月に行われたしたまちコメディ映画祭、
映画秘宝祭「グリーン・インフェルノ」上映
で高橋ヨシキが制作したオープニング映像が
「ゼイリブ」のパロディだった。

男が拾ったグラサンを掛けると、
街中の広告が「従え」とか
「消費しろ」といった、裏側の
メッセージに変わるという
シーンがグラサンを掛けると
町中の広告が「映画秘宝」のロゴ
に変わるというギャグを披露していた。

今回紹介する「ゼイリブ」は
B級映画の巨匠ジョン・カーペンター
が手腕を振るった
後にも先にもない唯一無二
なSFサスペンスである。

「ゼイリブ」ってどんな話?

肉体労働者としてしけた生活を
しているナダ。
ある日、テレビを労働者仲間と観ていたら
突然、変なメッセージが映し出される。
そうすると、仲間の労働者階級が
奇怪な行動に出始め、
不審に思ったナダは調査するうちに
変なグラサンを見つける。

このグラサンを掛けると、
町中の広告の裏側のメッセージが分かる
と同時に人間に化けたエイリアンが
判別出来るようになる。

そして、エイリアンに操られている
人類を救うためナダは
革命を起こすのであった…

低予算だが、面白い

「ダーク・スター」「遊星からの物体X」等
超B級なんだけれど、映像を作る人を
中心に魅了するジョン・カーペンター
の映像美。

彼の「ニューヨーク1997」は
日本の人気ゲーム「メタルギア・ソリッド」
に影響を与えたと言うほど、彼は
クリエーターに愛されている。

そんな彼が、作ったSFなんだけれど、
サスペンス寄りにすることで
低予算化に成功している
「ゼイリブ」はジョン・カーペンター
のフィルモグラフィ上トップレベルの
皮肉の効いた作品である。

特に凄いシーンが、
喧嘩のシーン。
グラサンの魔法に気がついたナダは
肉体労働仲間に真実を知らせるために
「お前、ちょっとグラサンかけてみろ」
と言う。しかし、不審に思った彼は
「嫌だよ~」と断る。

普通の映画だったらこの一悶着を
3回ぐらいやって、ようやく
グラサンを掛けるのが定石であろう。

しかし、「ゼイリブ」では10分近く
に渡り喧嘩を繰り広げるのだ。
しかも、ジャッキー・チェンの
映画のようなキレはない。
確かに、プロレス技っぽいのは
展開されるが、非常にショボい。

まるで、ダチョウ倶楽部のような
コント仕立ての喧嘩を10分近く
繰り広げてようやくメガネを
掛ける。

これってどんな意味があるのだろうと、
考えた。恐らく「保守派を変えるのは
難しい」事を暗示しているのではないだろうか。
誰でも、新しいことをするには躊躇する。
新しいことで人生が破滅するかも
しれないという不安がブレーキとなり、
飛躍できないでいる。
物語の真意を知るべきなのに、
目を背けている人をシニカルに
表現しているのではと感じた。

なんか、全体的にしょぼいのだが、
グラサンのシーンや喧嘩のシーンなど
オマージュしたくなるような
場面が多く、映画好きには
たまらない作品でした。

関連記事

【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び

スヴェタ(2017) SVETA(2017) 監督:ジェンナ・イサバエヴァ 出演:ラウラ・

続きを読む

“Ç”祝・2014カンヌコンペものコンプ「ジミー、野を駆ける伝説」

Jimmy’s Hall 監督:ケン・ローチ 出演:バリー・ウォード, シモーヌ・カービーetc

続きを読む

“Ç”人間のオマケってもんじゃないぞ妄想!「中学生円山」

下ネタ9割クドカン映画「中学生円山」 監督:宮藤官九郎 出演:平岡拓真、草彅剛etc

続きを読む

“Ç”「64-ロクヨン-後編」構造的地獄から人的地獄へ…佐藤浩市は報われるのか?

64-ロクヨン-後編 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、榮倉奈々、綾野剛etc ※「64

続きを読む

“Ç”【ネタバレ・解説】あの元ネタはこれですよ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997) 監督:こだま兼嗣 出演:高山みなみ, 山崎和

続きを読む

“Ç”世界が誇るお父さんと言えば?「ラン・オールナイト」

ラン・オールナイト(Run Allnight) 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:リーア

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

【試写会/実話】「ライオン 25年目のただいま」火星から帰ってくるよりもムズい!?エクストリーム帰宅

LION/ライオン 25年目のただいま(2016) LION(2016) 監督:ガース・デイ

続きを読む

【アフリカ映画研究】「XALA」勃たなくなったら人生終了のセネガル産ブラックコメディ

XALA(1974) 監督:センベーヌ・ウスマン 出演:Fatim Diagne, Makh

続きを読む

“Ç”トム・ハーディって…「チャイルド44 森に消えた子供たち」

チャイルド44 森に消えた子供たち(CHILD44) 監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:ト

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑