*

“Ç”イーストウッド・マジックで描かれる緊迫感「インビクタス/負けざる者たち」

“Ç”イーストウッド・マジックで描かれる緊迫感「インビクタス/負けざる者たち」

インビクタス/負けざる者たち(INVICTUS)

INVICTUS
監督:クリント・イーストウッド
出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモンetc

評価:90点

文化人類学の授業で、
観た。恐らく4年ぶりぐらいに観たのだが、
当時分からなかったイーストウッドの細かい
手腕が見え隠れして、改めてイーストウッド
ってすげえ監督なんだなと痛感
させられたぞ~

題材、間合い、総てが計算されつくしている

ネルソン・マンデラと言えば、アパルトヘイト時代に
反体制活動家として27年も投獄されたが、
魂を失わずに耐え続け、南アフリカ共和国初の
黒人大統領になった男である。

普通この人生を見た際、
投獄時代を描きたくなるであろう。

投獄時代を描いた作品「マンデラの名もなき看守」

しかし、イーストウッドはマンデラが
大統領になった後、
しかも南アの弱小ラグビーチームである
スプリングボクスを立て直した
正直「大統領」っぽくない仕事に
目をつけたのだ。

故に、本作では決してテロリストに
銃を持って闘わないし、
政界の人との心理戦も少ない。
描かれているのはマンデラの
経営者としての側面であり、
観ていて不思議な作品である。

そして、何より今回見直して、
すげーと思ったのは、「間合い」。
マンデラが大統領になり、
黒人警備員は喜ぶ。
「白人警備員が消えたぞ!」と。
しかしながら、ラグビーの試合警備の
人員が不足した時、マンデラはかつて
敵だった白人の警備員を配属させる。

その時の黒人警備員と白人警備員の
対立が一触即発で怖い。
しかしながら、マンデラを心から
尊敬している黒人警備員は
嫌々ながらもふっと心を
落ち着け彼らを受け入れる。
この5分間のシークエンスが
非常に印象的で物語の
テーマを支配させている。

ラグビー以外のシーンで
「象徴」を既に仕込んでいた点
お見事と言えよう。

そして、モーガン・フリーマンの
立ち振る舞いも非常にクールだ。
どんなに忙しくても、
ラグビー会場の観客席に立ち入り、
挨拶を行ったり、スプリングボクスの
主将とアフタヌーンティーを楽しむ。
忙しいそぶり一つさせずに。
これを観ると、成功する経営者の
魂が見えてくる。

INVICTUSの意味

本作の原題INVICTUSとは、
マンデラが獄中で心の支えにした
ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの
詩のタイトルである。

中身は次のようになっている↓


鉄格子にひそむ奈落の闇
激しい怒りと涙の彼方に

私はあらゆる神に感謝する
恐ろしい死が浮かび上がる

我が魂が制服されぬことを
だが、長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

無残な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
門がいかに狭かろうと

運命に打ちのめされ
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者

決して屈服はしない
私が我が指導官なのだ

マンデラが秘書に
「リスクを恐れる者は大統領になれない」
という所ににじみ出ており、
イーストウッドを再評価しました。

さて余談だが、モーガン・フリーマン
が出演する「ラスト・ナイツ」もうすぐ
公開ですね~どうなんだろー

関連記事

【追悼・鈴木清順】「ピストル・オペラ」変態映画の美学

ピストル・オペラ(2001) PISTOL OPERA(2001) 監督:鈴木清順 出演:

続きを読む

制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

ブンブンの留学先での帰国レポート テーマは「映画館学」。 やたらと高い日本の映画料金

続きを読む

“Ç”え~~~~そんな結末?!「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

ソロモンの偽証 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc  先日、ブンブ

続きを読む

【隠れたアカデミー賞候補作】「最後の追跡」ただの強盗劇ではない!「ボーダ-ライン」の脚本家快進撃

最後の追跡(2016) Hell or High Water(2016) 監督:デヴィッド・

続きを読む

“Ç”「ソロモンの偽証 前編・事件」:事件編だからとなめたらアカン!

ソロモンの偽証 前編・事件 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc

続きを読む

【ネタバレなし】「キングコング 髑髏島の巨神」GACKTもびっくり怪獣がいっぱい!

キングコング 髑髏島の巨神(2017) KONG SKULL ISLAND(2017) 監督

続きを読む

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO) 監督:エウヘニオ・ミラ 出演:イライ

続きを読む

“Ç”世にも奇妙なエストニア映画「ルクリ」TIFFにて

ルクリ(ROUKLI) 監督:ヴェイコ・オウンプー 出演:ユハン・ウルフサク、ミルテル・ポフ

続きを読む

【小話】ブンブンの小説オールタイムベスト発表 1位は「1984」

チェ・ブンブンの小説 オールタイムベスト 先日、ゼミのリービ英雄教授と 小説のオールタイムベストの

続きを読む

「MILES AHEADマイルス・デイヴィス 空白の5年間」ドンさんの愛は分かった。しかし…

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2016) 監督:ドン・チードル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017) THOR:RAGNARO

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑