*

“Ç”【レポート】マリリンモンロー主演「紳士は金髪がお好き」の技術論

“Ç”【レポート】マリリンモンロー主演「紳士は金髪がお好き」の技術論

紳士は金髪がお好き
Gentlemen Prefer Blondes

紳士は金髪がお好き
監督:ハワード・ホークス
主演:マリリン・モンロー、ジェーン・ラッセルetc

評価:70点

大学1年の時に受講した、ミュージカル
映画の授業で書いたレポートが出土
したので書いておく。
ほんとてっきり「オール・ザット・ジャズ
や「ジーザス・クライスト・スーパースター
のようなミュージカルを扱うのかと
思いきや、ブンブンの苦手な60年代以前の作品を
扱っておりちと残念な授業ではあったが、
フレッドアステアのことや、日本の面白ミュージカル
映画を知れてよかったぞい!
しかもA+を頂いたのでブンブン大満足である。

「紳士は金髪がお好き」で発揮される
テクニカラーのチカラ

まず、なんと言ってもテクニカラーならではの赤、
緑、青の強調を存分に活かした衣装や舞台設定が特徴的である。
底抜け大学教授(1963)』でも意識して使われていたが、
テクニカラーは赤、緑、青が強調される特徴がある。
故に『底抜け大学教授』のオープニングでは
フラスコやビーカーに入った度キツい赤、
緑、青の液体を強調していた。

では、『紳士は金髪がお好き』ではどのように使われているのか。
やはり、当時『風と共に去りぬ(1939)』や『白雪姫(1937)』で
カラーの技術を伸ばしていた時期を終え、
『オズの魔法使い(1939)』『雨に唄えば(1952)』等
ミュージカル映画に有効に使えることが分かっている時期であるので、
冒頭からカラーコントラストをアピール。

青いカーテンをバックに、キツい赤色のコスチュームを
まとったマリリン・モンローとジェーン・ラッセルの
セクシーダンスでもってカラー映画の凄さを強調している。

 思えば、ミュージカル映画は技術革新における
良い実験素材として使いやすい。トーキー第一号も
『ジャズ・シンガー(1927)』というミュージカル映画であり、
日本でもトーキー第一号は『マダムと女房(1931)』と
やはりミュージカル。カラーにおいても、
日本では『カルメン故郷に帰る(1951)』を
最初のカラー映画の実験素材として制作していた。

恐らく、ミュージカル映画は俳優をセクシーに
魅せなくてはいけない。そして声はもちろん、
芸術として映像もこだわらないといけないから
技術を試す場所として使われるのであろう。
近年では3D技術の進歩を確認するかのように、
『ファイアbyルブタン(2012)』や
『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち(2011)』と
いったライブを越えたライブ映像を目指した
映画が制作されているのも納得がいくことである。

 閑話休題、『紳士は金髪がお好き』では1930年代に
作られたスクリューボール・コメディーの
新しい見方の発掘がなされている。スクリューボール・
コメディーとは、野球の変化球と映画のストーリー
展開を掛け合わせたジャンル用語で、
『映画検定 公式テキストブック[増補改訂版]』によると、
「洗練された上流階級の生活を背景に強い意志を持つ
ヒロインが登場することが多い。いささか不条理だが無害なコメディで
浮世の憂さを忘れようとした。注」と記述されている。
1929頃に発生した世界恐慌で、映画業界も大打撃。
多くの映画館が閉鎖された。『紳士は金髪がお好き』の
ハワード・ホークス監督も1938年に『赤ちゃん教育(1938)』
というスクリューボール・コメディーを制作していた。
さて、『紳士は金髪がお好き』では、
今までの作品が男性目線だったのに対し、
女性目線で描かれている。しかも、
ブルジョワジーと庶民、気の強い女と
スクリューボール・コメディーの要素を見事に踏襲しているのである。

 つまり、この映画はこういうことだ。
『雨に唄えば』のシド・チャリース目線で描く
ファム・ファタール目線の作品なのだ。
授業で観た作品のほとんどは、男が女を巡る
冒険を描いた作品である。女目線の作品も確かにあったが
『オズの魔法使い』のようにラブシーンがなかったり、
バズビー・バークリー作品のように芸術の
道具として沢山の女性を使っているに過ぎなかった。
しかし、この作品以後『スタア誕生(1954)』
『恋の手ほどき(1958)』と女性目線の作品が沢山制作された。
第二次世界大戦の勝ち組として、心にゆとりが出来たため、
男女平等が意識され、女性目線の映画が作られたと考えられる。
その点で、この作品はミュージカル史において重要な作品である。

→NEXT:ミュージカルシーンの特徴


ページ: 1 2

関連記事

“Ç”アカデミー賞最有力「キャロル」予習!「太陽がいっぱい」を観る

太陽がいっぱい(PLEIN SOLEIL) 監督:ルネ・クレマン 出演:アラン・ドロン、マリ

続きを読む

“Ç”「脳内ポイズンベリー」との頂上決戦!?「インサイド・ヘッド」

インサイド・ヘッド(INSIDE OUT) 監督:ピート・ドクター 声の出演:エイミー・ポーラー

続きを読む

“Ç”トーキョーノーザンライツフェスティバル2月開催、ブンブンのオススメは「ビートルズ」!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2016来月開幕 来月2/6(土)~2/12(金)に渋谷ユー

続きを読む

“Ç”小日向文世もビックリ!テレビと喪女のエロい関係「春子超常現象研究所」

春子超常現象研究所 Haruko's Paranormal Laboratory 監督:竹葉

続きを読む

”Ç”アイアンマン、天然危険物に認定「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」

アベンジャーズ公開日! 今日はみなさん、お待ちかね! 「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン

続きを読む

“Ç”MTV ムービー・アワード2015ノミネート発表!

一般人も投票できるMTV主催の映画賞 音楽専門番組MTV主催の映画賞。 1992年以降毎年4月に

続きを読む

「デスノート Light up the NEW world」みんな、叩き過ぎよ!ハリウッドに負けない傑作なり!

デスノート Light up the NEW world(2016) 監督:佐藤信介 出

続きを読む

「不安と魂/不安は魂を食い尽くす」ファスビンダー幻のカルト映画アテネフランセで観てきた

不安と魂/ 不安は魂を食い尽くす(1974) Angst essen Seele auf

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

“Ç”あなたは勝てますか?byレオナール藤田「FOUJITA」

FOUJITA 監督:小栗康平 出演:オダギリジョー、中谷美紀、岸部一徳etc 評価:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑