*

東京国際映画祭グランプリ作品「ニーゼと光のアトリエ」2016/12/17公開

東京国際映画祭グランプリ作品「ニーゼと光のアトリエ」2016/12/17公開

ニーゼと光のアトリエ
(NISE-THE HEART OF MADNESS)

ニーゼ
監督:ホベルト・ベリネール
出演:グロリア・ピレス、ファブリシオ・ボリヴェイラ、
アウグスト・マデイラ

評価:70点

東京国際映画祭グランプリを
受賞したブラジル映画「ニーゼ」。
今年はヴェネチアで同じく
ブラジルのインディーズ映画
「NEON BULL」が審査員大賞を
受賞しておりイケイケであるが
果たして…

「ニーゼ」あらすじ

ドキュメンタリー畑の監督
長編ドラマ2作目。
ショック療法で精神病患者を痛めつけて
患者を更生している施設に
赴任した女医ニーゼが
異議を唱え、
芸術療法で患者を治そうと
するが男性社会という壁が
ぶち当たる…

元々監督は、
盲目の人や飛行機事故で自由を失った人
など苦境に立たされた人のドキュメンタリーを
作っていた人なので、リアル路線だ。
まるで、女医ニーゼ本人の仕事に
密着している。
言わば「プロフェッショナルの流儀」
観ているような作品である。

「Born to be Blind」予告編

「Herbert de Perto」予告編

しかし、ドラマ的描写もしっかり描かれている。
例えば冒頭。
分厚い鉄扉を叩いても中々職員が出てこず苛立つニーゼ。
しかし、何度も諦めずにガンガン1分ぐらい叩くシーンがある。
ここで、ニーゼの我慢強い性格が凝縮され描写されている。

また、ショック療法の描写もドキュメンタリー的撮り方の
特性を活かして、ここぞとばかりに強烈に描いている。
観る者は「うぁ~痛そう」と恐怖を覚える。
これこそが狙いで、実際に精神病院で
行われていたことをスキャンダルに暴き出す。

そして後半、患者が決して上手いとは言えないものの
美しい絵にカタルシスを覚える…

この手の映画はやっぱり強いな~
映画祭のグランプリを獲るのは
当然だと感じた。

しかし、肝心な芸術療法の患者と女医間の
描写が少し浅い気がした。
いくら芸術療法が効果的だとしても、
あんなにすぐ患者の
心は変わるのだろうか?

患者の中には「絵なんか描きたくない」と
暴れ出す者もいてもいいのに、
そこの描写は弱めである。

女医が他の医者と闘うことに
フォーカスを当てすぎて、
どこか患者は
距離が置かれた存在って印象を受けた。

惜しいな~。

日本公開決定

2016年12月17日(土)より
ユーロスペースにて公開が決定しました!

(「ニーゼと光のアトリエ」公式サイト)

東京国際映画祭もの記事

・「シュナイダーVSバックス」感想
・「ケンとカズ」感想
・「灼熱の太陽」感想
・「ルクリ」感想
・「ヴィクトリア」感想
・「IF ONLY」感想
・「フル・コンタクト」感想
・「コスモス」感想
・「ビースト・オブ・ノー・ネーション」感想
・「ぼくの桃色の夢」感想
・「地雷と少年兵」感想
・「WE ARE Perfume」感想

関連記事

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO) 監督:エウヘニオ・ミラ 出演:イライ

続きを読む

“Ç”行こうみんなで「ボーグマン」!カンヌ騒然エイリアン映画!

カンヌ映画祭に出品されたゲテモノ映画「ボーグマン(Borgman)」 監督:アレックス・ファン

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「繻子の靴」オリヴェイラが描く7時間のクローデル劇

繻子の靴(1985) O Sapato de Cetim(1985) 監督:マノエル・ド・オ

続きを読む

“Ç”広瀬すずの本気を観た「ちはやふる 上の句」

ちはやふる 上の句(2016) 監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音

続きを読む

“Ç”NETFLIXで観る第88回アカデミー賞「ニーナ・シモン 魂の歌」

ニーナ・シモン 魂の歌(2015) WHAT HAPPENED, MISS SIMONE?(201

続きを読む

【ホン・サンス特集】「自由が丘で」これは加瀬亮版「ラ・ラ・ランド」であり「メッセージ」だ!

自由が丘で(2014) 자유의 언덕(2014) 監督:ホン・サンス 出演:加瀬亮、ムン・

続きを読む

“Ç”「64-ロクヨン-後編」構造的地獄から人的地獄へ…佐藤浩市は報われるのか?

64-ロクヨン-後編 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、榮倉奈々、綾野剛etc ※「64

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【エンドレス・ポエトリー公開記念】「TUSK」ホドロフスキー幻の象映画

TUSK(1980) 監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演: Cyrielle Clai

続きを読む

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

ヘルシンキの映画館: Finnkino Kinopalatsi フィンランド・ヘルシンキに行

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【MUBI】『天使の復讐』は『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い

天使の復讐(1981) Ms.45(1981) 監督:アベル・

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016)

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑