*

“Ç”ライブ演出の凄さが3割分かるよ「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」

“Ç”ライブ演出の凄さが3割分かるよ「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

Perfume 映画
監督:佐渡岳利
出演:Perfume,近藤春菜etc

評価:45点

アメトーク Perfume
アメトーク Perfume
先日、アメトークで「Perfume大好き芸人」
やっていた。今まで、妹が熱中していたものの、
正直惹かれなかったアーティストだが、
栗原類や近藤春菜の熱弁を聞いている
うちに興味が出てきた。

彼女のライブの凄いところは、
プロジェクションマッピングを
使った斬新な演出だけではない。

SXSWにての演出がマジで凄い。
何が起きているのかよく分かりませんw↓

海外公演で、なんと自分たちの話す日本語を
英語に翻訳してくれる人を会場から選んでいたり、
ライブ演出に、ファンから寄せられた文字アートや
写真を積極的に取り入れたりと、
ファンとの距離感をなるべくなくそうという
取り組みがなされているのだ!!!!

ってことで、Perfume熱が沸いてきた
ブンブンは東京国際映画祭でも
上映されたワールドツアーの
ドキュメンタリーを観てきたぞ!

ちなみにTOHOシネマズ日本橋で
観てきたのだが、特別興行につき
一律2000円。TOHOのポイントも使えません。
あしからず…

やっぱ生で観たいな~

音楽、ドキュメンタリー…それは
一見さんでもアーティストの魅力を伝えることと
コアなファンも満足できる裏話をいかに盛り込むか
を両立できてこそ素晴らしいドキュメンタリー
と言える。

例えば「SHINE A LIGHT」は、クールなカメラワークと
巨匠マーティン・スコセッシがストーンズに
振り回されながらもライブを成功させていく様子が
絶妙で素晴らしいと言える。

今回観た「WE ARE Perfume」はその点、
残念ながらどっちつかずの感じを受けた。
音楽ドキュメンタリーによくある、
車移動の荒々しいショットがなんと、
ライブ中の映像にまで反映されている為、
ファン目線で観ると見苦しい感じが見受けられる。
確かに、Perfumeの演出は複雑で
映像によって良さを見いだすのは難しい。
しかし、アメトークの時にブンブンが感じた
熱意はそこにはない。

台北、シンガポールとライブ移動しているに過ぎない。
PTAのコーナーや、ライブ後に観客による歌の伝統等
Perfumeと観客をつなぐ数々のユニークなシステムが、
Perfumeを知るものにとっては当たり前過ぎて
あっさりとスルーしてしまう。
あそこまでドライに描かれると、ファンも興ざめしてしまう
のではないだろうか?

またファン目線だったら、アメリカをマジで目指して
ようやくたどり着いたツアーとPerfumeが語っているのだから
彼女の苦悩に迫るべきだ。
しかしながら、舞台裏のプロフェッショナルの流儀描写が
少なく、反省会も各会場の同じ話題を拾っているだけ
なので、後半になると「またあの展開かよー」となる。
国を移動して同じ展開ばかり撮り冗長に
なる話でふと、ブンブンが昔撮った
「ラマダーン」って映画を思い出したぞw

確かに、Perfumeは可愛いし、演出はクール!
ワールドツアーのライブなのに、
とんでもない修羅場シーンもある。

でも、この作品観て思ったのは、
実際にライブにいかないと
彼女たちの良さの3割も気づけないということだ。

音楽ドキュメンタリーとしては
微妙な作品でした。

↓主題歌の「STAR TRAIN」なかなか良い曲だぞ~

東京国際映画祭もの記事

・「シュナイダーVSバックス」感想
・「ケンとカズ」感想
・「灼熱の太陽」感想
・「ルクリ」感想
・「ヴィクトリア」感想
・「IF ONLY」感想
・「フル・コンタクト」感想
・「コスモス」感想
・「ビースト・オブ・ノー・ネーション」感想
・「ぼくの桃色の夢」感想
・「地雷と少年兵」感想

関連記事

“Ç”フランス映画「穴 Le Trou(1960)」危険過ぎて冷や汗脱獄映画

穴(1960) Le Trou(1960) 監督:ジャック・ベッケル 出演:ジャン=ケロデ

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家洋画部門、1位はベルイマンの幻カルト作品

ブンブン映画ベストテン2015家洋画 今年はあんまり洋画の旧作を 観られなかったと感じている

続きを読む

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fin 英題:Endless P

続きを読む

“Ç”VHSでジャームッシュ「ミステリー・トレイン」

VHSを借りてみた 私の地元の図書館ではVHSを取り扱っているのだが、 今のご時世ほとんどV

続きを読む

“Ç”ヤキトリ!ウラー!オトギバナナ!「ミニオンズ」

ミニオンズ(Minions) 監督:ピエール・コフィン&カイル・バルダ 声の出演:多田野曜平

続きを読む

“Ç”これはアダム・サンドラー映画だ気をつけろ!「ピクセル」

ピクセル(PIXEL) 監督:クリス・コロンバス 出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ

続きを読む

“Ç”留学前に留学映画「スパニッシュ・アパートメント」

留学前にどうしても観たかった映画があった。中2の時に留学したくなるきっかけを作った作品だ。 その

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016) Elle(2016) 監督:ポール・バーホーベン 出演:イザベル・ユペール、 ク

続きを読む

“Ç”サントラの使い方アルマゲドン「博士と彼女のセオリー」

The Theory of Everything 監督:ジェームズ・マーシュ 出演:エディ・レッド

続きを読む

“Ç”ハゲの祭典「ワイルド・スピード:スカイミッション」

ワイルド・スピード:スカイミッション(Fast&Furious7) 監督:ジェームズ・ワン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介

【ネタバレ酷評】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ブンブンが一本満足できなかった5つの理由

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017) STAR WARS T

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次

『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』いきなりダンケルク!

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017) GIRLS UND

『gifted/ギフテッド』少女と似た境遇のブンブンが語る生々しさ

gifted/ギフテッド(2017) gifted 監督:マー

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑