*

デンマークの実写版マインスイーパー「ヒトラーの忘れもの(TIFFタイトル:地雷と少年兵)」

デンマークの実写版マインスイーパー「ヒトラーの忘れもの(TIFFタイトル:地雷と少年兵)」

東京国際映画祭開幕!!

東京国際映画祭
遂にやってきました東京国際映画祭!
ブンブンも六本木にやってきました!
昨年は留学中で行けなかったので、
2年ぶりの対面でテンションアゲアゲである(*^_^*)
ってことで早速一本目デンマークとドイツの合作にして
コンペティション作品「地雷と少年兵」をウォッチングするど~
tiff land of mine

ヒトラーの忘れもの
TIFFタイトル:地雷と少年兵
原題:LAND OF MINE

地雷と少年兵
監督:マーティ・ピータ・サンフリト
出演:ローラン・モラー、ミケル・ボエ・フォロソガー

評価:60点

あらすじ

デンマークの実写版マインスイーパーと言える作品。
デンマークの海岸沿いの地雷を撤去させる為、
敗北したナチスの少年兵がかり出される。
憎きナチスではあるが、指導官は
段々心を揺さぶられ…と言った話。
デンマークでも知られていない、
凄惨な事実と向かい合った意欲作と言えよう。

やっぱりデンマーク映画だな~

デンマーク映画はとにかくバイオレンス描写が
韓国ほどではないにしろ、キツい。
この作品も例外ではない。

少年兵が施設で地雷除去の訓練するところ
から始まる。本物の地雷を使って訓練するため、
一歩間違えたら爆死である。

少年兵の中には不器用な者もいる。
手元が震えながら、焦らして焦らして…
もうやめて~と悲鳴を上げたくなるぐらい怖い。

しかも、パターンが読めて来るゾ来るぞー
と思ったら爆破させなかったり、
思わぬところで爆発させたり…
観客も地雷原に放り込まれた
気分にさせられる。
このサスペンス描写と爆発による
怪我人の描写が本当に痛々しくて…涙目です。

余談だが、実写版マインスイーパーの動画

おい、少年兵どうした?

おっ、これは大傑作かなと
思ったのだが、惜しくも致命的なシーンが存在した。
結構地雷原をゆうゆうと駆け回っているのだ!
仲間が爆発して、やたらと他の仲間たちが走って
駆け寄るが、おいそこそこ!地雷原だぞ!
ここで、駆け寄った人も爆発するシーンを
一回入れたら万々歳の出来なのに、
それをやらなかったせいでストーリーの
強烈さが激減。後半の展開の雑さも重なって
「惜しい!」と言わざる得ない作品になってしまった…

マーチン・ピータ・サンフリト監督にインタビューしよう!

地雷と少年兵
東京国際映画祭
上映後Q&Aがあったので、北欧研究会員として
全力でマーチン・ピータ・サンフリト監督
に質問を投げかけてみました。

Q.「この作品の地雷除去シーンは本当にいつ爆破するか
分からない恐怖を演出しきっていましたが、
この作品を撮る上で気をつけたことはありますか?」

A.(マーチン監督)「良い質問だね。最初、元となった本を読んだら、
少年が出てきてすぐ、『彼らは爆発して亡くなる運命なんだな』
と感じました。だから、スリラー路線で作ることに決めた。
ロケでは、いつでもすぐ撮影できるように俳優たちに
きびきびと動くよう指導しました。」

そう監督が言うと、主演のローラン・モラーが、
「実は驚いたことに、撮影中本物の地雷が出てきて
ニュースになったんだ。これからデンマークに来る際は
海岸沿いの別荘をレンタルすることをオススメするよ。
きっと安く借りられるよ!」

と劇中からは想像もつかない穏やかな顔で
ジョークを飛ばしてました。
ローラン・モラー
東京国際映画祭の良いところは、
気軽に監督や役者からサイン、写真を
ゲットしやすい点にある。
ってことで、主演のローランさんとツーショット♡
イケメンなおじさんでした。

ちなみに「地雷と少年兵」は
既に日本での配給が決まったとのことなので、
来年には劇場公開するようですよ~
ユーロスペースかな?新宿武蔵野館かな?

2016年12月よりシネスイッチ銀座にて
公開が決定しました。

関連記事

“Ç”髙橋渉×劇団ひとりのケツ作「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 監督:髙橋渉 声の出演:矢島晶子,

続きを読む

“Ç”モーリタニア映画観ます?TIMBUKTU「禁じられた歌声」で12月日本公開

TIMBUKTU(2014) 監督:アブデラマン・シサコ 出演:Ibrahim Ahmed,

続きを読む

「Ma Loute」ブルーノ・デュモンの歪んだ観光客像

北欧旅行で観た映画7: Ma Loute(2016) 監督:ブルーノ・デュモン 出演:ファ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~作曲賞&歌曲賞~

オリジナル作曲賞 ・トーマス・ニューマン「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・カーター・バーウェル「

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

#44【情報科教育】新入社員のIT研修から見る情報科教育

新入社員のIT研修から見る情報科教育 社会人になり早3ヶ月が経ちました。機械メーカーのソフトウェア

続きを読む

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」:戦争会話劇の傑作誕生!!

アイ・イン・ザ・スカイ(2016) Eye in the Sky(2016) 監督:ギャビン

続きを読む

「100人の子供たちが列車を待っている」映画の、教育の素晴らしき教科書

100人の子供たちが列車を待っている(1988) CIEN NINOS ESPERANDO UN

続きを読む

【4/21「美女と野獣」公開記念】2014年レア・セドゥ×ヴァンサン・カッセル版を観る

美女と野獣(2014) La Belle et la Bête(2014) 監督:クリストフ

続きを読む

【酷評/ネタバレなし】ジブリ「メアリと魔女の花」が失敗作だった5つの理由

メアリと魔女の花(2017) Mary and The Witch's Flower(2017)

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑