*

“Ç”「サンセット大通り」+「仮面/ペルソナ」…どうかしてるw「マルホランド・ドライブ」

“Ç”「サンセット大通り」+「仮面/ペルソナ」…どうかしてるw「マルホランド・ドライブ」

マルホランド・ドライブ(MULHOLLAND DR.)

マルホランドドライブ
監督:デヴィッド・リンチ
出演:ナオミ・ワッツ、ローラ・ハリング

評価:90点

最近、ツインピークス新作を作るとか
作らないとかで話題のデヴィッドリンチ。
2000年代後半の作品こそキレは少ないモノの、
彼のフィルモグラフィーは独特の色を放っていた。

おっさんが文字通り消しゴムになる「イレイザーヘッド」
耳が落ちていたことから始まる「ブルーベルベット」など
変な作品が目白押し。

しかし、意外とじっくり見るとよくある話、
旧作からの引用で構成されていることが多く、
それに気づいたとき、やはり「リンチってすげーな」と感じる。

今回紹介する、リンチ映画史上最難とも言われる
「マルホランド・ドライブ」を紹介するぞ!

実はオマージュ映画

初見殺しの難解さ、授業で観たときも
周りの友だちが「よくわからなかった」と
口を揃えて言っていたが、
実は「パルプ・フィクション」さながら
オマージュをさりげなく入れ込み
再構築させた作品だ。

ただし、デヴィッド・リンチのことだから
合成させる映画がクレイジーだ。

結論から言おう、これは「サンセット大通り」
イングマール・ベルイマンの「仮面/ペルソナ」
をごちゃ混ぜにした作品だ。

「サンセット大通り」は男が死んでいるところから始まり、
過去の栄光に取り憑かれて狂気に陥る女優の人生を
えぐり出す話。(丁寧にも物語の前半に
引用するよという合図を出していることから明らかだ。)

「仮面/ペルソナ」は精神を病み失語症になった
女優を看病する看護婦が主人公と思いきや、
実は看護師は女優が生み出した幻影では
と思わせて終わる作品。

これを融合させて、名女優になれないレズ要素の
強い女優が、大好きな女優からも見捨てられ
復讐するのだが、罪の意識が消えず自殺直前に観る
走馬燈をエドワード・ホッパー調で描き出している。

↑エドワード・ホッパー調

実は丁寧な作り

「ロスト・ハイウェイ」同様、実は夢オチで
がっかりするかもしれないが、
それを差し置いて物語の上手さは注目して貰いたい。

一度目は気づかないかもしれないが、
二度目観ると非常に巧妙にヒントを教えてくれる。

まず、夢のパートにおける二人の名前が
リタとベティになっている。
リタは魔性の女映画の代表格「ギルダ」のヒロインを
演じた女優の名前、ベティは仲間を踏み台にし
のし上がってく女優を描いた「イヴの総て」のヒロインを
演じた女優の名前である。

売れない女優ダイアン(皮肉にも当時ニコール・キッドマンばかり
に役を奪われていたナオミ・ワッツが好演)が
妄想の中で、のし上がって大女優になりたい気持ちをベティ
に託し、しかし現実ではカミーラに役を奪われ
自分に対し愛すら与えてくれない彼女を陥れたい
想いをリタに託していると考察できる。

また、夢のパートで出てくるほとんどの
人や名前は現実パートで出てきているものが
多く。夢は無意識の塊感を力強く強調させている。

そして、この作品の前半部分が夢であることは、
一見無意味そうに見えるダイナーの会話シーン
でキチンとヒントとして出していたりする。

現実パートに移る直前では「仮面/ペルソナ」
でも使われたブレを強調させる手法でアピールしている。

このようにヒントが多いため、二度観ると謎が解ける。
いやーただただ不条理な映画じゃないんだなー
と感心しました(*^_^*)

関連記事

“Ç”フランチクラブの裏側「EDEN/エデン」ダフト・パンクが染みるぜ!

EDEN/エデン 監督:ミア・ハンセン=ラヴ 出演:フェリックス・ジヴリ、ポーリーヌ・エチエ

続きを読む

“Ç”トーキョーノーザンライツフェスティバル2月開催、ブンブンのオススメは「ビートルズ」!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2016来月開幕 来月2/6(土)~2/12(金)に渋谷ユー

続きを読む

【ネタバレなし】「ワイルド・スピード ICE BREAK」ジェイソン・ステイサム最高傑作

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017) Fast & Furious 8(2017)

続きを読む

【ホン・サンス特集】「自由が丘で」これは加瀬亮版「ラ・ラ・ランド」であり「メッセージ」だ!

自由が丘で(2014) 자유의 언덕(2014) 監督:ホン・サンス 出演:加瀬亮、ムン・

続きを読む

“Ç”SW予習③「スター・ウォーズ エピソードⅥ/ジェダイの帰還」

スター・ウォーズ エピソードⅥ/ジェダイの帰還 STAR WARS EPISODE Ⅵ/RETUR

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

“Ç”おめぇら捜査官失格!「シークレット・アイズ」(「瞳の奥の秘密」リメイク作)

シークレット・アイズ(2015) Secret in Their Eyes(2015) 監督

続きを読む

【ドグマ95研究】「ラヴァーズ」フランス産ドグマ映画から観る移民問題

ラヴァーズ(1999) LOVERS(1999) 監督:ジャン=マルク・バール 出演:エロ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録1「7分間」学生にこそ観て欲しい企業の雇用トラップ!

7分間(2016) 7 Minutes(2016) 監督:ミケーレ・プラチド 出演:オクタ

続きを読む

【TAAF2018】『パジャマを着た男の記憶』日本公開希望!自分を切り売りするということ

パジャマを着た男の記憶(2017) MEMORIES OF A MAN IN PAJAMA(201

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑