*

“Ç”「プライベート・ライアン」の比じゃねぇ地獄絵図「炎628」

“Ç”「プライベート・ライアン」の比じゃねぇ地獄絵図「炎628」

炎628(Иди и смотри)

炎628
監督:エレム・クリモフ
出演:リューボミラス・ラウセビチャスetc

評価:95点

戦争映画の醍醐味は、
リアリティにある。
いかにして、戦場の悲惨さを映像で表現するかに
監督や撮影者は知恵を絞り出す。
そして「プライベート・ライアン」や「フューリー」
といったリアルな戦場描写のある作品が作られてきたが、
そんな作品が子供だましに見える、
恐ろしい地獄絵図をロシアが作っていたことをご存じだろうか?

今回紹介するのは、タランティーノも絶賛した
「炎628」って作品だ。

来て、見ろ!(原題訳)

ナチス時代に628の村がむごい焼かれ方で殲滅された
実話を元にした作品。
原題は直訳すると「移動と観察」。
ドキュメンタリータッチなので、
主人公の少年兵がダンテの「神曲」
ように地獄巡りする様子を
少年兵と同じ立場で突きつけられる。

原題がロシア語の命令形で「来い(Иди)」
「見ろ(смотри)」を並べたものだが、
マジで戦場に来て地獄を魅せられる
ので…本当にむごかった!

マジで人が死んでいるのではと思うほど、
どろどろぐちゃぐちゃ血まみれな戦場。

実写版「進撃の巨人」でも引用された、
教会(?)のような建物に人を
すし詰めにし虐殺するシーンは
マジで直視しがたい。

全然血しぶきとかゴア描写はないんだけれども、
観客の想像力が恐怖をかき立てる、
それこそ「悪魔のいけにえ」と同じタイプだ!

少年の演技に注目

そして、なんと言っても残虐風景に負けないのは
少年の演技力!

最初は、「僕も国のため戦うんだ!」、「あっ!銃忘れちゃった☆」
など青二才、純粋さを持つ顔が、
地獄を体験した後の死んだ魚のような目!
感情がなくなり、泣いているのか怒っているのか、
わからないような顔、本当に戦争に行ってきたのでは?
と思うほどリアルすぎて怖い、トラウマになる。

鬼畜ロケで有名な園子温でもこんな顔を
俳優から引き出すのは難しいであろう。

そんな少年が、ラストに怒りの銃撃を放ち
始まる伝説の逆再生映像もまた
哀愁があり泣けてきた。

これは、戦争映画好きも意を決して観ないと
うなされる、ある種のホラー映画でしたm(_ _)m

関連項目

この作品にオマージュを捧げた「進撃の巨人」レビュー
「フューリー」レビュー

関連記事

“Ç”「ゴーストバスターズ(2016)」3D字幕版を強くオススメ!ヘムズワース萌え映画♡

ゴーストバスターズ(2016) GOHSTBUSTERS(2016) 監督:ポール・フェイグ

続きを読む

“Ç”デンマーク人が西部劇?「セリーナ-炎の女-(SERENA)」※未体験ゾーンの映画たち2018公開決定

セリーナ-炎の女-(2014) SERENA(2014) SERENA(2014) 監督:

続きを読む

【絶賛】『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』はEXILE嫌いを改心させる大傑作だ!

HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION(2017) 監督:久保茂

続きを読む

【ネタバレなし】『ジャスティス・リーグ』はハリウッド版テラフォーマーズだ!

ジャスティス・リーグ(2017) JUSTICE LEAGUE(2017) 監督:ザック・ス

続きを読む

「美女と野獣(2017)」ディズニーがコクトー版に愛を捧げた!?見事な脱構築ファンタジー

美女と野獣(2017) Beauty and the Beast(2017) 監督:ビル・コ

続きを読む

“Ç”フランス映画「穴 Le Trou(1960)」危険過ぎて冷や汗脱獄映画

穴(1960) Le Trou(1960) 監督:ジャック・ベッケル 出演:ジャン=ケロデ

続きを読む

【ネタバレ】「五日物語」クリーチャーが生きている!血がドクドク湧き出る暗黒寓話

五日物語 3つの王国と3人の女(2015) Il racconto dei racconti(20

続きを読む

【クラシック】「カトマンズの男」はベルモンド、タンタン風ボンドガール乗せ!

カトマンズの男(1965) LES TRIBULATIONS D'UN CHINOIS EN CH

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

“Ç”【Netflix】日本ドラマ界新時代?「火花」の撮影が凄い件!

火花(2016) 監督:廣木隆一 出演:林遣都、波岡一喜etc 芥川賞を受賞したお笑い

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑