*

”Ç”伝統芸能に惑わされるな「黒衣の刺客」

”Ç”伝統芸能に惑わされるな「黒衣の刺客」

黒衣の刺客(聶影娘)


監督:侯孝賢(ホウシャオシェン)
出演:スー・チー、妻夫木聡etc

評価:40点

本年度カンヌ国際映画祭で監督賞
獲った作品「黒衣の刺客」。
妻夫木聡が出演しているにも関わらず、
東京では新宿ピカデリーと渋谷TOEIの2箇所
でしか上映されていない。
確かに、カンヌの「監督賞」作品は
監督のキャリアの中で微妙な作品が
多く、「闇のあとの光」のように
酷評されたのに受賞した作品もある。
さてホウ・シャオシェンの新作は
いかなものか?

キン・フーを美しく

予告でも映画好きはぴんと来るかも
しれないが、キン・フーの「侠女」への
リスペクトが強いアクションになっています。
しかし、流石はホウ・シャオシェン。
ただ、キン・フーの浮遊感溢れるアクションを
真似するのではなく、デジタルの発達で
今でしか撮れない美しい景色を
白黒やカラーを織り交ぜて描く。
そして、台詞を徹底して排斥することで、
「刺客」=「暗殺者」としてのプロ感を
演出することに成功している。

故に難解で疑問が残る「黒衣の刺客」

故に、一度観ただけではよく分からない作品だ。
観終わった後、各映画サイトのあらすじを読むと
「こんな話だっけ?」と思うほどである。
寝はしないほど圧巻の映像なのだが、
語らなすぎてよく分からない。

ざっくりと、あらすじを話すと、
誘拐された女の子が13年もの時を経て
女性の道士に凄腕の暗殺者として
育てられる。んで、今回標的が自分の元
婚約者の暴君だ。
んで殺そうとするのだが、彼女の弱点「情」
によって中々良いところまで行くのだが殺せない。
そうこうしているうちに、
流石の彼女にも危険が迫り、
丁度遭遇した遣唐使集団に助けられる…って内容だ。

そもそも、観ていて疑問だったのは、
「何故、情に弱い女がめっちゃ強い暗殺者になれたのか?」である。
アヴァンタイトルで白黒映像の中、ある別の標的を倒す場面がある。
殺す寸前で、赤ちゃんがいたため、殺害をやめるシーンがある。
回想の場面として白黒を用いているため、
本来だったらカラーの本編で彼女の成長を魅せる必要があるのだが、
全くその場面はなく、また暗殺者とは言え、実際に殺したのは
一人ぐらいしかいない。ほとんどのアクションで、
彼女は峰打ちを格好良くキメている、るろうに剣心もビックリ
プレイを魅せているだけである。
おいおいおい、暗殺者じゃねぇ、ただの機敏な人やんw

それなら、この作品の主題は

「育ててくれた親、つまり女道士への決別」

になるはず。
確かにそういった場面もあるのだが、
殺すのではなくいつも通り後味の悪いアクションで
終わらせてしまう。

別に殺すのが重要ってワケではない。
キン・フーの「侠女」だって、血だらけになる
場面はなかった。その代わりに、メリハリの
アクションでしめるところはしめていた。

しかし、この作品では美しい映像に隠れて
「メリハリ」というのを誤魔化しているトンデモナイ作品だ。
だから、いくら黒衣の刺客が暴れていても、
本陣ではどこかのほほんとしていて緊張感がない。
また、説明描写を省きすぎて、何故遣唐使を
登場させる必要があったのかが非常に曖昧なもの
となってしまった。

伝統芸ってなんでも美しく見えてしまうが、
美しさばかりに注目していると
ストーリーの酷さになかなか気づけないものである。

とはいえ、映像だけは文句なし
観て損はない…故に困った作品なのである…


関連記事

TIFF2016鑑賞記録3「シエラネバダ」これはルーマニア版「サザエさん」3時間スペシャルだ!

シエラネバダ(2016) SIERANEVADA(2016) 監督:クリスティ・プイウ 出

続きを読む

“Ç”「ショック集団」B級映画の巨匠サミュエル・フラーの怪作

ショック集団(1963) SHOCK CORRIDOR(1963) 監督:サミュエル・フラー

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑬】「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」吉永小百合リベンジマッチ

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清,高田敏江, 宮口精

続きを読む

“Ç”子どもも少しは分かってくれる?「リトルプリンス 星の王子さまと私」

リトルプリンス 星の王子さまと私(吹き替え) THE LITTLE PRINCE 監督:マーク・オ

続きを読む

“Ç”イーストウッド・マジックで描かれる緊迫感「インビクタス/負けざる者たち」

インビクタス/負けざる者たち(INVICTUS) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モー

続きを読む

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕記念!今こそ観たい「西部開拓史」

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕! 7/1(土)よりお台場「ユナイテッド・シネマ アク

続きを読む

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

【ネタバレなし】「キングコング 髑髏島の巨神」GACKTもびっくり怪獣がいっぱい!

キングコング 髑髏島の巨神(2017) KONG SKULL ISLAND(2017) 監督

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】タランティーノ絶賛「イット・フォローズ」、ホラーのくせに難解?謎に迫ってみた…

イット・フォローズ(2014) IT FOLLOWS(2014) 監督:デヴィッド・ロバート

続きを読む

“Ç”男向け道徳教科書「フレンチアルプスで起きたこと」

Turist 監督:リューベン・オストルンド 出演:ヨハネス・クーンケ、リサ・ロブン・コングスリe

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】『セネガルの春』光州事件さながら!Netflixで観られるセネガル大統領選

セネガルの春(2015) Incorruptible(2015)

【MUBI】『天使の復讐』は『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い

天使の復讐(1981) Ms.45(1981) 監督:アベル・

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016)

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑