*

“Ç”北欧産トマス・ピンチョン系アドベンチャー「国を救った数学少女」

“Ç”北欧産トマス・ピンチョン系アドベンチャー「国を救った数学少女」

国を救った数学少女
The Girl Who Saved the King of Sweden

国を救った数学少女
著者:ヨナス・ヨナソン
訳者:中村久里子
出版:西村書店
出版年月日:2015/7/10 初版第1発行

スウェーデン御用達!アトミックな『リケジョ』

 昨年、日本でも公開された「100歳の華麗なる冒険」。
その原作者ヨナス・ヨナソンがまたまた
ぶっ飛んだ作品で世界中を魅了させた!
その名も「国を救った数学少女」。
最近、日本でも理系人を沢山輩出しようと
「リケジョ」って言葉を流行らせている。
そんな激アツな「リケジョ」旋風に原爆を
落としたのがこの作品である。

表紙を見ると一見、児童小説かな?と思ってしまう
ポップで可愛らしい表紙だが、それはトラップである。
何故か原子力研究所で掃除婦をする
南アフリカの出身の14歳少女ノンベコ
読み書きはできないが、数学だけ異常にできる
彼女は隠された7基目の原爆を手にしてしまい、
国家ぐるみの争奪戦に巻き込まれる…どうかしています。
読み進めていくと、変な双子やどこか間抜けな諜報員、
さらには胡錦濤国家主席と実在する人物まで総計数十人
のキャラクターが縦横無尽に文章を駆け回ります。
ボキャブラリーも様々な言語・国・専門用語が飛び交い、
その様子はまるでトマス・ピンチョンの
重力の虹」を思ってしまうほど、マジでどうかしています。

 しかし、そんなぶっ飛んだ小説が世界各国で賞賛されている。
その秘密は、「リアリティ」にある。
著者のヨナス・ヨナソンは元々スウェーデンの
地方紙でジャーナリストをしており、
マスコミ界にどっぷりとつかっていた人である。
なので、中東との核兵器による牽制、
どの国が核兵器を持っているかと躍起になって
調べる様子が緻密に描かれているのである。
そこに、「長くつ下のピッピ」のような
破天荒でちょっとヘン、でも愛らしい少女ノンベコを
登場させることでぐいぐい作品の世界に引き込まれていく。
そんなジェットコースター小説「国を救った数学少女」
の映像化不可能な世界観、
読めば読むほどしみ出てくるブラックな笑い…
どうかしている程にオモロイ!

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞予想~男優賞編~ディカプリオ、スタローン獲れるぞ!

主演男優賞 ・マット・デイモン「オデッセイ」 2016/2/5(金)TOHOシネマズ日本橋他

続きを読む

【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画

レインボウ(2017) 原題:Una Questione Privata 英題:RAINBOW

続きを読む

“Ç”あんたらがテロリストやん「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン Marvel Avengers:Age of Ultro

続きを読む

”Ç”チェ・ブンブン、フリットに死す

映画観終わった後、 2時になっていたので、 メーヌ川を渡ってランチしに 行きました。

続きを読む

“Ç”山田洋次の遺言状「母と暮らせば」二宮和也の潜在能力を300%引き出し…

母と暮らせば 監督:山田洋次 出演:二宮和也、吉永小百合、黒木華etc 評価:80点

続きを読む

【若干ネタバレ】「RANMARU 神の舌を持つ男(中略)鬼灯デスロード編」堤幸彦最低駄作な10のポイント

RANMARU 神の舌を持つ男(中略) 鬼灯デスロード編(2016) 監督:堤幸彦 出演:

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「フロッキング」閉鎖された町の陰惨さを暴くスウェーデン産スリラー

フロッキング(2015) 英題:Flocking スウェーデン題:Flocken 監督:

続きを読む

【ネタバレなし】『探偵はBARにいる3』これぞお正月、クリスマス、大泉洋映画だ!

探偵はBARにいる3(2017) 監督:吉田照幸 出演:大泉洋、松田龍平、北川景子、 前田

続きを読む

「ハードコア」主人公は君だ!ロシアのエクストリームFPS映画が凄かった件!

ハードコア(2016) HARDCORE HENRY(2016) 監督:イリヤ・ナイシュラー

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「彼方から」金獅子賞受賞のベネズエラ産ゲイ映画

彼方から(2015) Desde allá/FROM AFAR(2015) 監督:ロレンソ・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑