*

“Ç”観客もつらいよ「神々のたそがれ」映画史上最も汚い映画w

“Ç”観客もつらいよ「神々のたそがれ」映画史上最も汚い映画w

神々のたそがれ(Hard To Be A God)

神々のたそがれ
監督:アレクセイ・ゲルマン
出演:レオニヤド・ヤルモルニク、アレクサンドル・チュトゥコetc

いつの間にか上映から時間が経っており、
ユーロスペースで5/9(水・祝)までと
リミットが迫っている3時間のロシア映画
「神々のたそがれ」を観てきました!!

原作は、あのタルコフスキーの傑作「ストーカー」
原作者ストルガツキー「神様はつらい」です。

でも、この映画、まじめに神様どころじゃないw
観客もつらい作品でしたww
ドM精神を持っていないとかなり厳しい映画と
言えよう。

ヤバい点1:とにかく汚い

普通、どんな映画も白黒にしたらそれなりに
格好良くなるじゃない。
あの「ムカデ人間2」だって、幻想的で
アーティスティックと思うシーンが
あったさ。しかし、これは「汚い」としか言い様がない。
3時間にわたり、糞尿、泥、ゴミみたいな人々を
永遠に魅せられるのだw「時計じかけのオレンジ」の
彼も洗脳出来るほどの嫌悪感だ。

今まで、ブンブンは「追憶のざわめき」「ブレインデッド
と言ったゲテモノ映画をさんざん観てきたが、
これに勝るものはなかろう。
15年の歳月をかけてこんなのを作ったとは、
俳優も監督も凄いとしかいいようがない。

ヤバい点2:ストーリー

次に、想像通りであろう。ストーリー。
各映画サイトを通じて予習して観たものの、
全くストーリーを追えないのだ。

なんたって、地球からやってきた刺客は
光線銃や宇宙船なんてものを持っていない。
伊能忠敬かと思わせる、測量具を持った
男たちが地球人なんだ!
しかも移動も馬だから、SFというよりかは
ロシアン時代劇だね~

そして、トマス・ピンチョンもびっくり!
出オチのキャラがやたらと多く、
誰がどこの組織の人かがわからなくなる。
しかも、意外な人が伏線として後半に
出現したりするから困ったもんだ。

観終わった後も、こんなストーリーだったっけ?
と思うのだが、一応ストーリーこんな感じだ。

地球より800年も遅れた惑星に、30人の学者が送り込まれる。
そこのアルカナルでは、知識人が商人に迫害されており、
知識人は隣国イルカンに亡命していた。

そんな中、一人の地球人ドン・ルマータは惑星の人から
神として崇められるようになるが政治介入は地球側から
禁止されており、ドン・ルマータは欲と葛藤の渦に飲み込まれて
いくのだった…

ヤバい点3:中毒性がある

こんな、ちょー辛いドM向け映画なんだけれど…
観終わってからずっと反芻、考えちゃうんだよね~
夢中になっちゃうんだよね~

ドン・ルマータの横暴でむかつくような態度、
それは政治介入出来ないから、現地人を軽くあしらう
ことしかできなっかったからなのか?

アルカナルでは中期ルネッサンス期を迎えているようだが、
全然反映しているように見えない。
それは、この惑星には強大な宗教も芸術もありゃしない
からなのか?とか一日中ずっと考えてしまう。

カメラワークが、「世界ふれあい街歩き」
っぽいのも手伝って、
3時間汚い世界をフィールドワークした気持ちになり、
カルチャーショックにもなった。

正直観る人を選ぶが、一生に一度は、
あるいは海外ボランティアに参加する前に
観た方が言い映画と言えよう。
「神々のたそがれ」予告編

ユーロスペースのレベルの高さ

ユーロスペース
現在、ユーロスペースでは
当ブログでも紹介した
全編手話映画「ザ・トライブ」絶賛上映中。
また、5/1(金)からは
ペ・ドゥナのゆりゆり演技が楽しめる「私の少女」
が上映されます。

どれも強烈な作品なので是非GW足を運んでみては
いかがでしょうか?

関連項目

「ザ・トライブ」感想
「私の少女」感想
ユーロスペース

関連記事

「MILES AHEADマイルス・デイヴィス 空白の5年間」ドンさんの愛は分かった。しかし…

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2016) 監督:ドン・チードル

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家洋画部門、1位はベルイマンの幻カルト作品

ブンブン映画ベストテン2015家洋画 今年はあんまり洋画の旧作を 観られなかったと感じている

続きを読む

【実話】11/14公開「エディ・ザ・イーグル」吹っ切れたバカは清々しい!

北欧旅行で観た映画6: エディ・ザ・イーグル(2016) EDDIE THE EAGLE(201

続きを読む

【TAAF2018】『パジャマを着た男の記憶』日本公開希望!自分を切り売りするということ

パジャマを着た男の記憶(2017) MEMORIES OF A MAN IN PAJAMA(201

続きを読む

“Ç”チェコの特撮王カレル・ゼマン「悪魔の発明」

チェコアニメーションと言えば? チェコ映画...映画オタクがぱっと浮かべるのは ヤン・シュヴァン

続きを読む

”Ç”捕食されるぞ!ゲスの極み、恐竜に「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・ワールド(Jurassic World) 監督:コリン・トレボロウ 出演:クリ

続きを読む

【試写会】来年2/11公開「たかが世界の終わり」ドランが犯した2つのミス

たかが世界の終わり(2016) JUSTE LA FIN DU MONDE(2016) 監督

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

“Ç”11/13(金)にこれを観たよ「13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ」

13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ Friday the 13th Part VIII

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑