*

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン、エマ・ストーン、
ナオミ・ワッツ、エドワード・ノートンetc

「アカデミー賞作品賞は…『バードマン』!」
と聞いた時、正直驚いた。
「6才のボクが、大人になるまで。」じゃないんだ~

根拠として、アカデミー賞作品賞は毎回社会派や
歴史系の作品が獲る事が多く
「ハート・ロッカー」「それでも夜は明ける」
みたいな作品が受賞していた。

確かに「6才のボクが、大人になるまで。」も
あまりシリアス度がない作品なのだが、
今回、こんなアーティスティックでブラックな
コメディ映画が受賞するなんて
衝撃的でした。

久しぶりにTOHOシネマズ シャンテへ…

シャンテ
留学後、久しぶりにシャンテに行ってきました!
最近TOHOシネマズでは、チケットをもぎることが
なくなりブンブンちょっと哀しいが
懐かしかった。そうそう、あのカンジだ。

異色なアート映画「バードマン」

バードマン
いやー冒頭からびびりましたね~
「ゴダールか!」って突っ込みを入れたくなる
文字ワークとジャズ音楽をぶち込んで物語は
スタートする。

んで、「トゥモロー・ワールド」や「ツリー・オブ・ライフ」、
「ゼロ・グラビティ」で魅せたエマニュエル・ルベツキの
舐めるようなカメラワークで圧倒する。

本当に、映像の切れ目がわからない。
どうやって撮ったんだ?ってカットの連続にびっくり。
正直、観る前までは「編集が凄いんでしょ?」と
皮肉ってたが、アレは真似できない。
素人にはできないカメラの切り替えが素晴らしかった。

そして、日本語字幕にまで指示出しする
イニャリトゥの拘りが幸いして
観たこともないような空間がそこにはあった。

俳優人生の鏡

町山智治の解説によると、
この作品は俳優人生とリンクさせる映画とのこと。
主役のマイケル・キートンは「バットマン リターンズ」
の俳優だが、全然それ以後B級映画ばかり出演している。
そんな彼が今回、アート映画に出て新境地を開拓しようとする
様子がまさに「かつては『バードマン』シリーズで
有名だった落ちぶれ俳優が一発逆転を狙って
アート劇で頑張る」様子とリンクする。

また、売れない女優ナオミ・ワッツも役柄で
一発逆転を狙う女優を演じているが、
彼女も元々売れ始めた最初の映画が
「マルホランド・ドライブ」とアート映画だ。

故に、冴えない人々が必死になっている姿が
リアルで応援したくなる。
特に、後半マイケル・キートンが裸で
タイムズ・スクエアを闊歩する
シーンはエールを送りたくなる。

「愛について語るとき我々の語ること」

この作品で役者が演じる作品は、
レイモンド・カーヴァーの
「What We Talk About When We Talk About Love
(愛について語るとき我々の語ること)」。

図書館で予約したのだが、前の人が延滞しまくっているせい
か間に合わず結局未読のまま「バードマン」を観た。

どうやら、この小説はミニマリズム小説の一つで、
飾らないシンプルな作風で演出。
その結果、「愛」について読者に対し残酷に問いかける
作品だそう。

ゴテゴテの装飾、炎とかでキャラクター形成していた
「バードマン」役者にとって、一番難しいジャンル。
僅かなスペース、台詞の中だけで演出しないと
いけない難しい演技に挑戦していたようです。

早く、「愛について語るとき我々の語ること」
を読んでみたいな~
「バードマン」予告編

関連項目

エマ・ストーン主演作「マジック・イン・ザ・ムーンライト」レビュー
ヴェネチア映画祭で「バードマン」倒した映画「さようなら、人類」

関連記事

“Ç”第18回カイエ・ドゥ・シネマ週間in東京に潜入!「アッシャー家の末裔」35mmフィルムver.

久しぶりにアンスティチュフランセ東京へ... 飯田橋にあるフランス語学校アンスティチュフランセ

続きを読む

第1回アカデミー賞作品賞受賞作「つばさ」を観てみた

つばさ(1927) 監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:クララ・ボウ、 チャールズ・ロ

続きを読む

地球の急ぎ方~北欧編:魔女の宅急便の舞台!ガムラスタンへ行ってみた なんとノーベル博物館もあるぞ~

北欧卒業旅行記: ガムラスタン(GAMLA STAN) 先日、卒業旅行で スウェーデン・ス

続きを読む

【ネタバレなし解説】「レゴ バットマン ザ・ムービー」今年暫定ベストな5つの理由 バットマンの腹筋で腹筋崩壊

レゴ バットマン ザ・ムービー(2017) THE LEGO BATMAN MOVIE(2017)

続きを読む

【ドグマ95研究】「The King is Alive」砂漠のど真ん中でもっとやることあるだろうww

The King is Alive(2000) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:ジェニファ

続きを読む

【ネタバレなし】「SCOOP!」福山雅治はゲス男にもなれる!ロバート・キャパに注目!

SCOOP!(2016) 監督:大根仁 出演:福山雅治、 二階堂ふみ、リリー・フランキー、

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン外国映画部門!1位はなななんと「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン外国映画 皆さん、なんと! 今年のベスト1位は「マッド

続きを読む

【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び

スヴェタ(2017) SVETA(2017) 監督:ジェンナ・イサバエヴァ 出演:ラウラ・

続きを読む

“Ç”【ネタバレ・解説】あの元ネタはこれですよ「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼(1997) 監督:こだま兼嗣 出演:高山みなみ, 山崎和

続きを読む

“Ç”最強のふたりのタッグをもう一度!「サンバ」

「サンバ」 監督:エリック・トレダノ、 オリヴィエ・ナカシュ 出演:オマール・シー、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』いきなりダンケルク!

ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(2017) GIRLS UND

『gifted/ギフテッド』少女と似た境遇のブンブンが語る生々しさ

gifted/ギフテッド(2017) gifted 監督:マー

【解説】『パーティーで女の子に話しかけるには』迫り来るエル・ファニングに備えよ!

パーティで女の子に話しかけるには(2017) How to Talk

『死んだってへっちゃらさ』クレール・ドゥニ幻の作品を新文芸座で!

死んだってへっちゃらさ(1990) S'EN FOUT LA MOR

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

オリエント急行殺人事件(2017) Murder on the Or

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑