*

”Ç”ピエロって怖いよねー「クラウン」フェイク予告編がまさかの映画化!

”Ç”ピエロって怖いよねー「クラウン」フェイク予告編がまさかの映画化!

クラウン(CLOWN)

(null)
監督:ジョン・ワッツ
出演:アンディ・パワーズ、ローラ・アレンetc

近年、フェイク予告編から実際に
映画化する事があり、
「マチェーテ」
「ホーボー・ウィズ・ショットガン」
と言った傑作が生まれた。

今回紹介する「クラウン」も
フェイク予告編から飛び出した
傑作である。

あらすじ

息子の誕生日パーティーに
出張ピエロを呼んだのだが、
ドタキャンされてしまう。
パパはなんとかしようと、
仕事場を漁っていたら奇跡的に
ピエロのコスチュームを
発見。無事、息子を
満足させました、めでたし、
めでたし…と思いきや
パパさんピエロの
コスチュームが脱げなくなって
しまう…

学生の予告編が奇跡を生んだ

この作品、元々、映画学校の生徒が
作った予告編。
予告編なのに、めちゃくちゃ怖い。
しかも、めっちゃ面白そう。
丁寧にもクレジットにイーライ・ロス
の名を刻み込む徹底さ。

なんと、予告編製作者
ジョン・ワッツに
イーライ・ロス自ら
「映画化しないか?」
とオファーがあり実現。

なんと、脚本の手伝いに
「素敵な相棒 フランク
じいさんとロボットヘルパー」
のクリストファー・フォードを
手配させる異色要素を
ぶち込んできた!

すげー

期待を裏切らず、予想を裏切る傑作

あんだけ、期待度高める
予告編。最初から評価
ハードル高いのが…
ばっちし超面白い、んで怖い!

ホラーって実は怪物よりも、
人間が悪役の方が怖い。
この作品の悪魔のピエロへと
変貌するオッちゃんの
変貌のしようが怖い。

最初の優しいパパさん像を
魅せつけているため、
油断してると爺さんだろうと
子供だろうと容赦なく
殺戮してく。
イーライ・ロス節ねじ込んできたw

んで、ココでピエロ襲ってくるだろう
と思わせといて、ズラす。
思わぬ場所から襲ってくる。
ピエロの服を脱ごうと躍起になる
おっさんの発想もクレイジーすぎて
爆笑である。

バイオレンスの魅せ方が上手い

イーライ・ロス製作総指揮で
ジョン・ワッツにバイオレンス描写
の極意を伝授。

「ホステル」で魅せた、
間抜けなんだけれど、
痛そうで怖い描写を沢山魅せてくれます。

驚かす以外のホラー描写キチンとしてるw

ジョン・ワッツの今後に期待

予告編よりかは怖くない点ちょっと
残念だが、ホラーの肝を押さえた作り。
ホラー好きが観ても、さりげなく
予想を外して怖さを魅せてくる
テクニック。なんか当たりの
スティーブン・キング映画を観ている
感じでした。

今後の活躍に期待である。
「クラウン」予告編

関連記事

【寅さんフルマラソン㊹】「男はつらいよ 寅次郎の告白」泉ちゃんの就職

男はつらいよ 寅次郎の告白(1991) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 吉岡秀隆,夏木マリ

続きを読む

“Ç”【したこめ】オリンピック×ゾンビ映画「キートンのセブン・チャンス」

キートンのセブン・チャンス(1925) SEVEN CHANCES(1925) 監督:バスタ

続きを読む

【ネタバレなし】「ワイルド・スピード ICE BREAK」ジェイソン・ステイサム最高傑作

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017) Fast & Furious 8(2017)

続きを読む

2016年秋岩波ホール上映決定「とうもろこしの島」ジョージア産アート映画パリUGC CINÉ CITÉにて

パリChâtelet-Les hallの駅地下に 映画館がある。 ブンブン切望するUGC系列

続きを読む

”Ç”留学前に破傷風の予防注射しようw「震える舌」

震える舌 監督:野村芳太郎 出演:渡瀬恒彦、十朱幸代、若命真裕子etc 評価:90点 この時期

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「笑う故郷(旧題:名誉市民)」オスカル・マルティネス、ヴェネチアで男優賞受賞の帰郷コメディ

名誉市民(2016) El ciudadano ilustre(2016) 監督:ガストン・

続きを読む

“Ç”庶民的ヒーロー出現「アントマン」

アントマン(ANT-MAN) 監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン

続きを読む

【リポート】遊べるレアンドロ・エルリッヒ展!『ザ・スクエア』を読み解く鍵ここにあり?

レアンドロ・エルリッヒ展に行ってきた 2017.11.18(土)~2018.4.1(日)の間、

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

“Ç”「Leviathan」日本公開記念。ズビャギンツェフデビュー作「父、帰る」

「Leviathan」が「裁かれるは善人のみ」って邦題で公開決定! カンヌ映画祭で脚本賞を受賞

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑