*

“Ç”ヨーロッパにまた行きたくなる映画「恋人までの距離(ディスタンス)」

“Ç”ヨーロッパにまた行きたくなる映画「恋人までの距離(ディスタンス)」

恋人までの距離(Before Sunset)

監督:リチャード・リンクエイター
出演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルビーetc
普段は恋愛映画を観ないブンブンですが、
先日何気なく観たラブストーリー「恋人までの距離」が
メッチャロマンチックだったので紹介します。

実は「6才のボクが、大人になるまで。」の監督が以前に、
ビフォアシリーズと称して、一組のカップルが誕生するところから
倦怠期に至るまでを3部作にして作っており、
その一作目がコレである。

ブンブン、高校時代に2作目の「ビフォア・サンライズ」を
観て、パリの美しさに惚れていましたw

モラトリアムで熱々過ぎる男女

一作目「恋人までの距離」は、
まさに「出会い」の章。

アメリカ人学生とフランス人学生がヨーロッパ鉄道
の車内で出会い一日限りのウィーン観光をする話である。

偶然、見つけたステキな女性にイーサン・ホーク一目惚れ
「声を掛けるか」否か迷い必至にアタックするイーサンに
時めく。この必至感と若さに熱くなる。

そしてナンパ成功、一緒にランチ、そしてウィーン観光と
フェイズを踏む。いいねーイケイケーと応援したくなる。

しかし、一夜は段々終わりに近づく

教会やオペラ座、ドナウ川といった歴史ある町並みを
散策する二人、次第にイーサン・ホークが焦り出す。
「別れたくないからいかにして滞在時間を延ばすか?」
明らかに見え見えである。

レストランで別れを言うが、耐えられずバーに
誘う。そこでバーのマスターに言う学生らしい
賭けの一言「若いね~」。

ブンブンも思い当たるところがあり、
段々切なく、画面を直視できなくなる。
ジュリー・デルビーとのステキな一日が
終わってしまう、分かっているが
辛すぎる…

そこで最後に魅せるイーサン・ホークのアタック
がクール過ぎて心の中で拍手喝采!
俺もあんなアプローチが出来たらなーと思った。

「緑の光線」の良さが分かってきた

この映画及び「ビフォア・サンライズ」は
明らかにエリック・ロメールの「緑の光線」を
意識した、自然でドキュメンタリーのような
ラブストーリーである。

ブンブン、以前「緑の光線」観た時は
良さに気づかなかったが、
今は辛いほど分かる。

人生で極稀に現れる黄金のような日。

そんな経験を映画でさせてくれるなんて
なんて贅沢なんだろうと感じました。

「恋人までの距離(ディスタンス)」予告編

関連記事

【ネタバレなし】「映画 聲の形」1巻完全再現、地獄絵図と西宮役・早見沙織の演技に注目

映画 聲の形(2016) THE SHAPE OF VOICE(2016) 監督:山田尚子

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016) AMERICAN HONEY(2016) 監督:アンドレア・

続きを読む

“Ç”ドキュメンタリーなのにベルリンで脚本賞!パトリシオ・グスマン監督作「真珠のボタン」

真珠のボタン El boton de nacar 監督:パチリシオ・グスマン 評価

続きを読む

“Ç”モーリタニア映画観ます?TIMBUKTU「禁じられた歌声」で12月日本公開

TIMBUKTU(2014) 監督:アブデラマン・シサコ 出演:Ibrahim Ahmed,

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

湖の見知らぬ男(2013) L'inconnu du lac(2013) 監督:アラン・ギロ

続きを読む

【Netflix】ナイジェリア映画「オクラを買いにいかせたら(GONE TOO FAR!)」が大大大傑作だった件

オクラを買いにいかせたら(2013) GONE TOO FAR!(2013) 監督:Dest

続きを読む

“Ç”【採点不能】橋口亮輔監督7年ぶり長編監督作「恋人たち」

恋人たち 監督:橋口亮輔 出演:篠原篤、成嶋瞳子、池田良etc 評価:採点不能

続きを読む

“Ç”【ホントウにあったシビルウォーな話】「カルテル・ランド」麻薬戦争の実態

カルテル・ランド(2015) CARTEL LAND(2015) 監督:マシュー・ハイネマン

続きを読む

”Ç”フランス映画「グレート デイズ!」邦題はアレだが2人のアイアンマンに泣

監督:ニルス・タヴェルニエ 出演:ジャック・ガンブラン、 アレクサンドラ・ラミー

続きを読む

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

クールで壮絶な映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」ついに鑑賞! アメリカのカルト映画

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑