*

“Ç”イーストウッドが叩きつけるイラク戦争「アメリカン・スナイパー」音響編集賞受賞

“Ç”イーストウッドが叩きつけるイラク戦争「アメリカン・スナイパー」音響編集賞受賞(null)
(null)

アカデミー賞賑わすイーストウッド新作「アメリカン・スナイパー」観てきた!

久しぶりにTOHOシネマズ渋谷に
行った。今回は友人と映画観るため、
昨日ネット購入しようとしたら、
朝の段階で15:20の回前から5列目以降
皆売れていて焦った(^^;;

でもD-14,D-15といい席取れたぞ!
当日、「テラスハウス」と共に
満席^o^いい滑りだしですねー

ってことで、監視結果を
報告するぞ!

American Sniper

(null)
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、
シエナ・ミラーetc

この前、フォーシーズンズの
聴かせる伝記映画を撮った
イーストウッドがいきなり
激しくシリアスな戦争物を
撮り、アメリカで賛否両論。
アカデミー賞にノミネートしまく
っているという問題作。

これから観る人は相当覚悟した
方がいい。ブラピ主演の
「フューリー」がアカデミー賞に
ノミネートしないのも仕方がないと
思うほどリアル。グロすぎて
直視できない程「マジなイラク戦争」
を描いている。

原作はシールズ隊員の自伝

アメリカ最強の軍「シールズ」に
所属していたクリス・カイルの
自伝が原作だ。

彼は最強のスナイパーとして、
アメリカの平和のためイラク戦争で
160人以上殺した。

しかし、彼はPTSDに掛かり
軍を辞めPDSD仲間とリハビリを
行っていたところ、
仲間に殺された。

スナイパーもツライよ

今回、イーストウッドはこの
スナイパーがいかに心が汚されていくか
を描いているのだが、普通の監督じゃ
出来ないような離れ業をやってるぞ!

まず戦争映画において「スナイパー」
とは、安全地帯から敵を殺す為、
正直「セコい」。

故に、映画には向かない主人公だ。
よっぽど、観客をストーリーに
引き込む力がないとアウト。

以前、地雷除去映画「ハート・ロッカー」
がアカデミー賞獲っている以上
ハードルが高い。

しかし、彼は巧みにカメラの標準を
変えることでスリルを演出。

予告編でお馴染みの
子どもを撃つか撃たまいか?
その緊迫、観客にもひしひしと
伝わる。また、まるで本当に
射殺しているかのリアルな
血しぶき描写は目を覆う!

これが戦地、スナイパーも
ツライよって現実を観客に
突きつけました。

イーストウッド、PDSDを描く

ただイーストウッドがマジで
描きたかったのは、戦争帰還兵の心の病
「PDSD」。イーストウッドは映画を撮る際
メッチャ事前勉強するようで、
「硫黄島からの手紙」「ジャージー・ボーイズ」
ときめ細かな演出の作品が多い。
もちろん、この作品も抜かりはなかった。

クリス・カイルが休暇でアメリカに居る時の
彼の仕草一つまで研究し尽くされている。
しかも、さりげなく使ってくる。
例えば、車が通りかかっただけでビクッと
ビビるところ。段々、心が蝕まれていくのを
演出するために、会話で「あなたどうしたの?」
みたいな台詞を入れてこない。

奥さん薄々カイルの異変に気づくのだが、
正体がつかめないっていうのを上手に描いた。

アカデミー賞は…

同じリアリティ路線の戦車映画「フューリー」
を差し置いてアカデミー賞6部門ノミネート、
「フューリー」を無ノミネートへ追いやった
作品。アメリカでは「プライベート・ライアン」を
超えるヒットを出す一方、様々な論争を呼んでいる。
故に、票割れして無冠になると思われる。

さてこの論争、
主に右翼と左翼の対決が熱いようだが、
映画評論家の町山智浩も言っているように
的外れな気がした。

劇中でも「報道されないイラク戦争」と
妻に悩みや戦地の惨状を伝えたいが
心の引き出しに押し込めてしまう葛藤を
強調していたので、別に彼を英雄視
する作品ではなかった。

右でも左でもない、
そんなイーストウッドの渾身の作品。
是非大スクリーンで観てほしいものである。

「アメリカン・スナイパー」予告編

関連記事

1.「フューリー」レビュー
(null)
ようやく、「セッション」のチラシ設置されました!
この映画サンダンスものなのにアカデミー賞5部門ノミネート
しているぞ!日本4/17公開。これはブンブンおすすめ。
映画館で観るべき作品だぞ!(「セッション」レビュー)

関連記事

“Ç”【小ネタ解説付き】「神様メール」聖☆おにいさんもびっくりの挑戦

神様メール(2015) Le tout nouveau testament(2015) 監督

続きを読む

“Ç”「ドライヴ」カルト監督N・W・レフンが生んだ奇跡のビンビン映画

ドライヴ(2011) DRIVE(2011) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演

続きを読む

【ネタバレ解説】「何者」2017卒就活生が激白!本作が等身大過ぎる10のポイント

何者(2016) 監督:三浦大輔 出演:佐藤健、有村架純、 二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生

続きを読む

『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希だけで5億点!山崎貴版『裸のランチ』に注目せよ!

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017) 監督:山崎貴 出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、安

続きを読む

“Ç”映画ファンの集い試写会②コンビニバイトを覚醒…おい、ちょっと待て!「エージェント・ウルトラ」

エージェント・ウルトラ(2015) American Ultra 監督:ニマ・ヌリザテ 出

続きを読む

“Ç”【レポート】何故チェコ・アニメーションはアニメと実写が融合するのか?

大学の授業のレポートで 「何故チェコ・アニメーションはアニメと 実写が融合するのか?」という

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

【ネタバレ】「オクジャ(OKJA)」カンヌを騒然とさせた韓国映画は、ちびまる子ちゃんMEETS○○だった件

オクジャ(2017) OKJA(2017) 監督:ポン・ジュノ 出演:アン・ソヒョン、ティ

続きを読む

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「ライオンハートCorazón de León」を観てみた!

ライオンハート(2013) Corazón de León(2013) 監督:Marcos

続きを読む

【ベネチア映画祭特集】「King of the Belgians」現代版ブッダ

King of the Belgians(2016) 監督:ピーター・ブロッセン、 ジェシア

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑