*

“Ç”第65回ベルリン映画祭終了 2015年金熊賞はイラン映画「Taxi」

“Ç”第65回ベルリン映画祭終了 2015年金熊賞はイラン映画「Taxi」

ベルリン映画祭閉幕

無題
先日2/15まで開催されていた
世界三大映画祭のひとつ
ベルリン映画祭が閉幕しました。

昨年度は、「6才のボクが、大人になるまで。」
「グランド・ブダペスト・ホテル」、
アラン・レネの遺作「愛して飲んで歌って」
など熟練監督の作品が受賞しまくったが、
今年は新人、知名度の低い監督が
会心の一撃を放ちまくった回でした。

だから、どうりでニュースが静かな訳だ。

受賞結果

・金熊賞
Taxi(ジャファール・パナヒ)

・審査員グランプリ
El Club(Paolo Larrain)

・アルフレッドバウアー賞
この賞は映画に画期的な視点を与えた
作品に贈られる賞とのことbyウィキペディア
Ixcanul(Jayro Bustamante)

・監督賞
Radu Jude(Aferim)
Malgorzata Szumowska(Body)

・女優賞
シャルロット・ランプリング(45 Years)

・男優賞
トム・コートネイ(45 Years)

・脚本賞
Patricio Guzmán(El botón de nácar)

・芸術貢献賞
Sturla Brandth Grøvlen(Victoriaのカメラマン)
Evgeniy Privin&Sergey Mikhalchuk(Under Electric Clouds)

感想

今回は、監督検索かけても、日本語説明が
出てこない作品が多く地味な感じである。
テレンス・マリックやSabu、ピーター・グリーナウェイ
といった巨匠が相次いで無冠になる事態だ。

しかし、その代わり凄いのが、
またもやイランが新世代の巨匠を生み出したのだ。
ってか、20年間イラン政府から映画制作も
出国もマスコミ関係者との接触も禁止されていた
男なのだが。

映画のデータをUSBに入れてこっそり映画祭に出品し
話題となった「これは映画ではない」。
「閉ざされたカーテン」でベルリン脚本賞を獲り、
ついに日本の映画好きの間でも無視できなくなる
であろうジャファール・パナヒ監督作「Taxi」。
金熊賞マジでおめでとうだ!

しかし、詳しい内容が謎に包まれている。
公式サイトにストーリー記載がない。
愛用のIMDbでも「A day with a taxi driver in Teheran.
テヘランにて、あるドライバーの一日」と
ざっくりしている。

日本公開は、まず東京国際映画祭やフィルメックスから
始まるのかな?

俳優賞は「45years」組が独占。
フランソワ・オゾン映画によく出演する
シャルロット・ランプリングに、
「カルテット!人生のオペラハウス」の
トム・コーネイ。
雰囲気的にBunkamuraル・シネマで上映しそうな
作品だ。

本来映画祭は、新たな才能を発掘する場である。
もしかしたら、今回受賞した人々が
将来怪物になっているかもしれませんね(*^_^*)

第65回ベルリン映画祭コンペ作リスト

※青印のタイトルは予告編に飛べまっせ!
45 Years(45 Years) Andrew Haigh監督 イギリス映画

Aferim!(Aferim!) Radu Jude監督 ルーマニア、ブルガリア、チェコ映画

As We Were Dreaming(Als wir träumten) 
Andreas Dresen監督 ドイツ、フランス映画

Big Father, Small Father and Other Stories(Cha và con và)
Dang Di Phan監督 ヴェトナム映画

Body(Ciało) Małgorzata Szumowska監督 ポーランド映画

・Chasuke’s Journey(天の茶助) Sabu監督日本映画

・Diary of a Chambermaid (Journal d’une femme de chambre )
ブノワ・ジャコ監督Belgium, France

Eisenstein in Guanajuato(Eisenstein in Guanajuato)
ピーター・グリーナウェイ監督 オランダ、メキシコ、フィンランド映画

Gone with the Bullets( 一步之遥) Jiang Wen監督 中国映画

Ixcanul Volcano(Ixcanul) 
Jayro Bustamante監督 グアテマラ、フランス映画

Knight of Cups( Knight of Cups)
テレンス・マリック監督アメリカ映画

Nobody Wants the Night (Nadie quiere la noche )
Isabel Coixet監督 スペイン、フランス、ブルガリア映画

Queen of the Desert(Queen of the Desert)
ヴェルナー・ヘルツォーク監督 アメリカ、モロッコ映画

・Sworn Virgin (Vergine giurata)Laura Bispuri 監督
イタリア、スイス、ドイツ、アルバニア、コソボ映画

Taxi( تاکسی )Jafar Panahi 監督 イラン映画

・The Club(El Club)Pablo Larraín監督 チリ映画

・The Pearl Button(El botón de nácar)
Patricio Guzmán監督 フランス、チリ、スペイン

Under Electric Clouds(Под электрическими облаками)
Aleksei Alekseivich監督 ドイツ、ロシア、ウクライナ、ポーランド映画

Victoria(Victoria)Sebastian Schipper監督 ドイツ映画

参考資料

第65回ベルリン映画祭サイト
IMDb

関連記事

【寅さんフルマラソン㉓】「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」満男の作文事件勃発

男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,布施

続きを読む

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画1

ようやく公開される傑作たち 日本はとにかく、洋画の公開が遅い。 下手すれば他国よりも一年近く 待たね

続きを読む

“Ç”11/13(金)にこれを観たよ「13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ」

13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ Friday the 13th Part VIII

続きを読む

“Ç”【小ネタ解説付き】「神様メール」聖☆おにいさんもびっくりの挑戦

神様メール(2015) Le tout nouveau testament(2015) 監督

続きを読む

“Ç”ベルリン国際映画祭金熊賞受賞パナヒ最新作「人生タクシー」東京フィルメックスにて

タクシー(TAXI) 監督:ジャファル・パナヒ 出演:ジャファル・パナヒetc 評価:

続きを読む

「カフェ・ソサエティ(Café Society)」ウディ・アレンの小粋な1930年代ドラマ

カフェ・ソサエティ(2016) Café Society(2016) 監督:ウディ・アレン 出演:

続きを読む

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

“Ç”ヤキトリ!ウラー!オトギバナナ!「ミニオンズ」

ミニオンズ(Minions) 監督:ピエール・コフィン&カイル・バルダ 声の出演:多田野曜平

続きを読む

【2017年公開】「未来を花束にして(SUFFRAGETTE)」キャリー・マリガン、あさま山荘事件に巻き込まれるの巻き

サフラジェット(2015) Suffragette(2015) 監督:サラ・ガブロン 出演:キ

続きを読む

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter 監督:アフィア・ナサニエル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑