*

“Ç”豪華すぎるキャストなのに幻の作品「Mishima: A Life In Four Chapters」

“Ç”豪華すぎるキャストなのに幻の作品「Mishima: A Life In Four Chapters」IMG_9945.JPG

Mishima: A Life In Four Chapters

監督:ポール・シュナイダー
出演:緒形拳,沢田研二etc

カンヌ映画祭で最優秀芸術貢献賞を
獲り、フランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが
製作総指揮、
監督は「タクシードライバー」
「レイジング・ブル」の脚本家で
出演は緒形拳や沢田研二と
豪華すぎるキャストなのに
日本未公開、
未DVD化の作品がある。

その名は
「Mishima: A Life In Four Chapters」
三島由紀夫の自決事件と
彼の小説数篇を融合した
超大作だ!

昭和天皇を描いた「太陽」は
日本で公開、及びDVD化も
されたのに、未だ日本では
過激派を恐れてか
観られない(一応youtubeに
全編あるけどね…)状況だ!

しかし、断言する‼︎
早くも今年ナンバーワン
候補の作品だ(≧∇≦)

外国人が日本をリスペクトした
映画を撮ると大抵ロクでも
ないことが起こる。
「ラーメンガール」の誤った
日本感。無理矢理舞台を
ホームグランドに移したものの、
コメディと化した
三島由紀夫原作
「午後の曳航」など数え切れない。

しかし、この作品は、
実際の事件を再現しつつ、
小説とリンクさせていく
荒技をあまりにも綺麗に
やり遂げているのだ(^^)

複数の話を交互に語る、
しかも現在進行形で
ジワジワ進めるスタイル
として「クラウドアトラス」や
「イントレランス」があるが、
あれらとは違いコイツは
実話を盛り込んでいく。

さらに、三島由紀夫事件と
リンクさせるのが
「金閣寺」「鏡子の家」
「豊饒の海(2巻)」と
自爆特攻するのかと思う程
到底2時間に収められない
大作を持ってくる…

なのに、なのに、
原作からの引用文をテクニカルに
使いこなし、映画化すると
どうしても失うような
小説ならではの
抽象表現を映像で見事に再現。

三島由紀夫自決シーンに、
各サブストーリーを
リンクさせていく…

これぞ!文芸映画!伝記映画!
圧巻でした(≧∇≦)

緒形拳が三島由紀夫よりも
國村隼に見えて仕方がない
問題こそあれど、三島由紀夫に
思い入れがある人が観ても大満足な
傑作でした!

日本よDVD化頑張ってくれ〜

一応youtubeに本編あります。
できればDVD等で観て欲しいのだが、
やむ得ない場合はどうぞ↓

関連記事

“Ç”アカデミー賞助演女優賞最有力アリシア・ヴィキャンデル出演作「EX MACHINA(エクス・マキナ)」

エクス・マキナ(2015) EX MACHINA(2015) 監督:アレックス・ガーランド 出演:

続きを読む

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

劇場版 ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(1999) 監督:湯山邦彦 出演:松

続きを読む

【絶賛】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』侮るなかれ!瀬々敬久が放つ大傑作!

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017) 監督:瀬々敬久 出演:佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子

続きを読む

【小話】ブンブンの小説オールタイムベスト発表 1位は「1984」

チェ・ブンブンの小説 オールタイムベスト 先日、ゼミのリービ英雄教授と 小説のオールタイムベストの

続きを読む

【ベネチア国際映画祭】「苦い銭(Bitter Money)」オリゾンティ脚本賞受賞ワン・ビン新作ドキュメンタリー

苦い銭(2016) Bitter Money 苦銭 KU QIAN 監督:王兵(ワン・ビン

続きを読む

【解説】「スパイダーマン ホームカミング」ネタバレ地雷原を回避した者だけが得る至福

スパイダーマン ホームカミング(2017) SPIDER-MAN HOMECOMING(2017)

続きを読む

“Ç”シネコンより爆音な映画館知りたい?「百円の恋」

アップリンクすげ〜   アップリンクで、昨年留学につき見逃した 「百円の恋」を観てき

続きを読む

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE) 監督:エドワード・ズウィック 出演:

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「キングコング対ゴジラ(4K)」史上最大の茶番ww

キングコング対ゴジラ4K(1962) 監督:本多猪四郎(本編) 円谷英二(特撮) 出演:高

続きを読む

“Ç”【生誕70周年】実写版マスオさんがイケメン「続・サザエさん」

続・サザエさん(1957) 監督:青柳信雄 出演:江利チエミ、小泉博、 藤原釜足、清川虹子

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑