*

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック

ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだらしい。
「イディオッツ」で魅せた徹底的な挑発。
ヘビメタとクールすぎる映像、文芸的知識のぶち込みでもって描くエロ映画。
ハイクオリティーで有名な日本のエロ映画もこの作品にはひれ伏すであろう。
本当は映画館で観たかったのだが、フランスでは公開終了なためDVDで無修正版を
観たのだが本当にクールだったし、爆笑もした。こんな映画に勝てるであろうか、いやないw
「ニンフォマニアック」予告編

2.殺人者はライフルを持っている!


後に「ラスト・ショー」と「ペーパー・ムーン」で巨匠になるボグダノヴィッチ監督が
ロジャー・コーマンに悪条件の中作らされた条件。
「古城の亡霊」のフィルムを数十分使用、フランケンシュタイン役者を主役にし、
かつ90分で完結するという鬼畜条件を彼はユニークに解決。
落ち目のフランケンシュタインが銃乱射男と戦う話にする。
そして、戦いの舞台をドライヴィングシアターに設定。
そして、素手と銃で戦わせる。意外性とアクション性を保ちつつ、問題を総て解決した
ボグダノヴィッチに感動した。
「殺人者はライフルを持っている!」予告編

3.アンダーグラウンド


中毒になるロマとユーゴスラビアが融合した音楽とダンスに夢中!
ユーゴスラビアの歴史を壮絶なファンタジーにしてしまいましたw
「黒猫・白猫」もそうだが、エミール・クリストリッツァの2作は
どうやって撮影したのと思うほどびっくり箱をひっくり返したような
ぐちゃぐちゃでシュールな世界観がある。その答えはスロバキアに
行って分かった。コレが「東欧」なんだと。
「アンダーグラウンド」予告編

4.ひなぎく


チェコ映画は政府に対する文句を面白く暗号化する傾向にあるがコレは
レベルが高い。ムカつくほどに無礼で自由すぎるガールズの
シュールな肖像画。「不思議の国のアリス」張りの理不尽さは、
ラストの一言で納得。このラストのフレーズは絶対目を背けてはいけないぞ。
チェコ映画はシュヴァンクマイエルだけではないことが分かる作品でした。
「ひなぎく」予告編

5.憎しみ


「ワイルド・ライフ」等フランス人俳優として有名なカソヴィッツは実は映画を
撮ったことがある。しかも、無茶苦茶カッコいいぞ!
郊外のスラム街に住むチンピラが拳銃を手にして嬉々とする生活を
モノクロで描く。ズームイン、アウトのキレに惚れる。
Tシャツあったら多分買っているぞ。
「憎しみ」予告編

6.シルビアのいる街で


学校のフランス語の
先生がオススメした作品。
ストラスブールを舞台に、男がストーカーするだけの
しょうもない話。しかし、徹底したカメラと音響の使い方
で浮遊感溢れる。世界ふれあい
街歩きも衝撃な散歩映画と化した。
ブンブンもこんな動画を撮りたく、
日々邁進中である。
「シルビアのいる街で」予告編

7.クラークス


実はブンブン、人生の指折り洋画に「コーヒー&シガレッツ」を
入れているのだが、まさか同じような体験を再び出来るとは
思ってもいなかった。ある小売店のアルバイトが怠そうに
世間話する作品。「コーヒー&シガレッツ」に比べ、
各小話が伏線になっていて、面白いタイミングで回収されていく。
海外の小売店の人は基本暇になると仲間とおしゃべりを
始める。この緩さ嫌いじゃないぜ。個人的にトイレのおっさんのキャラ好きだな。
「クラークス」予告編

8.ウィークエンド


ゴダールの映画の中で一番好きだ。
真摯な人々が段々ヒッピーになっていく様子を綺麗な色使いで演出。
文字ワーク、渋滞を延々に撮り続ける技、森の中で開催されるドラムだけのライブ。
格好良すぎるぜ!!
「ウィークエンド」予告編

9.アンヴィル!夢を諦めきれない男たち


えっドキュメンタリー?と思うほど、ここまで不遇なツアーを観たことがない。
ライブは全く成功しない。金も友情もボロボロになる。でも、解散せずに夢を追い続ける「アンヴィル」の活動に胸を打たれた。しかも、そんなアンヴィルを見捨てなかった人々の正体を知って
泣けてきた。
今年はあたりドキュメンタリー多いな~
「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」予告編

10.片腕カンフー対空とぶギロチン


「キル・ビル」のオマージュにもなった最悪なヒーローが出てくる映画。
物語のほとんどが、総合格闘技の試合風景という衝撃。エル・トポあまりにも卑怯な敵の倒し方に唖然。
盲目の空とぶギロチン使いのジジイ
もジジイでかなり酷いw
でも、嫌いにはなれない。
むしろ大好きになってく
熱いカンフー映画だ…これっカンフー映画?ちなみに、片腕カンフーは座頭市と戦ったことがあるんだってーw
「片腕カンフー対空とぶギロチン」予告編

関連記事

【ハル・ハートリー特集】『フェイ・グリム』こんな続編誰も予想つかないw

フェイ・グリム(2006) FAY GRIM(2006) 監督:ハル・ハートリー 出演:パ

続きを読む

”Ç”「ウィークエンドはパリで」公開間近!老夫婦の青春をもう一度

今月9/20(土)からシネスイッチ銀座で公開の「ウィークエンドはパリで」 実はチェ・ブンブン、

続きを読む

“Ç”第35回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)発表!

クソ映画の祭典ラジー賞 毎年、アカデミー賞の前日に 行われる昨年のダメダメ映画を決まる ラジー

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

“Ç”ミッション:インポww「MISSION IMPOSSIBLE:ROGUE NATION」

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション MISSION:IMPOSSIBLE-ROGU

続きを読む

“Ç”ウディ!東洋に目覚める?「マジック・イン・ザ・ムーンライト」

「Magic in the Moonlight」 監督:ウディ・アレン 出演:コリン・ファー

続きを読む

“Ç”マッドマックス時代を予言?「落下の王国」13カ所の世界遺産について

落下の王国(2006) THE FALL(2006) 監督:ターセム・シン 出演:リー・ペ

続きを読む

“Ç”死人ゼロだが猛毒・園子温ワールド「ラブ&ピース」

ラブ&ピース 監督:園子温 出演:長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、西田敏行etc 評

続きを読む

ハリウッドセレブがドロドロリン「マップ・トゥ・ザ・スターズ」プラハのミニシアターKINO ATLASにて

監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ジュリアン・ムーア、 ミア・ワシコウスカetc

続きを読む

”Ç”こんな映画観たことない「この空の花 長岡花火物語」

この空の花 長岡花火物語 監督:大林宣彦 出演:松雪泰子、高嶋政宏、猪股南etc 評価

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑