*

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか


日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ大作「この空の花―長岡花火物語-」から2年。まだ、余命があると思った彼は言い残したことをこの作品に託した…「言葉のドッジボール」映画第二弾。
脱原発、戦争反対を無数の過去・現在の人々が言いたい放題言いまくる。
映像も過去と現在、場所を行ったり来たりする。「時をかける少女」をリアルに体験できるビックリ感、2年前の興奮をまた体感させてくれました。
素人がやると総スカンな世界観、大林監督なら許せてしまう。カタルシスすら感じる。
そんな映画に他の作品が勝てる訳もなかった…
「野のなななのか」予告編

2.東京難民


大学生は絶対観るべき作品。親に感謝したくなるぞ。
突如失踪した両親のせいで、授業サボりまくり遊びほうけていた
大学生がネットカフェ難民になりホームレスにまで転落する過程が
もはやホラー以外の何物でもない。借金取りに追われ、
ホストの先輩に虐められ、誰も助けてくれない。
コレを観て、なめた生活を送っているブンブンは親に感謝した。
「東京難民」予告編

3.ジャッジ!


マスコミ業界、広告業界の裏側を爆笑満載で描くラノベみたいな作品。
英語ができないダメ社員が異国でサバイバルする様子に親近感。
ランキングや賞なんて出来レース。まるで○カデミーショウのような実態を実在のCMと織り交ぜて描くので、「お話」ではあるがマジでCMフェスティバルにいる気分が味わえた。トヨタのCM良いね~。そして、サカナクションの使い方素敵である。ブンブンはこの作品を観て、外国人に話を訊いてもらえる必殺技を
開発したぞ。
「ジャッジ!」予告編

4.思い出のマーニー


ジブリ映画の中じゃかなり好きな方。
幻想的なミステリー、「さびしんぼ」みたいな切なさを
短い時間でよく描ききったなーと感動。
さりげなく思春期少女の心の動きの描写が繊細で
まるで「西の魔女が死んだ」みたいな小説を読んでるような作品だ。
「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」よりも外国人にオススメしたくなる作品。
ようやくアンジェでも公開で興奮だw
「思い出のマーニー」予告編

5.白ゆき姫殺人事件


みんな知ったかぶりする。何でも評価する。ゴシップの洪水現代社会を
コミカルに描く作品。二転三転する演出。ヒロインの化けの皮がはがれていく、主人公が破滅する様子はまさに「今」を表している。
これを観てツイッター怖いなと思いつつ始めたブンブンでしたw
「白ゆき姫殺人事件」予告編

6.喰女-クイメ-


「オーディション」のような怖い三池映画が復活。メチャクチャ怖い「東海道四谷怪談」に対する挑戦。
どこからが現実でどこからが四谷怪談。
誰が生きているのか分からない怖さがたまらない。
海老蔵の危険な男の演技はマジで上手いぞ。
「喰女-クイメ-」予告編

7.超高速!参勤交代


おちゃらけ時代劇なんだけれど、タイトルのキャッチーさ、
とんちの斬新さ、何よりも意外すぎるほど真面目で大迫力な殺陣
に期待を良い意味で裏切られたぜ!
特に後半の殺陣シーンは三池崇史の「十三人の刺客」のアレに
匹敵するほど沢山の人物を抜群の編集でクールに仕立て上げていて
爆笑の後の大興奮にお腹いっぱいになりました。
「超高速!参勤交代」予告編

8.私の男


二階堂ふみは今年ブラボーなぐらい妖艶な演技を魅せてくれた。
「日々ロック」の大酒飲みツンデレアイドル役も素敵だったが、
この暑苦しいぐらい危ない女感溢れる演技も素敵だ。
ソ連映画のような景色描写にも注目!
「私の男」予告編

9.TOKYO TRIBE


園子温版「レ・ミゼラブル」は爆笑と暴力が一体化してカオスだ。
竹内力の歌が聴き取り辛かろうが、しょこたんがブルース・リーの
格好して戦おうがどれも様になっていて楽しい。
一番気に入ったのは、染谷将太のラップのキレ!ナレーター役として、物語の進行を助けるポジションなのに、
彼もラップ。観終わった後、「トーキョートライヴ ネバネバトライヴ」と
彼の声が脳内に響きわたった。
「TOKYO TRIBE」予告編

10.るろうに剣心 伝説の最期編


確かに、アニメ版の剣心が志々雄に放つ必殺技のようなスローモーションを実写版に施さなかった為、剣心の技がしょぼく見える。志々雄の計画が浅墓すぎる問題はあるが、そんなの関係ね~! 志々雄扮する藤原竜也が顔包帯ぐるぐる巻きという、俳優にとって強烈なハンディキャップをものとしない存在感。圧倒的強さに惚れる。前半で剣心の修行シーンを入れ、「京都大火編」よりも進化した剣心を魅せることで物語を崩壊させることなく、ラストの戦いを全力で志々雄を応援できる造りにしている。いやー15分で4人にリンチされる中で志々雄が弱みを魅せず頑張る姿に思わず感動!見事10位ランクインを果たした。
「るろうに剣心 伝説の最期編」予告編

関連記事

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

“Ç”夏休み中盤、旅に出たくなる映画5選!「イントゥ・ザ・ワイルド」等

夏休みこそ観たい ロードムービー 夏休みも中盤、皆さんいかが お過ごしでしょうか? 就職

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

TIFF2016鑑賞映画15「クラッシュ」護送車の中から観るエジプト98分(最終回)

クラッシュ(2016) 英題:Clash 原題:Eshtebak 監督:モハメド・ディア

続きを読む

【続編ネタバレなし】「T2 トレインスポッティング」わーい!すごーい!たーのしー!

T2 トレインスポッティング(2017) T2 Trainspotting(2017) 監督

続きを読む

“Ç”UNZA!UNZA!「SUPER8」ロマの音楽でウンザウンザしよーぜ!

SUPER8(2001) 監督:エミール・クストリッツァ 出演:ノー・スモーキング・オーケス

続きを読む

“Ç”サカナクションの音色が!アクションシーンが!「バクマン。」

バクマン。(BAKUMAN。) 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松奈々、山田孝之、 リリ

続きを読む

“Ç”やくざ、三つ星シェフ目指す「二ツ星の料理人」ブラッドリークーパー、病み役多しw

二ツ星の料理人(2015) BURNT(2015) 監督:ジョン・ウェルズ 出演:ブラッドリー・ク

続きを読む

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017) THOR:RAGNAROK(2017) 監督:タ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑